音楽

コネタマお題@CDは買う? ダウンロードする? それとも買わない?

ブログネタ: CDは買う? ダウンロードする? それとも買わない?参加数




 どうしても欲しいものは買いますね。もう今まで通り。
まぁ、オークションを利用したりすることもあるかも
知れませんが(;^^)。あと、レンタル屋さんも利用しますね。


 音楽を聴く時ぐらい、パソコンを使いたくないし、
歌詞カードもあったり、と、今まで通り、現物がある方が
なんか安心します(^^)。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマお題”「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?”

コネタマ参加中: 「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?




 まぁ、”仰げば尊し”は一般ではガチかと思うのですが、
自分の卒業シーンでは、一度も歌ったことがありません;。
いい歌なんですけどねー。


 では、俺らが歌ったのはどんな歌?
今回、一押しとして紹介するのはそれらの2曲の歌と、
もう一曲の3曲になります。




 まず、印象がいまだに強烈なのが、中学卒業の時に
合唱した、

 ”巣立ちの歌” 


 という歌です。このフレーズも詩も、
今だに結構よく、ふっと出てきます(^^)。
 特にフレーズが泣かせてくれます・・・。




 あと、”思い出”としては、もっと強烈だったのが
高校の時の卒業式の締めの校歌斉唱。
 前のコネタマでも書いたように、うちの母校は、
俺の世代は、結構野球が強く、校歌を歌う機会が
比較的あったこともあってか、運動部の部員が中心には
なりますが、みんな、校歌には、わりと愛着があったみたいで、
しかも、高校生活の締め、というテンションもあってか、
中学まででは絶対にありえない程、
活き活きとした校歌斉唱になりました。
ちょっとびっくりしつつも、俺もノリよく歌ったのを
よく覚えています(^-^)。


 あー、あの頃に帰りてぇw。



 
 そして、これは高校卒業の1年前。
2年から3年に進級しよう、というときの
”球春センバツ甲子園”という、春の選抜のダイジェスト番組で
(ちょうど母校もこの選抜に補欠校から繰り上げ出場し、
優勝候補最右翼の広島広陵に勝ってベスト8入りしたという、
忘れがたい大会でした)
その年の行進曲になった、槇原敬之氏の”どんなときも”と
一緒に、ED曲として使われた、


”三月の雪”  (リンク先はyoutubeです)


という曲も、自分的卒業ソングとしては欠かせない名曲になっています。



 ”あたりまえだけど 変わらないから。”

 ”またあの日々が 始まる気がした。”





 ってところが切なさ炸裂でしたねw。

 聴いた後のしんみり感も好きです(^^)。






 何はともあれ、これらは、自分の中ではガチやな、と
思っています♪







| | コメント (0) | トラックバック (0)