« 2017年11月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018 90回選抜高校野球大会の組み合わせと個人的展望

 今年の春の選抜は23日に開幕。今回は記念大会で、36校が出場します。
先日、組み合わせが決まったので、その組み合わせに沿って、
個人的に楽しみな点などを書いてみたいと思います。
 基本的に日程順ですが、4つのブロックに分けることを優先して、
書いていきます。上下で隣り合った組み合わせの勝者同士が
この後も順々に試合をしていきます。

<1日目-1回戦>
東筑(福岡)ー聖光学院(福島)
<5日目-2回戦>
上記の試合の勝者ー東海大相模(神奈川)
<2日目-2回戦>
静岡(静岡)ー駒大苫小牧(北海道)
日本航空石川(石川)ー膳所(ぜぜ・滋賀)
<3日目-2回戦>
明徳義塾(高知)ー中央学院(千葉)


<1日目-1回戦>
英明(香川)ー国学院栃木(栃木)
<5日目-2回戦>
上記の試合の勝者ー延岡学園(宮崎)
<3日目-2回戦>
智弁和歌山(和歌山)ー富山商業(富山)
智弁学園(奈良)ー日大山形(山形)
<4日目-2回戦>
下関国際(山口)ー創成館(長崎)


<1日目-1回戦>
明秀日立(茨城)ー瀬戸内(広島)
<5日目-2回戦>
上記の試合の勝者ー高知(高知)
<4日目-2回戦>
大阪桐蔭(大阪)ー伊万里(佐賀)
花巻東(岩手)ー東邦(愛知)
<6日目-2回戦>
彦根東(滋賀)ー慶応(神奈川)


<2日目-1回戦>
由利工業(秋田)ー日大三(東京)
<7日目-2回戦>
上記の試合の勝者ー三重(三重)
<6日目-2回戦>
乙訓(おとくに・京都)ーおかやま山陽(岡山)
松山聖陵(愛媛)ー近江(滋賀)
<7日目-2回戦>
星稜(石川)ー富島(宮崎)



 1つ目のブロックでは、地区大会優勝校が実に6校集まるという
プチ明治神宮大会状態になり、さらに実力者である東海大相模も
入って、一番の激戦区になりました。まぁまぁ地区大会優勝校が
集まることはありますが、6校はすごいw。
 レベルとしても、準々決勝の組み合わせがなかなか読みにくく、
一番楽しみになるブロックだと思います。

 明徳と中央学院、静岡と駒苫、という優勝校同士の試合が
やはり面白そうかと思いますが、聖光が初戦を勝つと実現される、
東海大相模との組み合わせも、今年の聖光なら、一層楽しみです。

 東筑と21枠の膳所の健闘にも期待。

 2つ目のブロックでは、投手のいい英明と智弁和歌山、
明治神宮大会では大阪桐蔭に勝った創成館が軸になりそう。

 中でも、智弁和歌山と創成館が勝ち上がって当たったら、
好カードになりそうです。

 3つ目は前年優勝の大阪桐蔭が登場。
注目の新星・明秀日立も戦力が充実し、対抗馬になりえますが、
大阪桐蔭と当たるとなると、明秀日立の監督さんが、
元、光星学院の監督だった金沢監督、ということもあり、
大阪桐蔭と光星の3大会連続決勝戦を思い出し、
(3大会連続決勝の時の監督さんではないのですが)
ちょっとした因縁の対決という面でも楽しみです。

 明秀日立は、その前に、中国大会で1試合4ホームランを達成した
門叶(とがの)選手を軸に打線が好調な難敵・瀬戸内との試合を
どう戦うか、というところも楽しみな点です。

 彦根東と慶応は学校的に知性派対決ですが、チームの実力も
近そうで、好ゲームになりそうです。

 また、前評判の高い東邦の戦いぶりにも注目。

 4つ目は21世紀枠の由利工業ー日大三高と
星稜ー富島に好ゲームを期待したいです。

 由利工業はピッチャーも良く、まとまったいいチーム
なので、日大三相手でも十分に戦えると思っています。

 富島については、自分の印象ですが、宮崎の初出場や久々出場は
侮れない、という印象が強いので、星稜相手でもいい試合に
なりそうに思えます。

 地味ながら、ベテラン巧者に囲まれた、
新星・乙訓の戦いぶりも楽しみ。
おかやま山陽戦で伸び伸び戦えたら、
一気に上位をうかがうこともできると思います。 



 
 総合的に見て、隙をみつけにくい明徳が優勝候補だと思います。
激戦ブロックをしっかり勝ちきることができたら、さらに強くなりそう。
 大阪桐蔭、東海大相模、智弁和歌山、創成館あたりが
次点で強そうに思います。
 また、力強い攻撃力をそなえた聖光や日本航空石川、乙訓あたりも
強そうに感じられ、戦いぶりに注目したいです。

 あと一週間足らず。どんな記念大会になるのか、
今年も楽しみに見ていきたいです。

 選考については、関東で健大高崎が一歩引いた選考になったことに
少しびっくりしたこと以外は順当だった、いい選考だったと思います。
結果的に国学院栃木が選ばれたので、自分の感情的にも嬉しかったしw。
 特に滋賀3校は、今まで見てきた歴代屈指の選考だと思いました。
こんなロマンな事態が見られて、本当、嬉しいです( ´∀`)。

 
 ついにゼロになった兵庫勢。
この事態に県の高野連は若い指導者を率いて、
松山商業や高松商業に視察に行ったらしいですが
どんなもんなんでしょうw。

 しまいには、山形の佐竹さんのようにスポーツアイバイザー
の人に来てもらわないといけなくなるのでしょうか;。
 秀岳館を退いた鍛冶舎さんがどっかのチームに来たらどうなるかなー、
と思っていたら、同氏の母校の県岐商の監督さんに
なられたので、無理ですしね。

 最近は攻撃力が目立つ傾向の高校野球。守備には定評が
ある兵庫県勢ですが、そろそろ、攻撃力にも、もう一磨き、必要
なのかもしれません。
 

| | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年4月 »