« プリパラ近況@16.8.4 | トップページ | 2016 98回選手権は作新学院優勝 »

2016年 第98回高校野球選手権開幕

 今日から今年の夏の甲子園、98回選手権が開幕します。

 一試合目の組み合わせだけ決まっていて、
後はある程度のグループのチームの中で抽選されていきます。

 とりあえず、今の時点で決まってる範囲で自分の楽しみなところなどを
かいてみたいと思います。


1日目
<1回戦>
佐久長聖(長野)ー鳴門(徳島)
出雲(島根)ー智弁学園(奈良)
九州国際大付(福岡)ー盛岡大付(岩手)

※2回戦組み合わせは、1日目勝者と創志学園で抽選。

2日目
いなべ総合(三重)ー鶴岡東(山形)
中京(岐阜)ー大分(大分)
高川学園(山口)ー履正社(りせいしゃ・大阪)
東邦(愛知)ー北陸(福井)

3日目
市尼崎(兵庫)ー八戸学院光星(青森)
山梨学院(山梨)ー長崎商(長崎)
東北(宮城)ー横浜(神奈川)
近江(滋賀)ー常総学院(茨城)

※2回戦組み合わせは、2,3日目の勝者で抽選。

4日目
広島新庄(広島)ー関東一(東東京)
京都翔英(京都)ー樟南(鹿児島)
星稜(石川)ー市和歌山(和歌山)
花咲徳栄(はなさきとくはる・埼玉)ー大曲工(おおまがりこうぎょう・秋田)

5日目
日南学園(宮崎)ー八王子学園八王子(西東京)
中越(新潟)ー富山第一(富山)

※2回戦組み合わせは4日目と5日目の一回戦試合の勝者で抽選。

<2回戦>
嘉手納(かでな・沖縄)ー前橋育英(群馬)

6日目
聖光学院(福島)ークラーク国際(北北海道)
松山聖陵(愛媛)ー北海(南北海道)
尽誠学園(香川)ー作新学院(栃木)
秀岳館(熊本)ー常葉菊川(とこはきくがわ・静岡)

7日目
木更津総合(千葉)ー唐津商(佐賀)
明徳義塾(高知)ー境(鳥取)
創志学園(岡山)ー

※3回戦組み合わせは、2回戦試合の勝者で抽選。

 春の選抜優勝で、今大会も軸となりうる智弁学園が夏も開幕日に登場。
島根県内で今年、安定した成績を残し、21世紀枠の地区候補まで
選ばれた出雲との試合。出雲はしっかりとした野球ができると思うので、
相手が智弁といえど、楽しみな試合です。個人的に21枠候補が自力で
夏に出場してくる、というような学校は、とても好感が持てて、応援したくなります。
 2回戦抽選ブロックとしても、昨秋北信越のベスト4の佐久や
好投手を擁して選抜も出場の創志学園、実力校の九国大などがいて、
があり、おもしろいブロックになると思います。


 他の初戦では、鶴岡東と選抜も出場のいなべ総合、
中京ー大分、選抜も出場の東邦ー北陸、
東北ー横浜、選抜も出場の秀岳館ー常葉菊川、といったあたりが
特に楽しみです。


 抽選ブロック別に見ていくと、1つめは先に書いたとおりで、
2つめは、東北ー横浜の勝者、東邦、履正社、常総、いなべ総合
あたりがいて、3つめは、やや花咲徳栄リードでしょうか。
 4つ目の3回戦ブロックは、選抜出場組の秀岳館、木更津総合、
それに、前橋育英に、選抜準優勝の高松商業に勝って出場の尽誠と
作新の勝者、といったあたりが軸になりそうですし、優勝争いも、ここに挙げた
チームで展開されそうに思います。


 チームでみると、先に書いた出雲の他、
後一歩からようやく出場してきた八王子、松山聖陵、市立尼崎、
長崎商業、夏の初陣の大曲工業といったあたりや、
渡辺監督が引退してから初の甲子園になる横浜、
前回出場時に個人的に好印象のあった北陸、富山第一、
それぞれ時期は違えど、前回出場時の借りを返したい
常総、北海、嘉手納あたりも個人的に楽しみです。


 わが兵庫県の代表は市尼こと市立尼崎。明商を決勝でしぶとく下し、
33年ぶりの夏出場となりました。我が母校とかぶるなぁ・・・。
 苦労してきました。
秋季大会では、のちに全国制覇することになる育英に競り勝ち、
近畿大会で一勝も、八幡商業にコールド負けで、惜しくも苦渋を飲んだり、
夏の準決勝で、国際相手に終盤5点リードから壮絶大逆転負け、というのも
以前あったと思います。それだけに、甲子園を味わい、楽しんできて欲しいと
思います。
 明商のほかにも、報徳も下し、今年の兵庫の主役二校を直接倒してきた
その実力は、十分、全国でも楽しみな存在になれるものがある、と
思っています。プロ出身で、市尼を長く指導してきた竹本監督の采配も楽しみ。


 他、今夏の兵庫大会では、三原ー三木がすごい試合になったのが
インパクト強いですw。2-2の延長10回、先攻の三原が14点を挙げ、
終わってみれば16-2というすさまじいテーブルスコアでした。


 我が母校の育英は、1枚目の壁の神戸科技には、追い詰められながらも
なんとか勝てましたが、2枚目の滝二の前に散りました。残念ではありますが、
今年は、秋に報徳に惜敗のベスト8、春はベスト3、と、近年中でも、
大きい期待をさせてくれたチームでした。よくがんばりました。
新チームはどんなチームになるでしょうか。


 育英を下した今夏の滝二も、友井投手が不調で
投げられないながらも、それで全員でなんとかしようという姿勢が
結果に現れていて、よくがんばったなぁ、と思いました。


 予選について、他の県も含めたら、佐賀龍谷の大会期間中、
しかも準決勝まで勝ち上がってのたばこ発覚は
”できごと”として残念でした。


 49代表の甲子園、今年はどうなるでしょうか。
楽しみにみていきたいと思います。

|

« プリパラ近況@16.8.4 | トップページ | 2016 98回選手権は作新学院優勝 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/66880781

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年 第98回高校野球選手権開幕:

« プリパラ近況@16.8.4 | トップページ | 2016 98回選手権は作新学院優勝 »