« プリパラ近況@16.4.3 | トップページ | 熊本を中心とした九州の震災 »

2016選抜感想

 書いたつもりが書いてなかったorz。

 先週、今年の選抜高校野球大会が、奈良の智弁学園の初優勝で
幕を閉じました。

 ベスト4までは来た事があるのですが、決勝の舞台は
初めて、そして一気に春の日本一に駆け上がりました。
 正直、ここまでやるとは思わなかったです。村上投手の
評判は昨秋の近畿大会前から高かったのですが、
近畿大会の成績がイマイチ印象に残らず、完全にノーマークでした;。
 そういう立場の見方をしていたので、いい意味で裏切られて
すがすがしいです。
 なにせ、”野球”が上手いな、と思いました。
それに評判どおりの村上投手の好投も順調で、
派手ではなくても、まとまりがあるなぁ、と思いました。
 10安打打たれながらも完封したり、打線が活発だったり、
粘り勝ちの連戦もあり、いろんな試合を乗り越えた優勝でした。
 初優勝、おめでたいことです!

 準優勝は、秋の日本一の高松商業。この実績はフロックじゃない
ことを証明してくれました。
 打線はむしろ智弁よりも印象が強いぐらい力強く、
こちらも好投手の浦投手が好投し、よくまとまったチームでした。
 準優勝、おめでたいことです!

 秀岳館は打線が評判どおりの強力打線で、
かといって、大味にならず、木更津総合戦の土俵際な
最終回のようにじっくりと見ていくこともできる、
総合的に優秀でした。
 さらに、投手陣も豊富で、内野もこなす堀江投手を
中心に、良い投手が複数活躍する、という、
夏にも頼もしい結果をだしたと思います。
 ここも粘りあり、快打ありと、いろんな局面を
勝ち上がってきた好チームでした。
 あと、鍛冶舎監督のインタビューは、久しぶりに
試合の解説を聞いてるみたいで、なんか懐かしかったですw。

 平安も安定して強いですね。おととし、優勝したときに
雰囲気が似てるような気がしました。
 いや、そのチームよりも粘り強さも感じました。
甲子園100勝目を夏に取りに行くことは十分できそうな気がします。

 明商が初出場でベスト8入り。東邦を倒したのはド肝を抜かれました。
吉高投手のガッツある投球にバックも良く守り、
打つほうも派手さは無いですが、少ないチャンスをしっかり
とっていってました。
 夏は二枚目の投手ができたら、連続出場も十分見えてくると
思います。・・・兵庫県のチームとしては高い壁ですね;。

 長崎海星が初勝利からベスト8進出。春初勝利は意外でしたわ;。
強力打線が持ち味でしたが、甲子園では、守りの良さが
よく現れました。敦賀気比を下したのもすごかったです。

 木更津総合も早川投手も良かったし、
総合的によかった感じがあります。

 滋賀学園は予想通りの強さは感じましたが、
荒削りな感じも出ました。伸びしろを感じます。

 東邦は、初戦こそ貫禄勝ちでしたが、
明商の粘りに屈しました。
 それでもまだまだ夏が楽しみです。


 あとは、21枠対決で実力は上に見られていた小豆島を
手堅く下した、岩間投手が好投手だった釜石、
 2回戦で18被安打16失点でも、相手に最後まで立ち向かった
重冨投手の立派さが印象的だった南陽工業
 そして、海星相手に好ゲームをした長田
といったあたりが、特に好印象に残ったチームでした。

 今大会は、良い試合がたくさんあり、出場校も強い個性を
発揮した、面白い大会だったと思いました( ´∀`)。

 
 あと、今大会で初めて出来た、ネット裏の”ドリームシート”。
俺は比較的、去年夏までのネット裏もおもしろがってみていた
方なのですが、それと比べて、とても洗練された(?)感じに
好感が持てて、よかったな、と思いました。
 みんながじーっとしてるチームの時は、”もうちょい動いても;^^”
と思ったりもしましたが、スコアブックをつけてたり、
気になった場面があったのか、前に”かぶりつき”みたいな
感じで夢中になって見てた子がいたりして、
これは、やって正解だったのではないかな、とも思いました( ´∀`)。


|

« プリパラ近況@16.4.3 | トップページ | 熊本を中心とした九州の震災 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/64910039

この記事へのトラックバック一覧です: 2016選抜感想:

« プリパラ近況@16.4.3 | トップページ | 熊本を中心とした九州の震災 »