« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

ポケモン近況@16.2.29

★すべてのポケモントレーナーたちへ
 メモリアル動画かな?と思って見てみたら・・・。
いろいろ含めて、むっちゃ好きです( ´∀`)。
 今年で20周年かぁ・・・。


★ポケモンスクラップ、3月1日から登録開始
 ポケモンパンなどについてくるポケモンスクラップ2016が
3月1日より、特設HPにて登録受付開始。
 AとBの2コースがあるのは、サンダーファイヤーフリーザーと
色違いイーブイにわける為でしょうか。



★ポケセン京都開店と色違いホウオウ配信
 3月16日にポケモンセンターが京都で開店。
その記念にポケモンセンターにて、ルビーサファイアリメイク
(XYには無し)に色違いのホウオウを配信するようです。
 さすが”スズのとう”のモデルですね( ´∀`)。
3月16日から4月24日までです。
 
 また、3月16日には、お店先着者に記念のポストカードが
プレゼント、4000円以上お買い上げで木製の絵馬型の
ものがもらえるようです。
 

超特大のカビゴンクッション
 高さ1.5m、奥行き60cmのどでかい、
”絶対に起きられないカビゴンクッション”が
発売されることになって、現在予約受付中です。
 意外とメーカーはバンダイなんですね。
 こういう品は、ファンとしては、ずっと求められてたもののひとつ
だと思うのですが、大きさと、価格が52000円、という”壁”に
立ち向かえるか?!がポイントですね。



今夏の映画
 今夏の映画は”ボルケニオンと機巧のマギアナ”。
XYが発売して間もなく暴かれたwボルケニオンが解禁して
さらにシークレットなマギアナ、というポケモンが新登場、
(俺が知らんだけで知ってる人は知ってたかもしれませんが;)
という、ケルディオ&メロエッタ以来のダブル幻ポケモンになるようです。
 マギアナは、なんかこう、ギアル系の進化っぽく見えなくも無いの
ですが、マリオネットっぽいのがすごく良いです( ´∀`)。


★ポケモンジェットになっていた飛行機が引退。(リンク先はツイッター)
 ポケモンが大いに沸いた金銀の世代ぐらいに、
飛行機にポケモンキャラをペイントした”ポケモンジェット”が
登場しました。
 その役割を担った飛行機が、合計24年飛び続け、
先日、引退した、ということです。
 そういう趣味に縁のあった飛行機の引退は、
さびしいっちゃあさびしいですが、最後まで無事に
飛び続けられたことは、とても喜ばしいことだと思います。
 おつかれさんでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイカツの新シリーズ”アイカツスターズ!”発表

 先日27日にプロジェクト発表の動画が配信され、
一通りの一番最初の情報が出た、という感じの
アイカツの新シリーズの”アイカツスターズ!”。
特典いっぱいのマイルームの先行登録も始まっています。


 アイカツスターズのアニメが4月から、ゲームは5月から、
劇場版も8月にさっそく上映予定で、良い感じのスタートを
切れるのではないでしょうか。


 ゲームの方は、前から予想はされていた印刷式ですね。
しかも、回数を重ねることで、レア度があがったりすることも
あるようです。

 今までのアイカツ(以下、”旧シリーズ”)のカードもちゃんと
使えるのは嬉しいですね( ´∀`)。
 カード裏面のQRコードを読み込ませて使います。


 カードの感じといい、カードを育てて強くすることといい、
”妖怪ウォッチ・ともだちウキウキペディア”のシステムが
ベースになってるような気がします。
 それなら、使うカードの合成でなにかができたり、
合成ができるものなら、旧シリーズのカードを混ぜると
できるカード、なんてのも可能性が考えられます。
・・・まぁ、”合成”ってシステムがあれば、ですけどね;。


 画面は縦長、ってのも新しいところ。横画面で
広く舞台を表現していたこのゲームですが、
新しくなって、どうなるのかも楽しみです。
 タッチパネルもつきました。見た感じ、妖怪ウォッチの
レバーみたいな役割かと思われますが、これの使い方も楽しみです。


 スナップ写真が撮れたり、プレイ動画が公式HPの
マイルームに保存されたりする機能も追加。
 前者はアイカツフォンかなんかであった機能ですが、
筐体でプレイすればできるようになったのは結構いい感じですし、
カードをブロマイドっぽくできる、ってのは、プリパラのマイキャラが
各種デザインで印刷される、という魅力的な点がアイカツで
進化したものでできる、ということかな、と思いました。
 後者は、なんちゃって動画勢wの俺としては、
嬉しい機能だと思っています( ´∀`)。


 キャラのモデリングはあまり変わらず、
音楽は、ドレスを着るシーンだけですが、
なんかプリキュアっぽくなったような気がしますw。


 新キャラクター達について。主人公の虹野ゆめという
キャラクターは、なんか”ひみつのここたま”のこころを連想するキャラで、
個人的にとても好みw。同期のクール担当のローラも、
見た目より可愛い声なのですが、楽しみです。
また、同期といえば、メガネの娘も良いですね。

Cocolog160229aikatsu1 Cocolog160229aikatsu2 Cocolog160229aikatsu3
 それと、旧シリーズのアイカツジャパンツアーの関東ハワイの
最後のステージで凛とまどかのステージが”受け継がれていく”
感じだったので、次世代勢のゆめ達と彼女らのストーリーなんてのも
出てくるやも知れません。


 先輩、というか、目標キャラになるであろう”S4”の4人も、
それぞれのタイプに忠実に、個性豊かなキャラ達ですね。
 キュート担当に津田美波さんがなる、ってのは、びっくりしました。
で、残り3人は、クール担当に諸星さん、ポップ担当に田所さん、
セクシー担当に大橋さんという、まぁ”レジェンド枠”みたいな感じですが、
再び登場してくれるのは嬉しいです。
欲を言えば、ポップの人とセクシーの人の声優さんが逆ならよかったなぁ。
そして、あのキャラの諸星さんがすんげぇ楽しみです。
 ・・・キャラというか声優さんの話になってしまいましたorz。


 あと、男の子グループの”M4”の存在。これはどうなんでしょうか。
男キャラ作れるフラグとか・・・?マイキャラ男女作らせて
バンナムウハウハとか・・・?
 ・・・まぁ、あくまでライバルキャラやゲストキャラで終わりそうな
気がしますが、それでも斬新で楽しみです。


 パッと見た感じ、アニメについては、個人的に、今より面白くなりそうな
気がしました。


 正直、今、プリパラがむっちゃおもろいので、アイカツの次世代は
どうなるかな、と思ってたりもしましたが、新発表で、モチベーションは
普通に保てそうな気がしました。
 ただ、俺のプリパラにおける最大のモチベになってるトモチケ
みたいなシステムが無いのがちょっと残念です。



 アニメの放送、ゲームの稼動を楽しみにしたいと思います。
・・・って、ゲームが新しくなるので、今シリーズのカードが揃ってない場合は、
新しくカード補充をするところが少なくなりそうなので、今のうちにいっぱい
やっといたほうがいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリパラ近況@16.2.16

 アニメで退場したと思ったあじみが大活躍で
結構嬉しいです( ´∀`)。先週の電話のところクッソワロタw。


 さて、週末から2015-6シリーズの後半が稼動開始。
ガァルルのなかよしライブとコーデの解禁が
主な内容です。
 しかし、解禁したばかりだというのに、その次の日のアニメで
ガァルル退場・・・いくらなんでもひどくないかい;。


 あと、ドリームシアターのエアリーチェンジのところで、
七色に光る”ファイナルエアリー”が新登場。ひびきでプレイすると
”プラチナエアリー”になり、これを取ることができたら5000点という
ビッグボーナスになります。スコアタに関して、
スコアの幅が広がりますが、同時にこれを取るのがハイスコアに必須、
ということにもなり、スコアタする時はさらに大変ですorz。
 がんばれば複数の個数が出るのが、救いでしょうか。
視認性の実感としては、やはり、虹色で大きく見えるファイナルのほうが
見やすいです。プラチナの方は、特に隣が普通の羽なんかのときは
キツすぎに思いました;。ホワプリでスコアタの時はひびきを
プレイヤーキャラにしたくなりますが、ちょっと厳しいですね;。
  自分としては、まずファイナルエアリーを取れるところから
はじめたいですw。
 アニメでは多分、最終決戦でひびきがプラチナエアリーをだして圧倒してから
らぁら達が”火事場のバカ力”でファイナルエアリーを出して大逆転・・・
なんてことをするんかな、なんて思います。


 ドリームシアター4回でスプリングドリームアイドルグランプリに
チャレンジ可能。クリアするとコーデと新曲”アラウンドザプリパランド”
が解禁になります。


 排出関係では、その他は、今週末(金曜日から)からのマクドのプロモの
足が出てくるのと、バレンタインハートコーデの色違い二色、という
あたりが新しいところでしょうか。この辺は、マイキャラ二人に着せたいので、
コーデチケで欲しいです。


 バレンタインハートといえば、このコーデ、むちゃくちゃいいですねー。
いっぺん使ってみたら、パッと見のデザインもさることながら、
後ろの凝り具合がすばらしく、どハマりしました(゚∀゚)!パッと見、
腕の茶色が模様だと思ってたんですが、じつはミニリュックだったという
のにびっくりしましたし最強です。まさに”かわいい”の塊ですねw。
スゥイーティシュガーを上回るかわいいコーデが出るとは・・・。
 でも、このコーデがいいのは暖色(赤、茶系の色)ですね。
ミュージカル特典の青い(紫っぽい?)のや、
排出コーデのミント系、ってのはなんかちょっと落ちるなあ、と
感じました。まぁ、意外と”スルメ”になるかも知れませんけどね。


 あと、曲では、ガァルル版0-weekoldとそふぃとあろまの
バレンタインホワイトデーソングが追加。
 アニメで聞いても思ったことですが、ガァルル0-weekの出だしの
声を聞いて、オペラ調のかっこいい仕上がりなんてのも
ありやな、と思いました。真田さんの歌い方が良かった産物です。



 イベント関係としては、18日にプリパスSDカードフォローの
コーデセットが出るのと、CMをやってるアドアーズのイベント・・・
これは、アマゾンでもセット販売してる模様なので、
地方民でも助かるところですね。


 また、先に書いたように、マクドでも金曜日から
ハッピーセットでプロモチケットがもらえて、
土日はクリアファイル付きです。
 クリアファイルには、ゲームでマイチケを読み込むのと
同じようにつかえるフルコーデのQR付きです。
↓この下の空いてる所をドラッグするとぉ・・・w?
コーデはドリームトゥインクルリボンサイリウム。
アニメでらぁらがよく着てるやつです。


 上記のコーデチケとともに、このコーデもオークション待ちです。
おこぼれよろしく♪。


Cocolog160220puriparadrink1   Cocolog160220puriparadrink2
 サントリーの飲みものにキャラクターのシールが付いてくる
キャンペーンが始まり、一部のお店では、4本買うと、
ポーチとプロモチケットがもらえます。全部で3種です。
だいたい、対象の飲み物売り場の近くで、プロモチケット付きの
ポーチも置いてます。
 俺はスーパーの”ライフ(神戸・春日野道店)”で買いました。


 そして!今月末あたりから、一部のお店でまた大会が
開かれるのですが、今回はなんと、
ミステリーパラダイスコーデが景品という(;゚Д゚)!
 先着50名にシューズなどのプロモチケットがもらえて、
大会出場10~20名に、ドレス部分がもらえる、という、
いつもながら狭き門な設定です。
 今回は特に、ミステリーレアの配布、ということで、
いつも以上にひどいことになりそうな気がします・・・。
まさに”阿鼻叫喚”な気配がします;。

 開催場所が少ない、参加可能人数が少ない
・・・ええかげん、なんとかなりませんかねぇ('A`)。
 俺も、地元と日本橋、と、当たらなければ最大2回ぐらい
行ってみようと思っていますが、半ば諦めていますorz。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもしろいことをしてくれるww

 今日はバレンタインとか言う目障りな人工的なイベントの
日だったのですが、ケーブルテレビ局のひとつの
”チャンネル銀河”で、4連続”不倫サスペンス”がテーマの
ドラマをやってて大いにワロタwww。
 この日にこの番組編成を考えた方々に大きな賛辞を送りたいww。
スタンディングオベーションものですww。

 このチャンネルは家族と一緒によく見る方なのですが、
それとは別に、なんか鬱憤のようなものを晴らせたような
気分でした( ´∀`)♪


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナミ音ゲー近況@16.2.4

 ポップンとリフレクの新作に先日、やっと触れてきましたので
それ中心に。


<ポップン>

 初回プレイに、選曲時間が長かったり、いくつかの曲が解禁されたり、
3曲にもう1曲遊べたり、と、優遇されました( ´∀`)。
 なんかキャンペーン中なんですねー。いいときに始めましたw。

 選曲・キャラ選択などがより親切になった感じですね。
その分、よく使うようになった緑ボタンの扱いに慣れるのも大事そうです。

 選曲で、オススメ曲を出してくれる、というのをやってみたのですが、
その時に、質問がいくつかありまして、その中で、
”歌い手好き?””東方好き?””アニメ好き?”という質問が
あったのはおおっ、と思いました。
 これを進化させて、ソート機能やジャンル分けをもっと
充実させてくれたらええな、とも思いました。
 今は昔みたいに、おおらかに曲を選ぶことができなくなったんで(;^^)。
曲、というよりも、”作曲者属性”でのソートが欲しい、
というのが最高の望みなのですが;。まぁむりでしょうけどね。

 こうした親切設定はよかったのですが、ここまでやったら、
隠し解禁の”スターファクトリー”で、”ルミナを使ってアイテムをもらおう!”
っていうようなところまでやって欲しかったです。あれ分かりにくい;。


 個人的好みの新曲としては、今シリーズのテーマ曲(?)で
Mr.T氏曲があること、ギタドラのwac氏曲の”On top of the world”が
来たこと(キャラがMr.KKであることもすばらしい)、
”オトカドール”からメインキャラのあいと曲が来たこと、
というあたりが、パッと思いつく範囲で印象に残った所です。

 あいのキャラクター自体、かわいい系のキャラクターなのですが、
ポップンキャラと並んだら、AFROとかのキャラと同じようにゴツく見えて
おもしろいですww。ただ、オトカドールの曲もEX譜面は”スターファクトリー”で
解禁しないといけないですね。・・・よく考えたら、版権曲じゃなくて、
コナミゲー曲ですしw。
 あー、セイナも来て欲しいですねー。
”ひなビタ”曲ではいろんなキャラが来てるので、こちらも期待はできます。
ルシ子あたりが来たらもっと受けがよさそう?


 腕前は、前(多分夏のイベント以来;)やったときにガン下がりしてるのは
わかってたのですが、それでも、なんとかクリアできてたuen(H)で
ゲージが地を這っているぐらいになってしまい、ショックでしたorz。
 だから、まぁ、それならそれなりにプレイできるように、
もっと数多くプレイしたいですね;。技術回復や向上は諦めてますが
プレイ自体はしたいんですよ。



<リフレク>

 システム音も”ヴォルツァ”してて(?)良い感じ。リフレクは毎作、
シリーズのテーマとシステム曲が分かりやすく合ってますね。
 ただ、パステルくんがぬるぬるっと動くようになったのが
なんか違和感です;。いつもどおり、ポップに動いて欲しい。

 前のイベント曲がポイントで解禁できるコーナーのリストに
入ってるのはよかったです。プレイしてポイントは貯めないといけませんが;。
改めて解禁してみると、このゲームでVとV2やHELL SCAPER、eraあたりが
できるようになるのにびっくりですw。

 目だって変わった点は、レベル”10+”が潔く”11”になったのと、
マッチング待ちに、リフレク本編とまた違ったボールをはじき返す
ミニゲームが遊べるようになったのと、
譜面の種類に、矢印のある長押し譜面が加わったことでしょうか。
 後者の譜面が楽しくていっぺんに好きになりました( ´∀`)。
他の後発ゲームの影響なんでしょうが、リフレクのこれが一番好きです。

 ただ、曲探しの面倒さは、多少便利になったような感じもしますが、
やはりあります;。



<ギタドラ>

 また削除曲。しかも大量(´・ω・`)。
2月12日(金)9:59までプレイ可能らしいですが、
大多数では、2月11日(木曜日)までになりそうですね。


 削除されるのは以下の曲。

「a:FANTASIA」
「CROSSOVER」
「Discommunication」
「DOKI DOKI」
「Escape」
「Fast Forward」
「GO-ON」
「HOLDING ON」
「IN MY WORLD」
「Luvly, Merry-Go-Round」
「MARTIAL ARTS」
「NOVA ERA」
「ROLLING1000tOON」
「the WORLD」
「Trickster」
「V.I.P」
「愛のしるし」
「浮舟」
「贈る言葉」
「キセキ」
「気まぐれロマンティック」
「偶然という名の必然」
「フレンズ」
「ロマンス」



 個人的には、
久しぶりのプレイや気分転換にやってた→愛のしるし、キセキ、浮舟、
ドラム譜面左側の練習曲にしていた→Fast Forward
普通に好きで、プレイ感も大好きな→Discommunication、贈る言葉
あたりが非常に厳しいですorz。



 2月3日から、10日からそれぞれスタートでバレンタインイベント。
ひまわりパンチ姉妹のハートゲージをMAXにすると
限定ステッカーがもらえて、両方ともMAXにすると、
古川もとあき氏&トーマス氏の
True Love and Valentinesが復活解禁されます。
 消える曲あれば戻る曲あり、ですね。こんだけ消すなら、
この曲と一緒にBRAND NEW LADYあたりもくれたらいいのに・・・。

 昨年からやってる”ROCK WAVE”は、去年中で終わったと思って、
今年の元日にやって以来、月末に久々にやったら、また新しいのを
やってて;、ついに追いつけなくなったので、そろそろ放置になりそうです;。
 まぁ、新作でやるからええかw。



<IIDX>

 ついに十段と皆伝の間の段位”中伝”が新しく追加されました。
上級者の間では、長いこと待望されてたようなので、やっとこさですね。

 あと、条件を満たすとエクストラステージに専用曲が出る
”Season Line”なるイベントもやってる模様です。

 以前なら狙いにいってたのですが、
俺の最近の腕前では、AAクラスが結構厳しいので、
諦めざるを得ないかもしれません。
何よりパセリがいりますし;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイカツ近況@16.2.4

 ゲームオーバーの曲って落ち着いて好きです( ´∀`)。
個人的に、一番、”アイカツ”をプレイしてる~した、
って感じがする曲です。

Cocolog160121aikatsu20163
 さて、2016の3弾が絶賛稼動中。
なんかタイトル画面が豪華ですし、
何気に排出カードがレア以上のみ。
内容もいろいろあって、パンパンな気がします。

 最近、”アイカツが終わる”などという噂を目にしますが、
ソースが分からないんで、アイカツの現状を俺は
よく分かってません。
 それだけにこの豪華さが不安になってきたりもします;。
まだまだいけると思います。がんばれアイカツ!


 筐体についてるポップは前の弾と同じ。それと同じく、
初音ミクステージも続行です。

 ストーリーも関西お笑いのストーリーなど、
続いてあるストーリーもありますね。関西お笑いのストーリーは、
ほんま、おもしろくて良かったです( ´∀`)。


 ストーリーといえば、前シリーズから続くバレンタインのイベントと、
今シリーズからはじまる、スターライトクイーンカップが目玉に
なりましょうか。

 スターライトクイーンカップは、独自の点数計算で240000ポイントだと
思っていましたが、普通に点数のようで、これ自体をクリアするのは
結構早いものみたいです。

 その後に歴代スターライトクイーンの3人と対戦、という流れに
なるようです。初代スターライトクイーンは全然違う意味で
燃えたし、強烈な戦いだったのですが、やっぱ、プレイヤーみんなが
楽しめるようにするためには、こういう方が良いと思います。
 スコアのランキングもやりたい人はきっちりシステムが
残ってるわけですしね。
 これの点数集計のところで、アニメでよく出る
ワイドショーかなんかの番組の司会の男の人の立ち絵が
出るのも、良い感じです。


 あとは、アイカツジャパンツアーをこなして、全部のフォトを集め、
全キャラ解禁を目指す、という感じですね。今シリーズはジョニーの
新ストーリーもあるようなので、それも楽しみです。
 マスカレードとジャージのソレイユのスペシャルステージもあり。
それぞれ4人、6人のステージになり、テンションが上がります♪


 そんな感じで、やることいっぱいで普通のゲームの
機会がなかなかきついです(;^^)。
 そんな中でも毎回、一回はドラマ→怪盗スワロウテイル
(曲がスリリングドリーム)は必ずやってますけどね。
 このステージが今回のスターライトクイーンカップに
使われてたのは良かったです( ´∀`)。



 これまでの新要素について、あんまり感想をかいてなかったんで、
ちょっと書いときます。


 まずCMステージ。これすごくいいなぁ、と思いました。
譜面の出方もアピールも新しいのですが、雰囲気作りが秀逸だと思います。
 さすがアイカツだと思いました( ´∀`)。

 FEVERアピールというのも出ましたね。
あんまり出来てませんが;演出やスコア的な意味で、より深みが出て
良いと思います。


 あとは新キャラ。2016シリーズの準レギュラーの、ののとリサの他にも、
各地方でいいキャラ達が登場しました。ハワイまで行くしw。
 みんないいキャラなのですが、特に気に入ってるのは、
ニーナとはづきです。ニーナはゲームでコミカルによく動きますし、
はづきはクセがあるようで結構ニュートラル?なところと、
さっぱりしたところが好きです。

 あと、なまはげガールなやよいも好き。なんとプリパラのあじみと
声優さんが同じ上田麗奈さんという。無理でしょうけど、この二人の
同じ声&同じタイプの対決を見てみたいですw。

 そんな新キャラ達が、今後どうなるか、というのも楽しみです( ´∀`)。


 声優さん、といえば、最近アニメを一気見してるのですが、
司会者役の声優さんにド肝を抜かれることが目立ちます。


 多分、モデルがさんま氏である、まぐろというお笑い芸人司会者が
櫻井トオルさんという人で、他の番組では”世界最強トラック野郎決定戦”
というものの吹き替えで、男前ヴォイスを披露してたり、”ハイキュー”などで
時々出てらっしゃる人なのですが、まぐろみたいなコッテコテなひょうきん声も
でるんやなー、と、声幅にびっくりです。吹き替えやってる人って、声幅が
広い人が多いな、と改めて思いました。


 同じく声幅で更にびっくりしまっくったのが、じゃがいも料理対決の
ときの司会者の声。あのキャラが加隈亜衣さん、というw。
こちらは丹下桜さんタイプのかわいい声しか聞いたことがなかったので、
”ほんまかいな(;゚Д゚)?!”クラスでしたw。
遠藤綾さんレベルの声幅は持ってそうに感じます。おそるべし。


 また、さくら役の安野希世乃さんの声幅もなかなか。
”妖怪ウォッチ”で多数のキャラを無理なく演じられてるので、
改めてすごいと思います。
 コマじろうが”KJ”の時の、こまじろうの彼女の声とか分からんてw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016春の選抜出場校決定

 例年は組み合わせが決まってから書くことが多いのですが、
今年はちょい早めに。
 まず、出場校。

札幌第一(北海道)

青森山田(青森)
八戸学院光星(青森)

木更津総合(千葉)
常総学院(茨城)
東海大甲府(山梨)
桐生第一(群馬)
花咲徳栄(はなさきとくはる・埼玉)

関東一高(東京)

東邦(愛知)
いなべ総合(三重)

敦賀気比(つるがけひ・福井)
福井工大福井(福井)

大阪桐蔭(大阪)
滋賀学園(滋賀)
明石商業(兵庫)
龍谷大平安(京都)
智弁学園(奈良)
市立和歌山(和歌山)

創志学園(岡山)
南陽工業(山口)
開星(島根)

高松商業(香川)
明徳義塾(高知)
(神宮枠)
土佐(高知)

秀岳館(熊本)
海星(長崎)
日南学園(宮崎)
鹿児島実業(鹿児島)


<21世紀枠>
小豆島(香川)
釜石(岩手)
長田(兵庫)


 個人的に今年は、はっきり言えば、”やっぱりな”感の中に、
裏を感じる大きなサプライズがあり、さっぱりした気持ちで
みることができにくい選考結果でした。

 実際、選考のやりなおしを願う署名が出るなど、
ネットでも例年にない物議をかもしだしている選考、
その中でも特に近畿のものが、俺も一番引っかかるところです。


 21枠に近畿から長田が選出。一般枠の明石商業と一緒に
初出場公立のワンツー。上位常連の私立の報徳が落選、
といえば、普通に見られたら、普段なら正直、
母校の出場、県北部公立の出場の次ぐらいに大喜びするところです。

 が、報徳を押しのけて市立和歌山が選ばれたことを絡めたら、
なんか受け入れにくくなります。
 かねてより、ファンの中では、”政治力”という陰謀めいた勢力を
あらわすことがありましたが、今回ほどそれを感じたことはなかったです。

 近畿は和歌山のチームの選考に特に抵触するのですが、
今回、市立和歌山を出すために、2校が濃厚な兵庫から
21枠で長田を選出し、先立って行われる21枠選考で長田を選出させて
もう一つの報徳を落としやすくし、市立和歌山を選出した、
という構図が見え隠れするのです。

 試合状況を見たのと、選手層、地域性から、俺も報徳よりも
市立和歌山選出は可能性ありと思っていました。
 でも、21枠で長田を絡められて、こういう選考をされると、
一気にうさんくさくなるのです。

 21枠の地区代表、はたまた県代表にさかのぼっても、
県ベスト4の優秀公立の加古川東よりも、長田が選ばれた点から
えらい長田がすいすい行くなぁ、とは思っていたのですが、
もしかしたら、ここから”裏の予定調和”への組み立てが
始まっていたのかも知れません。
 確かに長田の成績は秋季大会8強、そして最近の戦績も含めて
申し分なく、好投手を擁し、学校自体の質もよく、かつ、
震災被災地の学校、と、21枠の条件にもはまると思います。
 こういう選び方は、今年の長田がこのポジションに
いたからこそ、できた選び方だったかも知れませんね。

 あと、個人的に気に入らなかったのは、1月17日に、
長田野球部が甲子園までランニングした、というエピソード。
 毎年やってるわけでもなさそうなのに、なぜ今年?と
思いました。やるなら20年の節目の去年でしょうに。
ちょっとあざとい、というかなんというか;。
 このおかげで、正直、”長田選ばれなきゃええな”とさえ思いました。
もちろん、長田高校が嫌いでも、こきおろすわけでも無いです。
念のため書いときますが;。
 でも状況的に、いろいろマイナスに考えられる要素があるからこそ、
素直に喜べないわけです。

 そして今年の選抜選考の個人的総まとめの感想として、
”報徳かわいそうやな”
と思うのです。

 当たり前ですが、一応書いとけば、この件については、
選手達が悪いわけではなく、疑わしい選考をした高野連などの
大人どもが悪いわけです。

 まぁでも、決まったからには、出場できる選手達には、
健闘して、楽しんできて欲しいと思っています。



 もう一つは四国。神宮枠の最有力候補だと見られていた
済美がアウトで、条件的にも済美にすべてに劣る土佐が
選出されたこと。

 済美については、済美が”サイン盗み”をした、
という疑惑がおきたことが引き金となり、不祥事謹慎が
解けてからの疑惑、ということで、選考委員の本音としては
それを引きずっての”素行の悪さ”から選出されず、
という感じなのでしょう。

 これは、県大会ではどうだったのか分からないのと、
目立つ所業として挙がっている高知商業戦の当該場面を見ても
正直よく分からなかったので、なんともいえませんが、
選考委員会がこの件を採用した、となると、事情やウラも
取れてるんでしょうね・・・。

 それで土佐に決まったわけですが、ベスト4に入ってこそ
いますが、地域性として疑問が出ます。
 済美が選ばれなくなり、愛媛からの選出が無しになった。
もう一つの比較対象の土佐の高知からはすでに明徳が決めてる・・・
他にももう少し下になりますが、他の愛媛勢も選考候補に入れられる
範囲にいると思ったのですが、素直に考えたら、そういう地域性を
越えて土佐が強い、と判断されたんでしょうね。

 近畿の選考よりも納得しやすいのですが、
四国の選考委員にも、土佐推しが強い委員がいる、というのを
聞けば、ちょっとおだやかじゃないですね。
 まぁ、もともと、土佐は高校野球のお手本のような
チームカラーでずっと来ているので、日頃の行い、みたいな
ものもあるかも知れませんね。
 四国の件は、腑に落ちない、というよりもびっくりした方が
大きかったので、こんな感じの感想になりました;。


 こんな感じで、一部ですが、なんか疑惑が目立ち、
釈然としない選考でした。

 来年は、話題の早稲田実業の清宮選手の選抜ラストイヤー。
こんな”疑惑の選考”が続くのであれば、
個人的には同校が今年の秋季大会で準優勝~ベスト8入り
して欲しくないです(;^^)。
 今年、二松学舎が選出漏れしたのが、
来年の早実のため・・・ってことになりませんように・・・。
なんて、こんなの、考えすぎであってほしいです。

 それと、ここまで書いておいてなんですが、
あくまで、選抜大会は、主催者に”選抜”された
学校が集まる大会、ということで、
こういう、一般ファンの個人個人にさっぱりしないことも
ありえることを、改めて再認識せざるを得ない
気持ちになりました;。
 

 選抜本番までもう少し。選考はどう+あれ、個性豊かな
顔ぶれな出場校の健闘に期待したいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »