« ちゃおサマーフェスティバル2015(神戸会場)に行ってきました | トップページ | 音ゲー近況@15.9.8 »

第97回(2015)選手権大会は東海大相模が優勝で終幕

 今年の夏の甲子園、高校野球が始まって100年となる大会、
第97回高校野球選手権大会が先日、東海大相模(神奈川)の
優勝で幕を閉じました。



 昨年も評判が高かったのですが、初戦で松本投手を擁する
盛岡大付属(岩手)に競り負け、早々に去った、ということも
ありましたが、その翌年にもっとそつのないチームを作ってきて、
優勝するあたり、伝統となった強さがあるのでしょう。

 同校の目標とする”アグレッシブベースボール”もそのひとつですね。
おめでとうございました。


 準優勝は今年の高校野球を引っ張ったチームと言っても
過言ではない仙台育英(宮城)。佐藤世那投手を擁し、
とても力強い攻撃陣を持った好チームで、東北初の優勝を
狙うには最高のチームだと思わせるものでした。
 大差の試合も、僅差の試合も勝ちきっての決勝進出でした。

 試合展開としても、3点の差を佐藤翔太選手の大きなスリーベースで
一気に追いつき、一塁側スタンドが席関係なく仙台育英に応援する
ようになるなど、仙台育英の流れに行ったのではないか、と
思ったのですが、9回の東海大相模の投手でもある小笠原選手の
まさかのレフトオーバーの勝ち越しホームランで、
一気に流れが傾いてしまいました。一勝することの難しさ、
流れの恐ろしさを感じましたね。

 仙台育英の佐藤投手は本当によく投げたと思います。
疲れや体力切れで、わずかに緊張感にスキができ、
あの一発をくらったものだと思っています。
 これだけのチームでも優勝できない、というのは、
正直に驚きでした。

 それでも、仙台育英も含めた東北のチームには、
この壁を乗り越え、日本一をもぎとるチームが出てきてほしい、と
まだまだ俺は思います。

 仙台育英、おつかれさんでした!


 東京勢がベスト4に。早稲田実業は清宮選手という全国でも
目玉的選手がいたため、終始騒がれながらの大会となりましたが、
”落ちそうで落ちない”という流れ、というか、強さと違った
粘りがあったな、と思いました。

 関東一高もオコエ選手という優秀な選手を中心に、
こつこつしっかりと勝ち上がってきた好チーム、という
印象を持ちました。例年こんな感じで強いですね。


 ベスト8では優勝以来の登場で、今回は粘り強い
好チームで出場した興南(沖縄)に、仙台育英相手に
最後まで挑んでいった、好投手の成田投手を擁する秋田商業、
東海大相模に惜敗した花咲徳栄(はなさきとくはる・埼玉)、
早稲田実業に予想外の大敗を喫しましたが、
スラッガーの山本武白志(むさし)選手を中心によく打った
九州国際大付(福岡)、と、
さまざまな顔ぶれが、それぞれ、良い活躍をしていったな、と思います。


 他には、関東一高と3回戦で大接戦の好ゲームをした中京大中京(愛知)、
智弁和歌山相手に格上な試合をし、鳥羽とも好ゲームをした、
初出場で、今春選抜の21世紀枠選考の東海代表だった
津商業(つしょうぎょう・三重)の大活躍、
初戦で良いゲームで散った霞ヶ浦(茨城)にその対戦相手で、
次戦、早稲田実業に惜敗した広島新庄、初出場ながら、大阪桐蔭を予選で破った
その力強さをたくさんみせてくれた
大阪偕星学園(おおさかかいせいがくえん・大阪)、
春の優勝校の敦賀気比(つるがけひ・福井)に快勝し、
仙台育英にも接戦した花巻東(岩手)、
”鶴商学園”から通じての甲子園初勝利を勝ち取り、
良い試合をしていった鶴岡東(山形)、
天理相手に初の初戦突破し、今までのチームと一味違ったところを
見せた創成館(長崎)・・・
と、好印象に残ったチームが結構いたのも、良かったです。


 わが県の滝川第二も、好投手の友井投手に力強いクリーンナップを
擁しての出場となりました。新潟大会決勝で日本文理に快勝して甲子園に来た
中越に苦戦しつつも勝利しましたが、仙台育英の強力な総合力には
かないませんでした。それでも、よくがんばったと思います。おつかれさんでした。

 ちなみに、軟式野球大会も、神港学園が仙台商業に敗退・・・。
神戸勢が仙台勢に完敗、な、野球の夏でした(;^^)。


 結果的には個人的に少々残念な部分はありましたが、
内容としては、高校野球100周年にふさわしい、良い大会であったと
思います( ´∀`)。



 もうすでに、来年春に向けての戦いが始まっています。
秋の各地区大会や、次の選抜も楽しみにしたいですね。



 甲子園の前に戻って、兵庫県大会。
優勝は滝二で、準優勝は明石商業でした。
 決勝前は願望も少し入って;、明商がいけるかなぁ、なんて
思っていましたが、エースの吉高(よしたか)投手の疲れや
地力の差が出たような感じがします。

 でも、洲本に追い詰められた所から逆転勝利し、姫工、育英、報徳、国際、
と、かなりきつい所を勝ちあがっていったのは、賞賛に値しますし、
これだけ乗り越えて、甲子園にいけなかったのは残念だと思いました;。

 しかし、吉高投手ふくめ、このチームに下級生が結構いたので、
今年の秋の優勝候補かつ、中心になることでしょう。



 あとは、ベスト4に進出した西脇高校や、
5回戦で市川に勝ち、ベスト8で西脇に惜敗した須磨友が丘、
国際に後一歩も、前評判どおりの実力を見せた津名の
健闘もお見事でした。


 わが母校の育英も、なかなかの戦いぶりでした。
正直、また関学には負けるんやろーなぁ、と思ってたんですが、
7-2で完勝てマジかいな( ゚д゚ )!と思いました。
 次に力尽きたのか、明商にコールド完敗で幕を閉じましたが、
高砂南戦で終わりかけた所から逆転勝利し、関学に勝てたことが、
とても嬉しく思いました( ´∀`)。よくがんばったと思います。

 秋も、まだ無敗で勝ち進んでいますし、前のチームからも
数人残ってるみたいですし、今年も、ひとつひとつ伸びていってほしい、
と思っています。


 以上、夏の高校野球の雑感でした。


 もうひとつ余談。
 カップラーメンに、甲子園やきそばと甲子園カレーを土台にした、
カップやきそばとカレーラーメンが今夏、発売されました。
 どちらもまだ食べてないのですが;、近いうちに食べてみたいです。

|

« ちゃおサマーフェスティバル2015(神戸会場)に行ってきました | トップページ | 音ゲー近況@15.9.8 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/61297842

この記事へのトラックバック一覧です: 第97回(2015)選手権大会は東海大相模が優勝で終幕:

« ちゃおサマーフェスティバル2015(神戸会場)に行ってきました | トップページ | 音ゲー近況@15.9.8 »