« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

育英硬式野球部100周年記念試合

150524ikueihb100th1
 
  昨日、ほっともっとフィールド神戸にて、
育英高校の硬式野球部の100周年を記念して、
滝川高校と滝川第二高校(以下、”滝二”)をお招きして、
試合を行いました。


 ちょっと曇った時もありましたが、うぐいすの鳴く声が
聞こえるような、のどかでさわやかな環境の中で
行われて、よかったな、と思いました。 

150524ikueihb100th2  150524ikueihb100th3
 試合に先立ち、校長先生からのあいさつと、
各校にボールの贈呈がありました。そして、第一試合の
始球式に理事長さんが投球しました。10時試合開始。
150524ikueihb100th6

 第一試合は滝二と。相変わらずどこか貫禄を
感じさせるチームです。

 その滝二、1回に3番の川北選手のレフトへの2塁打、
4番の建畑選手のレフト前ヒットで、ホームを狙った川北選手は
タッチアウトになり、得点にはなりませんでしたが、
クリーンナップの力のあるところを見せました。本戦ではあたりたくないなぁ;。


 対する育英は3回2死から、1番の押部選手がデッドボールで出塁し、
さらに盗塁を成功させて、2死2塁から2番の小林(遼)選手のセンター前への
タイムリー2塁打で先制しました。


 中盤は両者、落ち着いた流れで膠着状態。序盤にボールが目立ったものの
安定感が増していった育英の竹中(健)投手と、三振もよく取ってくる
滝二の友井投手の両投手の好投にバックも盛り立てます。


 そのあと、8回は大荒れになってしまいました。
滝二は吉井選手が四球で出塁、代走に安田選手を起用し、
足の速さに掛けます。2死2塁から、前の回に変わって登場の
塩本選手が振り逃げをしましたが、それを制するための送球が
それてしまい、そのまま走った塩本選手は2塁でアウトになりましたが、
その前に、安田選手がホームインし、同点となりました。


 その裏の育英の回は、滝二にエラーが3つ出る、という荒れている、
というか、なんというか、というできごとがあり、2死2,3塁と育英が
攻めましたが、最後は凡退、という形になりました。


 9回の滝二の攻撃は、根来(ねごろ)選手への四球から始まり、
川北選手のレフト前タイムリーで1点勝ち越し。建畑選手が
バントで2死2塁から、山名選手のセンター前ヒットが出ましたが、
ランナーの川北選手がホームでタッチアウトとなりました。

 育英も最後までがんばりましたが、得点およばず試合終了でした。

150524ikueihb100th7

   H  210 000 002 =5 E=3

滝川二 000 000 011=2
育 英  001 000 000=1

   H  111  000  100 =4 E=1



<滝二>

8、根来(ねごろ)
6、結城
5、川北(かわきた)
3、建畑(たてはた)
4、山名
7、吉井
→8回表、代走、安田
→8回裏、7、角
9、青木
2、芝本
1、友井
→6回表、代打、小浜
→6回裏、1、片山
→7回裏1死、1塩本


<育英>

8、押部(おしべ)
6、小林遼
9、浅野
→8回表2死、9、矢野
2、藤原
3、赤木
→8回表、1、山本宵
→9回表、1、井上
5、山本達
→7回表、1、山本達
4、稲垣
→9回裏、代打、松崎
7、有本
1、竹中健
→7回裏、3、碓永(うすなが)




 少し間を空けての第二試合は滝川と。
こちらは学校自体が近くの馴染み深い学校です。
 近年、力をつけてきていて、スポーツが優秀の滝二にも
引けをとらないような印象があります。
 あと、今回見たチームは、選手がよく声を出してるなぁ、
と、好印象を持ちました。
150524ikueihb100th9


 13時試合開始。今回は、育英は初回から積極的に
せめて行くことができました。


 1回、1死から小林選手の1,2塁間をゴロで抜けるライト前ヒットで
出塁。相手のパスボールで2塁へ。そして、2死になってから、
四番の藤原選手のセンターへタイムリー二塁打。さらに、
山本(達)選手の左中間を早いゴロで抜けていくタイムリー三塁打で
2点を先制します。


 滝川もすぐさま反撃。2回表、1死から居内選手のライト前ヒットと
フライで2死2塁から藤原(隆)選手のレフトを越えるタイムリー
2塁打で1点を返します。


 その裏、育英は素早く突き放します。碓永選手のレフト前ヒットと
相手のパスボールで3塁まで進むことができ、バントや四球で1死1.3塁、
1番に戻って押部選手がライトを越えるタイムリー2塁打で1点を追加します。


 4回には、1死から、押部選手が相手ショートにしたら惜しいエラーで
出塁し、小林選手も切れそうで切れないサード線への絶妙なセーフティバントと
四球が絡んで1死満塁からフライで2死満塁。そこから、山本(達)選手が
レフト前までぬけていく2点タイムリーヒット、突き放しにかかります。


 6回は連続フォアボールから山本(達)選手のライトへの犠牲フライで
1点、7回には四死球で出た代打勢を上位打線に戻り、小林選手がライトを
越える大きなヒット。ライトがもたつく間に、打った小林選手も
ホームにかえったので、ランニングホームランですね。
 

そのあとは滝川の攻撃を抑え、そのまま育英の勝ち、となりました。
9-1にはなりましたが、点差ほどの差はなかったです。打線も、まめに
打ってましたし。


  H  021 111 002 H=8 E=1

滝川 010 000 000=1
育英 210 201 30*=9

  H  321 210 10 H=10 E=1

150524ikueihb100th10

<滝川>

9、西山
→7回表、代打、竹下
→7回裏、9、竹下
6、吉田悠
→8回表代走、吉田純
→8回裏、6、上野
8、篠崎
7、亀本
5、西川
3、居内(いうち)
4、高島
→9回表、代打、辻
2、藤原隆
1、小田
→4回裏1死、1、結城
→7回表、代打、木村
→7回裏、1、山崎

<育英>

8、押部
→7回裏、代打、神田
→7、神田
→8回表(?)8、高品
6、小林
→9回表、5、小林
9、浅野
→4回裏、代打、竹中惇
→5回表、9、竹中惇
→7回表、7、竹中惇
→8回表、9、竹中惇
2、藤原
→6回裏、代打、梅本
→7回表、4、梅本
5、山本達
→9回表、1、山本達
7、有元
→7回表、2、若松
3、碓永
1、井上
→7回裏、代打、内藤
→8回表、1、内藤
→9回表、6、馬場
4、矢野
→7回表、9、矢野
→7回裏、代打、中塚
→8回表、7、中塚


 記録は、間違いがありましたら、すみませんです;。


 以上の二試合が終了して解散、となりました。
 
 結構、たくさんの人が入っていました。
生徒さんもいたのですが、第一試合までで解散
だったみたいです。

 ちなみに、ここで初めて、女子生徒を見ました。
当たり前ですが、”うおあ、マジでおる;”と
びびってしまいましたw。うーん、やっぱ共学になったんやなぁ。
 まぁ、初めて見たのが、球場のスタンド、っていうのは、
育英らしいわな、とも思いました。
 

 二試合目のスタンドは、きまぐれながらに口ラッパで
応援する少年野球の子らが微笑ましかったです。

150524ikueihb100th8

 というわけで、二試合、楽しく見ることができました( ´∀`)。
まずは、滝川、滝二の両校に、相手になってもらえて
ありがたかったし、良かったですし、
育英の硬式野球部が100年の節目を、こうして迎えられたのも
良かったなぁ、と思いました。


 さて、夏の大会も、気づけば、あっという間だと思います。
春は好投手擁する西脇高校に逆転の惜敗をし、また、気を締めなおせた
のではないか、と思っています。
 

  

  小粒ながらも良い選手はそろっているので、
力をいかんなく発揮してきてほしい、と思います。


 たしか、選抜近くに出た雑誌、”ホームラン”の夏の展望の特集では、
なんと東洋より上に書かれていたので、おおお、と思っていましたw。


 まぁ、成績も期待してしまいますが;、なにより、育英の硬式野球の
新たな一歩として、良い一歩を示して来てほしいと思います。
150524ikueihb100th11  150524ikueihb100th4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェリオの”砂漠の花”

Cocolog150520cherio50th
 チェリオ50周年のキャップが登場。もうそんなになるんですねー。
これからもお世話になることでしょう( ´∀`)。

Cocolog150520sabakunohana1
 最近、そんなチェリオの販売機にちょこちょことある
”砂漠の花”を飲んでみました。
Cocolog150520sabakunohana2
 サボテン果実とアロニア果実の果汁が入った”水もの”です。

 味としては、アセロラウォーターと同じような感じやな、と
思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から本気出す?

 書きたいことが増えすぎて、かえって”書きたくなくなる病”を
発病してます。もう5月も20日になりますねぇ;。はぁ。

 そろそろ何か記事にしたいと思います。
とりあえず、宣言だけ、しにきましたw。

 明日から本気だす?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »