« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

プリパラ近況@15.3.21

 プリパラの映画の入場者特典が21日から入れ替えになりました。
初回の特典の状況と、その影響から子供限定になるかもしれないと
思って、オークション狙いにしようか、とも考えていたんですが、
子供限定ではない所に、MOVIX八尾の名前が挙がっていたので、
意を決して、朝イチで行ってきました。

 結果、情報はまちがっていなくて、
MOVIX八尾は、年齢制限なしでもらえました。
 俺ももらえてよかったです。なんかほっとしました;。
 
 映画もルート3を、楽しく見ることができました。
なるの世代のところの"GIFT"という曲が、場面も相まって
とても良いなぁ、と、感動しながら見てました。

 
 これで映画は一段落です。ルート2と4はDVDレンタルを
待ちたいと思います。
 それに、ネットでいろいろと感想を見てて、来年チャンスがあれば、
”おうえん回”に見に行ってみたいなぁ、と思いました。
 

 ゲームの方は、ファルルの期限が3月ライブの間(4月1日)まで
らしいですね。覚醒(?)ファルルは、本当短いですね;。
 なるべくたくさん使いたいなぁ、と思います。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年 87回選抜高校野球が開幕

 87回選抜高校野球大会が今日、開幕しました。
 初日はワンサイドばかりになりましたね;。
その中では九州学院は惜しかった方ですが。
 
 初日が終わってしまいましたが、
組み合わせと、初戦の楽しみな点をちょっとだけ書いてみます。


(21日)
1-1 九州学院(熊本)ー八戸学院光星(青森)
1-2 大阪桐蔭(大阪)ー東海大菅生(東京)
1-3 常総学院(茨城)ー米子北(鳥取)
(22日)
2-1 今治西(愛媛)-桐蔭(和歌山)

 開幕試合は、九州チャンプの九州学院が勝つかな、と
思っていましたが、少ないチャンスを大きく活かした
光星が勝ちました。大阪桐蔭とのライバル対決はどうなるでしょう?
 米子北がやや自滅気味にリズムがつかみきれない間に
いろいろなことができた常総の試合巧者ぶりがみられました。
 21世紀枠の桐蔭は、去年の和歌山21枠の海南に続いて
四国準優勝チームとあたることに。
 これは結構注目のカードだと自分は思いますし、
桐蔭にとっては、与し易い相手だとも思います。
 去年もおんなじことを書いて外れたので;
あんまり大きく言えませんが、桐蔭にも勝機はあると思います。



2-2 立命館宇治(京都)ー静岡(静岡)
2-3 木更津総合(千葉)ー岡山理大付(岡山)
(24日)
3-1 奈良大付(奈良)ー敦賀気比(福井)
3-2 仙台育英(宮城)ー神村学園(鹿児島)

 前半よりも後半が熱そう。敦賀気比と仙台育英の
戦いが中心になると思います。
 やっとの思いで出てきた奈良大も、しっかりと実力を
発揮してきて、あわよくば、気比を脅かしてほしいところ。


3-3 浦和学院(埼玉)ー龍谷大平安(京都)
(25日)
4-1 英明(香川)ー大曲工業(秋田)
4-2 県岐阜商業(岐阜)ー松商学園(長野)
4-3 近江(滋賀)ー九産大九州(福岡)

 好投手がいるチームが目白押し。高いレベルでの混戦模様に見えます。
そんな中でも浦学と平安は屈指の好カードだと思います。
 


(26日)
5-1 糸満(沖縄)ー天理(奈良)
5-2 宇部鴻城(山口)ー健大高崎(群馬)
5-3 二松学舎代付(東京)ー松山東(愛媛)
(27日)
6-1 東海大四(北海道)ー豊橋工業(愛知)

 秋の地区優勝校が3校、地区準優勝が2校いる
なかなかのレベルですが、二松学舎、健大高崎、天理が
中心になってくるかなぁ、と見ています。



(2回戦)
6-2 1-1と1-2の勝者(八戸学院光星ー大阪桐蔭)
6-3 1-3と2-1の勝者(常総学院ー?)

(28日)
7-1 2-2と2-3の勝者
7-2 3-1と3-2の勝者
7-3 3-3と4-1の勝者

(29日)
8-1 4-2と4-3の勝者
8-2 5-1と5-2の勝者
8-3 5-3と6-1の勝者

(30日)
(準々決勝)
9-1 6-2と6-3の勝者
9-2 7-1と7-2の勝者
9-3 7-3と8-1の勝者
9-4 8-2と8-3の勝者

(31日)
(準決勝)
10-1 9-1と9-2の勝者
10-2 9-3と9-4の勝者

(4月1日)
決勝戦

 全体的に見て、やや左側ブロック(上に書いてるほう)が
強めに見えますが、果たしてどうなるか。
 楽しみに見て生きたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ともだちウキウキペディア近況@15.3.18




 Cocolog150308jibanyans
  先日、甥っ子(小1)が置いていったお絵かき。
ジバニャン(S?)ばりかっこええwww。"スーパーニャイヤ人"の如きw。
 顔のわりに目が人物っぽくつりあがってるからだと思います。
なんかしぶいなぁ。
Cocolog150308mikannyan
  ミカンニャンは普通でした^^。


 そのときにまた対戦しました。
 甥っ子→しゅらコマ15、ブシニャン2、もう一体は失念;
 俺→フユニャン15、八百比兵仁1、ふぶき姫10
また負けましたが、3ターンぐらいはできました( ´∀`)。 


 さて、ウキウキペディアも、19日から7弾になります。
6弾は"限定"(結局は次の弾も続くらしいですが;)と"惨敗"に煽られて、
かつてないほどにこのゲームをやりこみましたw。
 それに、対戦が具体的に楽しみ方のひとつとして確立しつつ
ある点も、おもしろくなったところだと思います。

Cocolog150301ukiukipediamasternyada Cocolog150301ukiukipediamasternya_2 Cocolog150301ukiukipediamasternya_3 Cocolog150301ukiukipediamasternya_4

Cocolog150308dekanyan
 そんな6弾、一時はどうなるかと思っていたデカニャンも、
大幅増発してくれたおかげで2回も手に入れることができましたし、
雪合戦も、7弾で鬼食いに会えるアイテムをくれる
マスターニャーダGまでクリアすることができました。
・・・赤鬼Gはまさに"鬼"でしたが;。

  Sランクも、マップにでてくるイザナミ、あつガルル、なまはげまで
ゲットできましたし、本当に一段落です( ´∀`)。

Cocolog150308michikusame
 やりこんだおかげで、たくさんの妖怪をゲットできましたが、
ミチクサメのセリフは、とても笑えましたww。
 "俺と友達になって、道草食おうぜ"て、なんかむっちゃ好きですww。

 7弾は、とりあえず、"春のニャンまつり"ということで、
7弾マップの"ニャンジャータウン"で新しい妖怪たちを
ゲットしつつ、Sランクのジバニャンという"ジバニャンS"が
もらえる"ドリームさくらスクラッチ"で40ポイントをためるための
40クレは、最低プレイするつもりでいます。
 なお、4月19日までで期間を切ってるんで、
その点には気をつけたいです。


 あとは、第二回の"ガシャチャレンジ"でしょうか。なんといっても、
執事のキュウビがお目当てになりますw。
 今回のラッキー妖怪は、
あつガルルLV5、ざしきわらし、花子さん、おにぎり侍。
 俺としては、もうすぐあつガルルが5になるので、
イベントに参加できることを祈る段階です(^^)。
 前のガッツ仮面フユニャンのように、
うまくいって欲しいですが・・・;。


 あと、先週末、対戦の大会をやってたので、
のぞいてきました。
 参加申し込みはしましたが、まず無理やろう、と
思ってたら案の定だったのでw、観戦だけでも、と思って。

 目立った所は、
やっぱブシニャン、しゅらコマ、山吹鬼のレジェンド勢に、
くさなぎ、マスターニャーダ、オロチ、キュウビ、犬神といったあたりで、
あらかた予想通りでした。
 他には、ガッツ仮面フユニャンが、その中でよくがんばってましたし、
花さか爺、絶オジイ、アゲアゲハといったあたりのポカポカ族が
活躍する場面も見られました。


 決勝は、比較的大友な人のくさなぎ、ガッツ仮面フユニャン、どんどろ と、
適齢期な子のしゅらコマ3体という顔合わせ。レベルは分かりませんが;。
 最後まで互角で、結構おもしろかったです。
決着は、先に攻撃できた、瀕死のフユニャンの一撃でした。


 全体的に、あと少しのHPが残る展開がよくあり、
さらにそこからのひと悶着、というのもあったので、
素早さがやっぱり大事なのと、うまく立ち回れたら、
硬くて早めのポカポカ族を回復役で入れておけば
結構良いかも、とも、ギャラリー視点100%ながら、思いました。

 あと、ボコンボラッシュでほとんど見境無く連打するお子様方に
少し笑えましたw。うーん、ほほえましいというかなんというか。
・・・でも、ボタンの調子が心配にもなりました(;^^)。

 とりあえずこんな感じですね。7弾も楽しみにしたいところです( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリパラ近況@15.3.16

 まずは、地元限定ネタですが、結構一大事。
 
 ついに、神戸にトモチケ交換ができるゲーセンが現れました!
総合娯楽施設といいましょうか、”フェニックスプラザ摩耶”というところの
セガのゲーセンです。 


 最寄駅は、阪神の西灘になりますが、三宮の東、中央区役所の
南側、国道2号線を渡ったところにBMWの店があり、その前あたりに、
朝10時~夜9時ぐらいの間に、毎時0分に出発する、無料シャトルバスに
乗っていく、という手段もあります。

 15日、妖怪ウォッチの大会目的に行ってみたら、
筐体の横にファイルが置いてあったんです。
 それを見るといろいろなトモチケが入っているではないですか!
それから筐体にはってあるポップを見ると、トモチケ交換推進の
内容だったので、”おおおおお!”と思いましたw。

 このゲーセンはいろいろ大会イベントをやってくれるところ
なのですが、まさかここまでやってくれるとは。
 交換したトモチケを使おうとして、結構ぶっこみました(;^^)。
でも、とても楽しかったので良かったですわ。

 これから週一ぐらい通ってしまいそうww。名刺ファイルまで
買うぐらいになるとは・・・(^^)。しかし、まとめていろんな人の
マイキャラちゃんをみてたら、なかなか壮観ですねー。
ええこっちゃ(^^)。

 次は、前の週末のイベントについて。
 
 前にも書いた、大阪梅田の阪急三番街のキディランドに
プリズムストーンショップのコーナーができたのですが、
その記念にイベントがありました。
 まず、ゲーム筐体では、そこでプレイすると、
プリズムストーンショップに行った記念(?)の
モンスターコーラルワンピが排出されるようになっていました。

 それから、ある程度時間を区切って、
プリパラガールのあいみぃさんが中心になっての
トモチケ交換会に、500円以上のプリパラ関連
商品を買ったレシートを見せると、あいみぃさんのサインが
もらえる、というものでした。


 普段つかってるミニファイルの裏面にして頂きました♪


 買い物は、映画で買いきれなかったレッドフラッシュと
ミルコレ第三弾をお買い上げしました( ´∀`)。
 レッドフラッシュ、あまずっぱく、
しっかりとした良い味でうまかったです♪


 クマとウサギのぬいぐるみマスコットなど、あまり見られない
ものも置いてあって、ワンコーナーながら、良い感じでした。
 ただ、残念なことは、トモチケ交換のボードなどが
無かったところでしょうかorz。

 まぁその分、空いた時間で梅田ブルクまで行って
交換してきましたしw、上記に書いたように、地元でしっかりと
交換できるところができたので、まぁ、よしとしたいです。
 

 最後に個人的近況。

 とりあえず、制服4種は当てたいな、と、今までにはないペースで
プレイしていますが、今のところ、みれぃ制服上下に、私服も上下が
あたり、PRのユニコーンファンシーのコーデがそろいました。
 PRを排出で集めきったのは初めてのことになります。うれしいです。
あとは、らぁらの制服上下がでてきてくれたら、言うことなしです。

 こんな感じでしょうか。
載せたい写真もありますが、後日、貼りたいと思います。






 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリパラ近況@15.3.10





<プリズムストーンショップが大阪梅田に>


 プリリズプリパラシリーズのグッズ等を扱うプリズムストーンショップが
大阪の梅田のキディランドに開店するようです。
先々週に行ったばかりですが、プリパラの公式で初めて知りました。

 まぁ、”店舗”という区画ではなく、ワンコーナー、というような
感じではないでしょうか。行ったときに見た規模としても、
結構あったので、こういう感じにしても良さそう、というか、
より集客力が見込めそうです(^^)。

 できれば、ゲーム機をもう一台あったらええな、と思うのと、
本家”Prism Storn”にあると言われている、トモチケ交換の場所が
できてほしいなぁ、というのは、わりと切実です。
この辺には無いだけに(`・ω・´)。

 で、開店記念に、3月14.15日でイベントのお知らせがありました。
小中生限定で人数限定のイベントもありますが、
このシリーズのイベントガールとしてがんばってらっしゃる
あいみぃさんが関係するイベント、というのが、
プリパラの大友ファンとしての注目したいところになりましょうか。

 このお店(キディランド)で500円以上、
プリパラ関係で買い物をしたレシートを見せると、
あいみぃさんにサインがもらえる、とのこと。

 それと、WHF同様、トモチケ交換ですね。WHFの時と違うかったら、
なお良いのですが、まぁ一緒でしょうw。
それでも貰いに行きたいです(^^)。
 時間は10時~17時らしいです。




<プリパラ映画と入場者特典>


 アニメの近況記事にもちょっと書きましたが、プリパラの映画、
初日の2回目に見に行きました。MOVIX尼崎。ちょっと前まで
アイカツショップが入ってたショッピングセンターの中にあります。

 ライブ中心なのですが、大画面でノンストップで
始まっていくライブの数々は、予想通り、かなり見ごたえがあって
とても良かったです。
 それに、プリティリズムのキャラ達も負けじとライブ。
こちらは、プリティリズムを見てない分、完全新作なので、
十分楽しみ事ができました。

 ファルルが出てくるタイミングも良かったし、1作の映画として、
考えてた以上に楽しむことができました( ´∀`)。

※パンフレットにあった”ミュージックリスト”(セットリスト)を書いときます。

<Music List1>(プリパラ)

ま~ぶるMake up a-ha-ha!
太陽のflare sherbet
Pretty Prisme\ Paradise!!!
No D&D code
HappyぱLUCKY
CHANGE! MY WORLD
0-week-old
君100%人生


<Music List2>(ルート1 ラブリードリームツアー)

You May Dream
Dear My Future~未来の自分へ~
ハート イロ トリドリ~ム
めらめらハートが熱くなる
                    / Cheer!Yeah!×2 / Little Wing&Beautiful Pride
Dream Goes On


<Music List3>(ルート3 パーフェクトスターツアー)

Get Music!
Que sera
どしゃぶりHAPPY!
Switch On My Heart
SEVENDAYS LOVE,SEVENDAYS FRIEND
nth color
You May Dream / Life is Just a Miracle


<Music List4>(ルート3 スーパーミラクルツアー)

Hop!Step!!Jump!!!
Mirage JET / サンキュッ!
Rosette Nebula / cherry-picking days / ALIVE
よいなかそ
ココロ充電!
gift


<Music List5>(ルート4 胸キュン! プリズムボーイズツアー)

愛しのティンカーベル
BOY MEETS GIRL / FREEDOM
EZ DO DANCE
athletic core
pride
Flavor



 トモチケ交換も結局、5周ほどさせてもらいましたw。
Cocolog150308puriparatomotikesp
やー、こんな柄のチケットもあるとは・・・。
Cocolog150308puriparatomotikedefaul
 それに、デフォルトであったチャイナロックシオンの
トモチケも貰っときました。


 少し早く着いたので、映画の前にゲーセンでプリパラ
しといたんですが、映画を見た後に早速やりたい、と思って見に行ったら、
もうすでにキツい状態だったので、三宮に戻って、
そごうに行くと素敵なことに誰もいなかったので
そこで少しプレイして帰りました( ´∀`)。



 映画自体のレポは以上で、次は映画を見る前のこと。
前売り券がないかな、と先々週、大阪の梅田のブルクという
映画館に行きました。結局無かったんですが
サイン入りの立てポップがいっぱいあったので、
写真をのせときます。

Cocolog150301priparapop1 Cocolog150301priparapop2  Cocolog150301priparapop3


Cocolog150301priparapop4
 トモチケ交換は、1回1枚まで。あった分で欲しい物を取り、
代わりに自分のトモチケを入れていく、という流れです。

Cocolog150301priparapoplarla Cocolog150301priparapopmirei Cocolog150301priparapopsophie


Cocolog150301priparapopshion Cocolog150301priparapopdrwcy Cocolog150301priparapopreona


Cocolog150301priparapopmikan  Cocolog150301priparapoparoma



 で、ある意味、今記事の本題になりそうですが、
入場者特典のプリチケについて。

Cocolog150310priparatokuten1  Cocolog150310priparatokuten2
 俺は、難なくもらうことができました。
今考えたらとてもありがたいことです;。
  映画でもいいところで、らぁらとシオンの黒網タイツ足が
印象に残るところなのでww、後半も見に行って、そろえて着せたいな、と、
改めて楽しみにしたものです。


 が、日曜日の夜にネット上の評判をいろいろ見てたら、
”特典なくなってた”という書き込みがたくさんありまして、
阿鼻叫喚な感じでした;。


 しかも、人がそんなにたくさんいた感じではなかった様子の上で、
プリチケ品切れ、という感じだったので、なんでこんなに少ない数しか
用意してないねん、と思いました。


 劇場版のお話を4パターンのルートを用意し、
入場者特典も複数で全部がそろうシステムにし、複数回来てもらおう、
という目標があったと思うのですが、そのくせに、特典枚数がこんなお粗末・・・
というのは、その時点で、この劇場版を運営しているサイドに悪態を
つきたいところです。

 さらに、見積もりの甘さかセコさからか、どちらにせよ、運営サイドの
失敗であろうと思われるところに、まだ不確定情報ではありますが、
子供限定の配布にする可能性がでてきました。
 もともと、こんな頼りない枚数なら、大人を排除しても
そんなにたくさん配ることはできないと思います。


 要するに、なんで増刷かそれに代わる方法に、
つまり、もっと多数のファンにいきわたるようにする、
"前向き"な考え方ができないのか、ということに、
さらに憤りを感じます。このままなら、複数行こうと思う
お客さんを失うことになる可能性もでてきます。


 貰うもらえない以前の話。入場者特典が土日を越せない数
しか用意できない運営側の無能すぎる対応が、本当に
いただけないです。
 仮にこのままだと、自分たちの失敗の責任を大人ファンに
投げつける、という感じになると思います。
 

  なんかこう、"bmIIDX10thのシングル八段"に対する、
コンマイの対応を思い出しました。簡単に言うと、明らかにおかしい
ゲーム内容のエラーをしてるのに、"仕様です"とメーカーが
放置した話です。


 貰うもらえない抜きにしても、こういう"やなかんじ"を
ファンにさせないでほしいです。今の気持ちで、"もう一回"なんてことは、
どんなに面白くてもできませんわ・・・(´・ω・`)。


 まぁ、せめて、もう少しだけでも、ファンに対してマシな流れに
なることを願います。まぁそれでも、"子供だけ"にするのが、
予想できる最良の対応というお粗末な流れが関の山なんでしょうけど。



<ゲーム近況>

 えっちらおっちらやってきて、トップランクまでたどり着くことができました。
正直、ここまで来るまでやるとは思ってなかったんで、思えば遠くに来たもんだ、
という気持ちです(^^;)。

 あと、あたらめて、メイキングドラマのプレイが雑だったことに
ふと気づきました。気持ちちょい早めに押すように修正したいです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ近況@15.3.8

 今(2015年3月)発売の男性声優さん雑誌の”Cool Voice”を
立ち読みできたので立ち読みしてみました。

 島崎信長さんが表紙と特集記事なのをはじめ、蒼井翔太さん、
増田俊樹さん、さらに鈴木達央さんといった方々が載っているので、
”モテ福”を見てる人は、一読の価値がありますぜ( ´∀`)。



 さて本題・・・や、3.8てなんですか;と、自分でつっこみいれつつ、
いまさらながら、”今やってるアニメで見たいもの”を中心に、
アニメ近況を書いてみたいと思います。
 そもそも、前期含めても、かなり貯め勝ちですが、
あくまで"見たい"と思ってるもの、ということで書いていきます。


<月曜日>
少年ハリウッド


<火曜日>
モテ福(アニメじゃないですが)


<木曜日>
アイカツ
たまごっち
ポケモン


<金曜日>
妖怪ウォッチ
美男高校地球防衛部


<土曜日>
プリパラ
ローリングガールズ
デュラララ(二期)


<日曜日>
プリキュア
七つの大罪
純潔のマリア


 一応、こんな感じで見てます。


 前期でライダードライブ見たい、と書きましたが、
今はOPで滝口さんがでてるか見るだけになってしまってます。
出てたら見るし、出てなかったらやめ、という感じ;。
 つまらない、ってことは無いんですが・・・。


 で、今期作について少しずつ。


 少年ハリウッド、美男高校(これは時々温泉高校って言ってしまうw)に
ついては、”モテ福”のしわざですw。けど、見てておもしろいです。


 前者については、”うたプリ”と毛色が違った、リアルで真面目な
感じで、おもしろく見られています。声優さんもいいところが揃ってますし。


 後者は男子目線の学園コメディ。こっちは、成り行きでヒーローになり、
いろいろツッコミ入れたりドタバタしながらも解決していくさまを
楽しく見ることができています。こちらもなかなか声優さんがよい感じですが、
怪人(?)にされる役のゲスト声優さんがさらに豪華、というのも
なんか良いです。
 あと、きっかけは上でも少し触れたように、蔵王立(ざおうりゅう)
の増田俊樹さんなのですが、最初に公式HPでキービジュアルを
見たときは、このピンクは蒼井さんやろー、と思ってましたw。


 純潔のマリアは、”goodアフタヌーン”創刊時から連載されていた
作品で、結構楽しく読んでいたので、注目しました。
今は同誌は読んでないんですが;。
 原作に比べたらすごくあっさりになりましたね。
タッチがちょっとさみしいかな、と思ったりもしましたが、
案外、アニメと割り切ることができて、それはそれ、という
感じで見られています。各キャラの声優さんもよい感じ。


 ローリングガールズは、以前にCMをやってた時から
気になってましたが、見たらそれ以上のインパクトでした。
なんかノリとしては去年の今頃やってた”ズヴィズダー”を
思い出しました。


 デュラララは"電撃文庫Fighting CRIMAX"の静雄と、
以前やってた"夜桜四重奏"が面白かった関係で
チェックしだすようになりました。独特の世界観がやっぱよい感じ。


 プリキュアの新作"Goプリンセスプリキュア"は、
うーん、どうなんでしょう;。
 まず、"ハピネスチャージ"でプリンセスが出たあとに
"プリンセス"をタイトルに持つ新シリーズ、というのは微妙に思いますし;、
ファーストインパクトからして、個人的には前期の"ハピネスチャージ"よりも
数段落ちます。
 でも、浅野真澄さんがプリキュアに参戦ということや、
ストーリーが最近は凝ってきているので、
そういった面に期待して見たいと思います。


 他に、"幸腹グラフティ"と"ファフナー"が気になってましたが、
いまいち盛り上がれず断念。
 "ラブライブ"も見てみようかな、と思ったけど
放送局がゴミ売りだったのでパスしました。

 前期のアニメについても消化しきれたないのばかりで;、
なかなかお話になりませんが、"結城結奈は勇者である"と
"ソードアートオンラインII"は完走できました。

 結城結奈は2クールある勢いのわりに1クールで終わったのと、
ラストはあれでよかったのかしらん?と思ったことのほかは、
とてもよく見られました。まぁ、今回の主人公メンバーは助かったんで
よかったとは思うのですが。あと、9話は半泣きでした。

 SAOについては、ネットゲームの世界と現実世界の混ぜ合わせが
絶妙だったのが、一番よい印象に残ったところです。
 雰囲気も良かったし、各種困難にぶつかる所も盛り上がりましたし。
そして、各章の締めがどれも良い話で、見終わったあとのしみじみ感も
良かったです。
 今回の最終章のユウキの本名の”木綿季(ゆうき)”の漢字が、
すごく感じよく、かっこよくておしゃれやな、と思いました。
 ”木綿(ゆう)”の後に続く”き”が”季”を使っているのが、
特に良いと思います。 


 続けてみてる分では、とりあえず、妖怪ウォッチとプリパラが
安定した面白さで見られています。
 両方とも、バカバカしさと真面目さを併せ持ち、しっかりと
見せてくれる点が、見続けていられる、大まかな良い点だと
思っています。
 別々で特筆したいところは、
プリパラでは、"みれぃ、ぷりやめるってよ"って
タイトルがとてもうけましたw。生理現象をもつ碁石(?)を使う
囲碁パンダやプリパラに心を開きなおしたグロリア校長の以後の
大活躍もとても良い感じです(^^)。

 妖怪ウォッチは、つい先週になりますが、あかなめの回がやっぱ
でかいですw。あわや"フミちゃんペロペロ"ってところが
ばかうけでしたwwww。
 また、オロチがレッドJを探す短編も、オロチの真剣なる天然さと
いつにも増してダラダラかわいくなっているジバニャンが
とても良かったですw。


 この両方といえば、あと、映画を見に行った、ということもあります。

 妖怪ウォッチの方は、いつもと同じノリを出しつつ、
戦闘シーンが当然ながら、ふだんよりもアツい感じでよかったです。
細かいところなら、ガッツ仮面のポーズも好き。
特に手をひらひらさせる所ww。
 あと、レベルファイブは"じいちゃんのノート"が好きですね。
これは、やはり、"次世代への継承"というものを大切に
描きたいからかな、と思っています。大事なことですよね。


 プリパラの方は、プリパラ世代とプリリズ世代のライブっぷり、
そして、両世代の夢の共演、というもので、ライブ中心の内容でしたが、
それでもしっかりと流れができていて、終始、楽しく見られました。
 阿澄さんがプリリズキャラでしゃべってるのを見るのが映画で初めて、
というのも、なんか良かったです( ´∀`)。
 できれば、"ルート4"のボーイズの方も見たいのですが、
特典のことを考えると、かなり難しいかもしれませんorz。
21日の初回になんとか持って来れませんかねぇ・・・。
 しかし、冒頭で書いた本で知りましたが、
プリリズに増田俊樹さんがでてるとは思わなかったです;。
でも、あのタイプの声なら、こういう作品にぴったりなんですよね。

 あとポケモン。エンディングを歌ってるのが、セレナの牧口さんなら
どハマりだったのになぁ、と思います。ええ声してるのに。
 前のとき(アドバンスジェネレーション)は、ハルカのKAORIさんが
歌ってて、おおお、ってなったんですが・・・。
 
 
 最後に、プリキュアの前シリーズの"ハピネスチャージ"について。
 総合的に見て2番目か3番目ぐらいに面白かったです。ファントムとの
戦いのあたりは特に熱かったし、プリンセスとフォーチュンの関係の
変化も良かったし、誠司の存在もとても良かったし、
極めつけは、やっぱ、ヒロインのめぐみがとっても良かったです( ´∀`)。
や、ゆうゆうもおもしろかわいいキャラで全然引けをとってないですけどね。


 以上、アニメの近況としては、こんなところでしょうか。
残りひとつきの今期やそれ以降は、もうちょい真面目に見られたらええな、
とは、思っています;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »