« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

音ゲー近況@2014.4

 例えばーエキストラー、例えば―レジェンダリアー、いつもと違う水曜日ー・・・
はい、こんばんは。


 BEMANI学園ネタで去年、少し書きましたが、
コナミ音ゲー近況はかなーり久しぶりになります(;^^)。
 まぁ、それなりに大きな動きがあるので、書いとこかな、と思った次第です。


 まずは、コナミ音ゲーがこの度の増税をきっかけに、料金システムが
変わっていってることです。
 e-amusmentパスにチャージする電子マネー”PASERI”を
前面に押し出すようにも、されています。


 実施されているゲーム別に見ていくと・・・

(主な部分だけ大ざっぱに。硬貨使用時は100円設定前提で)

・jubeat→100円3曲、赤の難易度の譜面ができない。曲の伝導も不可。
      PASERI(基本124P)では上記のことができる・・・etc。

・ギタドラ→100円3曲のみ。ロング曲プレイ不可。
       PASERI(基本124P)ではアンコール・プレミアムアンコールあり、
      OverDriveから復活したロング曲もプレイ可能。
              曲解禁のエネルギーも優遇。

・bmIIDX→100円3曲のみ。エキストラステージ進出不可。
     PASERI(基本124P)でエキストラ進出可能。新システムの”Vディスク”をもらえる。
     Vディスクによって、途中未クリアからの救済や、道中エキストライベントの
     ”SPADA LEGGENDARIA”の曲のアナザーの上の専用譜面が
     プレイできるようになる、などの特典がある・・・etc。

・ダンスエボリューション→100円2曲は変わらず、
               PASERIを使うと2回に1回、3曲選べるようになる・・・etc。

という感じでしょうか。



 まぁ、増税絡みで値段は上がるやろーなー、とは思っていましたが、
実質20円アップ、というのは、ちょっとすごいかな、と思いました。
 ところが、3月以前に20円アップしたものでも、4月になったら、
更に4円アップですぜ('A`)。20円アップは便乗値上げということですか。
 きわめつけは、”PASERIを使うとパワーアップ”みたいなことを
書くだけで、値上げになることには触れていない、このクサレ根性がムカつきます。

 bmIIDXでの新制度の説明。

 コナミのスポーツクラブについても、”より続けやすく、より通いやすく”とか
きれいな釣り文句をヌカしながら、結局は値上げ改悪をしている、
ということを目にしました。


 なんかこう、違うかもしれませんが;、一部の店で、各品物を税込価格で
表示せず、レジできっちり徴収するというようになって、ペテンにかけられたような
気分になるのですが、これと同じような気持ちになります。
・・・ってか、要するにペテンですかね。もう(;^^)。


 まぁ、ギタドラについては、3曲特攻と初回の肩慣らしやロングなどのプレイで
使い分けがやりやすいので、まぁ、なんとか良しとできそうですが、
(ダンエボに至っては、パセリを使えばむしろ改良になるでしょう。)
指の硬貨で赤譜面ができない、とか、IIDXでエキストラ進出不可、
というのは、結構きついかなぁ、と思います(;^^)。


 一回一回ならともかく、それなりに数をプレイするものですから
ある程度まとまったプレイ数で考えれば、やっぱ大きいです。


 ゲーセンにお金が行くには、なるべく硬貨を使った方がいい、と、
某ゲーセンのノートに書いていたのが大きく印象に残り、
なるべく硬貨でプレイしたい、と思っているので、
そういう面でも難儀やなぁ、と思います。


 そもそも、ながいこと硬貨一枚で、気軽にプレイしてきてるのに、
その機会が縮められる、というのは、なんとも残念なものです。


 まぁ、仕方ないとはいえ、こういうことになってしまったら、
そうそう手の込んだやり込みはできなくなると思います。
 コナミの音ゲーはこんなことになっても、やはり、10年以上
付き合えるほどに好きなので、その時々に応じて、
よりよいプレイ方法を模索して、その結果、例え数を大幅に減らしてでも、
なるべく楽しくプレイしていきたいものです。
 当然、楽しくなくなったら、それまでですけどね。家庭用もあるし。

・・・ってか、個人的には、そろそろアーケードゲーム全体の
姿勢を考え直さなくてはいけないな、と思っているのですが(;^^)。


 ああやっぱり、なんか、まとまりがないですね・・・orz。



 では、次はゲーム別に・・・。


<GITADORA(ドラム)>

 今、やってるゲームの中で一番熱いゲームです。
最寄のラウンドワンがお得な設定で、かつ、技術的にいろいろと
しっかりと楽しめるメドが立ってきてるので。


 きっかけは前作の末期、解禁イベントやってるのと、
スキル上げに、ぼちぼち高めのレベルもやっとこか、と、
Lv6台をエキストラに、というのをしこしこやってて、
その中に、曲は大好物ですが、グラフでレフトペダルが多くて尻込みしてた
”お米のおいしい炊き方。お米を食べることによるその効果”
の黄色譜面(6.00)があって、それに手を出した時です。
 その譜面は、普通の速さの左右ペダルの交互押し(dkdk)が
随所にでてくる、というもので、初見でも、しっかりと、”右スタートで交互”と
意識すれば、汚くはありましたが、なんとかなってくれたのです。 
 これに感動して、この譜面を軸に、左右ペダルから叩き方から、
もう一度基本をやりなおそう、と、もう、ひたすらプレイしまくりました。

Cocolog140429okomefc

 もう、結果、つない(フルコンボして)でもやってます( ´∀`)。
・・・や、まさかつなげるとは、思ってませんでしたので嬉しかったですよー。


 それと、とどめの”目覚め”は、
”野球の遊び方 そしてその歴史”の赤譜面を
なんとかひっかけてクリアできたことでした。



 おかげで、左ペダルの出来がだいぶ良くなってきて、
全体的にも良くなってきて、今は、もう少し、Lv7台の物量とテクニカルさに
慣れようとしているのが中心になっています。


 今後、もっと楽しくプレイできるようになるための下積み期間みたいなもの
なので、出来る間は、できるだけ、優先してやっていきたいです。



<bmIIDX>

 上に書いたように、こちらにも値上げの波がやってきました。
シリーズの途中でも容赦なく・・・。一曲一曲を大事にしていきたいです。

 値上げ前に、満復活や今までのSPADA LEGGENDARIAといった
こなしておきたいイベントは終わらせたし、あとは、クプローグを
ぼちぼち進めていく感じです。あと5クレぐらいでLAST DANCEができそうです。
早くやりたい(><)。

 そんなクプローグも、4月30日から、新しいマップが出るらしいです。
値上げ早々ですね('A`)。あくまで、出来る範囲で進めていきたいと
おもっています。ぶっちゃけ、そんなに魅力的なイベントに思えませんし。


 今作”SPADA”になって、雰囲気は結構好きです( ´∀`)。
さらに、シングルとダブルが1プレイの中で切り替えできるように
なったのは、むっちゃ大きいです。 

 曲としては、満復活の二曲をはじめ、Funny shuffle、Element of SPADA、
DARK LEGACY、INSOMUNIAの猫叉Master氏が絡む曲に、
公式HPの曲紹介から”にじゅういちのまえ”と読ませるらしいw、
廿(※一般的には”にじゅう”、筐体の電光掲示も”TWENTY”)も、
おもしろい曲で気に入っています。
 そして、IIDXにも、アルストロメリアが来てくれたのも嬉しいです(^-^)。




<GITADORA(ギター)>
Cocolog1404hitotubunonamida
 OverDriveになって、解禁する新曲の最初にきた”一粒のナミダ”が
曲もバナーもむちゃくちゃ好きで、なんとか、全部の譜面にクリアマークを
つけました。特にギターの赤譜面はちょっと粘着してプレイして、
クリアした次のプレイでは、すこしだけ指の動きが良くなった気がしました。

140305drumodfullcombo Cocolog140305guiterodfullcombo1 Cocolog140305guiterodfullcombo2
 Over Driveになった、といえば、フルコンボにちょっとした
演出が増えました。背景のシルエットになってる女性キャラが
ギタドラ1人ずつの合計2人と、さらにギターには男性キャラが
ちゃんとした絵になって出てくるようになったことです。
 こういうの演出が増えるのは、やっぱ嬉しいもんですね(^-^)。


 プレイ頻度はドラムに押され勝ちなのは相変わらずですが、
こちらもそれなりに楽しみたいと思っています。



<ダンエボ>

Cocolog140429danevolv100
 以前、いっぱいプレイしていた分もあり、クラス100までは来ましたが、
このごろ全然できていません。やりたいことはいっぱいあるんですが、
追いつけんようになってorz。
 それにしても、TVに出たりしたからか、プレイヤーは増えてきましたね。
それは良いことだと思います(^ー^)。





<BEMANIスタジアム>

 現在開催中のコナミ音ゲープラスアルファーの連動イベント。
これはちょっと前に完走しました。(いらない曲の解禁はしてませんが)

 曲としては、

”Stella Sinistra(ステラ シニストラ)”
”野球の遊び方 そしてその歴史~決定版~”
”デッドボヲルdeホームラン”
”squeeze”(特にギタドラver)
”IX(ナイン)”

が特に気に入っています。


Cocolog140429beanibb2
 そして、少年リップルズがギタドラに移殖されたことは、
本当に待望だったので、このイベントで一番嬉しかったです( ´∀`)。


 カードも全種類全バージョン集まって、今は各カードをLv30に
することと、対外試合をちょこちょこするぐらいです。

Cocolog140429beanibb1
 このイベントをするのにチーム名をつけるのですが、
対外試合をすると、ほかのプレイヤーのチームとの
対戦となるのですが、結構、”リトルバスターズ”が
多いのはニヤッときました。2チーム一緒に対戦者リストに
来てたこともありましたしw。やるなぁリトルバスターズw。


 とりあえず、特筆できそうなのは、この辺ですね。


 それと、リフレクビートで新作の”groovin'!!”のロケテスト
5月2日~6日に各地で行われます。そこでプレイすると、
ロケテスト期間中に、現在稼働している”colette”でも
ロケテスト新曲がプレイできるようになる、とのことです。
 

 以上、こんなところでしょうか。
案の定、肝心な所でまとまりに欠けましたが;、
まぁ、これからも、以前のようにいかなくとも、
できるだけ楽しくできるようにしていきたいものです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今期見たいアニメと前期以前見たアニメ雑感@2014.4

 前回(1月分)書けずに、なお今期も今更ですが;、
自分用メモみたいなもんなので、まぁええかw。
 というわけで、今期見たいアニメと、前期以前のアニメの雑感
などを書いときます。


 まずは今期見たいと思ってる作品。


<月曜日>
一週間フレンズ


<火曜日>
モテ福(アニメじゃないですが;)
ソウルイーターノット


<木曜日>
アイカツ
たまごっち
ポケモン
ご注文はうさぎですか


<金曜日>
妖怪ウォッチ


<土曜日>
ニセコイ


<日曜日>
プリキュア
ハイキュー
彼女がフラグをおられたら



 前回、見たいものが多くて、未だに全然見られてないものが
あるので、なるべく少なく、と考えたのですが、あんま変わってない
感じで・・・;。まぁ、とりあえずチェックだけしとこか、というぐらいの
気持ちで見ていきたいと思っています。


 そんな中でも中心は、原作を読んでいた”彼女がフラグをおられたら”
(がをられ)と、ストーリーから”一週間フレンズ”です。

 あとは、名作からの新機軸作品”ソウルイーターノット”、
かわいい枠の”ごちうさ”、村瀬歩さん枠wで”ハイキュー”と
いう感じで見ていきたいと思ってます。


 がをられは思ったよりも絵が可愛い方向になりましたw。
凛なんか最初誰か分かりませんでしたし(;^^)。
 まだ1話だけですが、話の流れも見せ方も良い感じやな、と
思いました。
 ただ、美森=田村ゆかりさんは、今の所、
ものすごく合ってなさ過ぎて困るレベルです;。
 かわいすぎて違うorz。くるみ子とかお菊ねぇとか
他に、もっと合うキャラは居るはずなんですが・・・。



 一週間フレンズはトイレイモンドや湯飲みのみっくんなどで
”モテ福”にちょこちょこ出演されている山谷祥生さんが主人公役。
 聞いてみて、とてもぴったりで良かったですし、
お話が純粋に面白いので、楽しみに見ていきたいです。


 ソウルイーターノットは、話の内容からか、
ソウルイーターの時から若干、やわらかくなった感じがしました。
 初代とはまた違った感じで楽しめそうです。マカやソウルが
しょっぱなから出てきてくれたのもよかったです。声も同じですし。


 ハイキューは、作品は全然知りませんが、
”モテ福”でトイレイチェルや湯飲みのゆっくん、
スリッパのアユムなど、可愛い声で多数のキャラを
あやつる村瀬歩さんが主人公をする、とのことだけで、
見ることを決めました。
 CMを見る限り、モテ福では聞けない、
かっこいい少年系なので、楽しみです(^^)。

 ・・・見てから追記。思ってたより入りやすく、
おもしろくて、十分最後まで楽しめそうな、良い感じです(^^)。



Cocolog140421chao20145
 最後に、月刊少女漫画のちゃお2014年5月号の
付録のDVDにて、同誌連載のヒット作品、”12歳。”
のアニメがスタート。
 二代目ヒロインの花日のシリーズが今回の内容ですね。
その花日の声は加隈亜衣さん。げんしけんの波戸くん
(女声の方)やゲームのアイカツのマイキャラのうちの
一タイプのキャラなどをされている方で、
花日にぴったりの声で良かったです( ´∀`)。

 独特の味がある名作が原作なので、原作クラッシャーになるかも、
という不安もありましたが、一話目を見る範囲では、そうならなさそうで、
(まぁ、花日の彼氏になる高尾くんの名字の呼び方のアクセントが
違和感ありありなのは、ちょっと気になる点でしたが;^^)
とりあえず安心しました(^^)。今後も、できるだけ追いかけて、
楽しく見たいと思っています。
 

 余談ですが、この12歳の作者のまいた菜穂氏の別作品を
単行本で読みましたが、この人の作品は、12歳に限らず、
いろいろ読んだら、より深みが出ておもしろいな、と
思いました。や、誰の作品でも当たり前なんですが、この人は特に。
 キャラの書き分けも、12歳一作品より深いし、
思ったよりも新しい面を見ることができて、おおっ、と思いました。 
 一過性のヒットメーカーで終わる人では無さそうです。


 前期からやってる分では、まずはプリキュア。今回は”ハピネスチャージ”
ということで、メイン役のめぐみは、まさかの中島愛さん!
 まさか、中島さんのプリキュアをみることになろうとは・・・。
それがまた合ってるんでw、見過ごせない感じです。
 内容的にも、キュアハニーの出し方を始め、
かなり面白く感じられます。もはや、二番手の”ハトプリ”とどっちが
おもろいか、という感じですw。


 オールスターズのラストである今春の映画も、NewStageのゲストキャラを
うまく絡ませたのもよかったですが、NewStageを通しての
”勇気を出させる”というテーマに沿ったお話も良かったです( ´∀`)。
Cocolog140421precureprogram
 ・・・でも、パンフレットを見ると、声の出演欄がおもっくそ略されてたのと、
メインゲストの女の子(奈美)の声がキャラの年齢をかい離する程に
酷くて苦笑いするレベルだったのが残念でした(;^^)。

 なんかこう、オウム真理教制作の”天耳通”というアニメ作品にでてくる
出家しようとする信者のお父さん(上のリンクの動画の10分7秒に初登場)
の声を思い出すレベルのギャップでしたw。



 ”妖怪ウォッチ”は甥っ子がハマってるので、つられて見始めました。
”イナイレ”、”ダンボール戦記”など、コロコロ系少年漫画に強い
レベルファイブ作品、というのもありますが、面白く見られています。
 とくにコマさんがかわいすぎて(*´∀`)。声が遠藤綾さん、
というのももんげーびっくりしたものです。声幅の広さがもんげー!
 ”らきすた”のみゆきさん→”マクロスF”のシェリル程じゃないですが
もんげー驚きました。しかも弟のコマじろうもやってはる、というのも
もんげーw。
 主人公が戸松遥さん、というのも、少年声は初めて聞いたので、
新鮮でした。


 ”たまごっち”は、いよいよオールスター+新キャラな展開に。
雰囲気的になんか目新しいことをしないといけなさそうでしたし、
なにより、初代のキャラ達が出ることを望んでいたファンは
多そうですし、良い方針だと思います( ´∀`)。
 ひめスペも帰ってくるのでイケメンまめっちも復活しますし、
ゆめキラコンビも帰ってくるのも楽しみ。
 前のシリーズは、みらくるやまめっち達とスマートっち達との
関係(?)の描き方がとても面白く見られて良かったです。
 あと、”きゃんでぃぱくぱく”って名前にびっくり。
元ネタは分かりますが、勢いありすぎでww。
 きゃんでぃぱくぱくするー?


 ポケモンでは、メガシンカをテーマにしたストーリーが
別に作られていくようで、ゆくゆくは、サトシ達に合流する
流れになるでしょうか。そういう話の進め方は、新しい発想で、
面白くて良いなぁ、と思います(^^)。
 今夏の映画は”破壊の繭とディアンシー”。イベルタルと
今作の幻枠の1発目のディアンシーが軸になる感じですね。
 ネタばれ画像を見たとき、ディアンシーは全体的に
いろいろ物足りない感じがしましたが、公式に出たものを見ると、
全然イメージと違ってて良かったなぁ、と思いました。
 今の幻ネタばれの残り2キャラも、そんな感じになるかも
知れません。
 前売り券も発売中。特典はゴーストダイブを覚えたダークライですか。
個人的には、ダークライ自体、ホワイトに10匹ぐらい居るのでw、
一体もらって厳選できればいいですわ。
 もしマナフィだったら、2枚行ってたかもしれませんでした。



 さて、ここからは、
前期以前の作品の雑感を。


 前期以前は、とにかく、”キルラキル”がぶちぬけて良かったです。
思ったよりもずっと楽しめました( ´∀`)。
 グレンラガンの時もスピード感と力強さあふれる出来だったのですが、
今回は、もう、一切の無駄が無しで、適度なお遊びも入り、難しそうな話も
もの凄く分かりやすく、あれよあれよと話が進んでいくすごさが
もう関心させられるレベルでした。
 キャラも魅力的なキャラばかりでした。そんな中で一推しは、
個人的な好みでマコなのですが、流子、鮮血はもちろん、
皐月、蒲郡・・・本当、良かったです( ´∀`)。


 まだ見終えていない2クール組の”凪のあすから”も
おもしろいです。冬眠とか、ここまで大きな話になるとは
思ってなかったんですが、面白いので良いです( ´∀`)。
 そして、これは、かなり、雰囲気が大事にされてるなー、と
思いました。世界観がそうさせてても、ここまでされたら優秀です。



 さて、前期では、それに次いで、”いなりこんこん恋いろは”が
どツボでした。お話の雰囲気も流れもとても好きでしたし、
なにより、いなりが可愛すぎて・・・。
 10話でおあずけ、しかも、いなりが、うか様に神通力を
返した所でおわり、という、おあずけ感は、ひどい仕打ちなレベルです;。 
 まぁ、原作を読めば良いのでしょうが。読みたい、ってのもありますが、
できれば二期やってほしいなぁ。


 ”ズヴィズダー”も、軽めにチェックするつもりが、
かなりおもしろく見られました。ただ、もう1クールできてたら、
もっとおもしろくできたのでは、とも思います。


 生徒会役員共の新作も、楽しくみられてます。
”スズヘッド”な書き文字のバージョンアップが
目立ちますが、基本的に良い意味で大きく変わって
なかったのも良かったです。


 ”桜Trick”はあんまり見られてないのですが;、
ふんわり楽しめてます。あと太もも萌えw。


 ”未確認で進行形”もベタなラブコメながら、
代表3キャラがうまく絡まって、楽しく見ています。
 CMのおもしろさは、最近では抜群ですw。
ゆるゆりの時から思ってましたが、一迅社は、
毎回、気合い入れてますねw。 


 ”のうりん”もまだまだ途中をみきれてませんが、
思ったより強烈な内容でw、おもしろいです。ベッキー最強ww。
 そして、農業系ならではのネタを、わかりやすく
やっていってくれたのも、面白くみられてるところです。
 


 ”咲”と”中二病でも恋がしたい”もチェックはしてますが、
まだ、ほぼ見られてないので;、名前を挙げるまでにしときます。


 もうDVDが出てるぐらいに遅れましたが(;^^)、
去年秋の”まどかマギカ”の劇場版は、
最後の方の衝撃シーン含め、ただひたすらに圧倒されてました。
 ありゃあ続きが欲しいですわ。


 とりあえず、こんなかんじでしょうか。
前々期のぶんは、また思い出したら書きます(;^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェリオのブレインパワー


 最近、チェリオでコーラを置いてくれる所が増えたので
良い感じです(^^)。

 そして、クサレ増税後もお値段据え置き
(これはチェリオに限らず100円販売機は皆です)
なのは、本当にありがたいですm(__)m。
 

 今回は、ちょうど先月ぐらいに新発売になった
”BRAIN POWER”の感想です。
Cocolog140319brainpower
 なんかこう、いつものエネルギー系のクセのある味に、
甘味がついた、という感じに思いました。
 もっとなんかあると思ったんですが(;^^)。パッケージイラスト的にも。

 これやったら、ジャングルマンにいくかなぁ、と、
俺は思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園でダイヤのA@2014



 最近の春の選抜高校野球大会で、毎年恒例になった、
週刊少年マガジン連載の大ヒット野球漫画”ダイヤのA”の
甲子園でのCMですが、今年も、もちろん、ありました。
Cocolog140330diaa0
 今回は、球場と球場の駅の間のCMの絵柄が
二種類でした。


Cocolog140330diaa1 Cocolog140330diaa2
 三人の分は新しいですかね?

 

 
 

 次は駅の中へ。
Cocolog140330diaa3
 まずは、改札入ってすぐの所。

Cocolog140330diaa4
 ホームに上がって、臨時の出口のところ。
ここは、なかなか行って撮るチャンスがないですね(;^^)。

Cocolog140330diaa5 Cocolog140330diaa6 Cocolog140330diaa7


Cocolog140330diaa8 Cocolog140330diaa9
 ホームの個別のCMは5種類。
阿部選手のコメントが目新しかったと思いました。
 やはり、捕手というポジションは、いろんな面で
”策士”になると思いますしね。

 今年はアニメ化してから初めての甲子園CMだったので、
アニメ絵のものもあるかな、と思ってましたが、
文言だけでした(;^^)。
 原作のインパクトと、とっつきやすさには
敵わないな、と俺は思ってるので、
俺としては、このままで行った方が良いかな、
と、ぶっちゃけ、思います。

 
 
 以上、ダイヤのAの今年の選抜での
甲子園CMについてでした。

 

Cocolog140330koshien1 Cocolog140330koshien21

 その甲子園、駅の改装と同時にいろいろと変わってきています。
一番目立つのが、駅から球場への道に屋根がついたところ
でしょうか。この日、おりてからびっくりしたし;。
 雨の日や日照りがひどい日などは便利になりますが、
やはり、なんかこう、甲子園のひとつの風情が失われたような
気もしました。
 ・・・まぁ、しゃあないですわね。
良いように変わっていってくれることを祈りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年・第86回選抜高校野球大会感想

 今年の春の高校野球、86回選抜大会が、先日、
龍谷大平安の初優勝で幕を閉じました。


 平安は前評判通りの強さを見せてくれました。
投手層が厚く、攻撃は力強く、スケールの大きい好チームでした。


 平安おめでとう!


 準優勝は、同じ近畿の履正社(りせいしゃ)。
ここも、溝田ー永谷両投手を中心としたレベルの高い投手陣に、
どこからでもビッグイニングをつくることができそうな予感を
させる強力打線が印象に残りました。



 決勝戦は、この二校の近畿勢対決、さらに、秋の近畿大会の
準決勝と同じカードになりました。


 総合的に見て、とても良い決勝戦でしたが、特に、8回裏の
履正社1アウト満塁で、さらに、守る方から見れば、ボールカウントも
悪い場面で、平安のエースナンバーの中田投手が登場し、
究極のピンチを無失点でしのぐ、という場面は、
ほんまにヒリつきました。すげぇ、としか言いようがありません。
 そして9回の河合キャプテンの追撃の2ランホームラン、
というあたりは、平安の”気持ち”というものがよく感じられました。
 6-2と4点差ついてますが、実際は1点差にも満たない
差だと思います。


 平安の原田監督は、インタビューで、よく、”一番の平安ファン”と
言ってらしたので、監督として、だけでなく、本当に、思い入れが
強いチームを、初めての春のナンバーワンに導いた、というのは、
喜びもひとしおだと思いますし、改めて立派だと思います。
 次は、平安史上初の”春夏連覇”への挑戦へと続くことでしょう。


 ・・・それにしても、平安の応援でチャンスに流れる曲が、
”あやしい曲”とか言われてたのは、ちょっとアレでした(;^^)。
 俺は、立派にかっこいい平安のチャンステーマだと、
ずっと思ってたんで。



 大会総合的にみたら、今回は、とてもおもしろい大会だったと
思います。競った展開も”延長戦8試合”が示すように多かったし、
選手個々の窮地でのメンタルの強さ、というのも目立って、
見てて良かったです。
 特に決勝2校に、豊川、明徳といったあたりに、
そんな好チームな印象を受けました。


 豊川すごかったですねー。明治神宮の2強を倒して4強ですし。
投打にレベルが高いだけでなく、ファインプレイも良く見られました。
田中投手に続く投手層ができれば、本当、夏が楽しみになります。


 それと、例年に比べ、前評判が高かった選手が、
しっかりと活躍できてた、という点も、良かったです。


 良かった試合、といえば、延長になった試合は、どれも良かったですが、
その中から、智弁和歌山ー明徳、豊川ー日本文理、新庄ー桐生第一に、
決勝を加えたあたりが、特に良く、この中からベストは
・・・選びにくいので、ここまでに(;^^)。


 最後に、21世紀枠勢。小山台と大島は、結果的に、今大会の
決勝2校と当たったことになったのは、やはり不運でしたが、
よく頑張ってたと思います。特に大島は中盤まで、平安と五分の試合を
展開し、打つ方も、よく打ち、伸びしろを感じさせられました。
 夏は鹿児島大会を勝ち切って、出てきてほしいものです( ´∀`)。

 海南は、あともう少しの所での敗退・・・。甲子園の魔物のいたずらが
ひどかったですが;、エースが怪我で出られない中でも、
一般枠に負けないレベルのチーム力があることを見せてくれました。


 以上、こんな感じで、今大会は、とても楽しめた大会だったと思います。


 が、ただ、大会運営について、新庄ー桐一の再試合からの
日程が容赦なかったのが気にかかりました。早めに始まってるし、
雨で一日しか流れなかったのに、そんなに急ぐ必要があったのでしょうか。
 せっかく作った休養日もありませんでしたし・・・;。”大人の傲慢”が
高校生である選手たちに悪い影響を与えないようにしていってほしいものです。

 高校野球は、もう、春の地区大会が始まっています。

 秋に県大会もムリだった我が母校の育英も、
ひと冬越えて、たくましいところを、
試合結果でみせてくれて、嬉しい限りです。

 まぁ、母校に限らずに;、
これからは、そっちがおもしろくなるところですね( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »