« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2014年高校野球、第86回選抜出場校ご勝手予想

 各地区の高校野球の秋季大会が終了し、
その各地区の優勝校が集って行われる明治神宮大会も、
沖縄尚学の優勝で幕を閉じ、高校野球はオフシーズンに
入りました。
 やー、決勝の沖尚ー日本文理はすごい試合になりましたねぇ;。


 この記事では、秋季大会の結果をもとに、
来春の甲子園、第86回選抜大会の出場校を
個人的に予想してみたいと思います。
 あくまで個人的予想なので、その辺はご了承願います(;^^)。



<北海道>

・駒大苫小牧



 優勝した駒大苫小牧が久しぶりの出場となりそうですね。
準優勝は札幌大谷。今年夏の代表校の帯広大谷といい、
北海道は大谷勢がノってますねー。この機会に、稚内の大谷も
そろそろでてきてほしいなぁ、と、個人的に思います(;^^)。





<東北>

・八戸学院光星(青森)
・東陵(宮城)



 光星学院が校名変更した八戸学院光星が優勝。
青森山田・花巻東といったライバル校には苦戦しましたが、
相変わらず力強い感じの好チームみたいですね。
 去年の光星学院で活躍した、現阪神の北條選手の弟さんが
トップバッターとして引っ張る打線は楽しみの一つです。

 ずっとあと一歩のところで届かない、ということが続いた
宮城気仙沼の東陵が準優勝。決勝は大差負け、と、
印象は少し弱めですが、光星を青森大会で破った青森山田に
勝つなどして勝ち上がってきた力は十分評価できるのでは
ないでしょうか。
 東日本大震災で甚大な被害を受けた気仙沼にある学校、
という点でも、ぜひ、出場して活躍し、郷土を盛り上げて欲しいと
切に願います。

 準決勝で光星に惜敗の花巻東も比較対象になると思います。
 しかし、今夏の甲子園でもありましたが、
新チームでも、光星戦で注意を受けることがあったようなので、
その点が品位も問われる”選抜大会”としてはどう響くか。




<関東>


・白鴎大足利(はくおうだいあしかが・栃木)
・桐生第一(群馬)
・山梨学院大付(山梨)
・佐野日大(栃木)
・習志野(千葉)




 栃木は二位ながらも、しっかり勝ち上がった白鴎大足利が
初優勝。こないだ、夏の甲子園に出てから、順調に力が
ついてきてますね。

 その他ベスト4は甲子園の常連校が名を連ね、
ここまでは順当に選ばれることと思われます。

 関東5校目、となれば、優勝した白鴎大足利に
敗れた習志野が有利、と見ます。
 南関東、ベスト8、県一位、といえば、もう一つ、
横浜がいますが、勝ち上がったチームの成績から、
習志野が一歩リードしてるかな、と思いました。

 東京2つめの二松学舎大付との比較については、
個人的には、二松学舎大付の方が実力的に楽しみなのですが、
”南関東ゼロ”の地域性に勝てるか、と言われれば、
すこし微妙な気がしますので;、ここは習志野とみてみます。

 しっっっっっかしぃー、茨城の霞ヶ浦は、またもや、
ほんっっまに惜しいですなぁ(><)。もどかしすぎます;。




<東京>


・関東一高



 優勝した関東一高で東京は決まりかと思います。
強い時は強く、時には接戦も勝ち抜き、
明治神宮大会の沖縄尚学戦では、終盤まで好勝負をすると
いう、なかなかの好チームな印象があります。

 決勝で惜敗した二松学舎大付も選抜出場にふさわしい
好チームな感じがしました。準決勝の日大三高戦では、
集中打がでて、今まで勝てなかった相手に勝利したり、
決勝も接戦、と、印象は良いものを持っています。

 ただ、惜しいですが、関東の欄にも書きましたが、
最後の枠は、地域性で関東に行きそうな感じがします。
 あと、好印象、といえば、都大会ベスト8の都立の小山台も
甲子園で見てみたいなぁ、と思いました。21枠とかどうかなぁ(;^^)。 




<東海>


・三重(三重)
・豊川(愛知)



 決勝二校でいけそうに見えます。

 三重高もひとつひとつ粘り強く勝って優勝、という印象がありますが、
豊川は、甲子園経験の強豪続きのなか、愛知大会、東海大会ともに
決勝は敗れたものの、力強く勝って来てるなぁ、と思いました。

 豊川も甲子園に手が届きそうで届かないことが結構あったように
思うので、甲子園での活躍を期待したいです。



<北信越>


・日本文理(新潟)
・東海大三(長野)



 決勝二校でいけそうに見えます。

 文理は信越クラスなら、上位安定になってきましたね。
もうそろそろ、全国でも名前負けなどしてられないですね。
 打線はとても力強いと思うので、明治神宮の決勝で、
大差をひっくり返された時に”足りなかったもの”を
このひと冬で克服してきてほしいですね。


 東海大三高は久しぶりの甲子園ですか。
ここも粘り強い感じのいいチームだと感じます。
 最近の長野は、様々な顔ぶれが見られて良い感じです( ´∀`)。



<近畿>


・龍谷大平安(京都)
・智弁和歌山(和歌山)
・履正社(りせいしゃ・大阪)
・報徳学園(兵庫)
・智弁学園(奈良)
・福知山成美(ふくちやませいび・京都)



 報徳がコールド敗退したものの、ベスト4は大丈夫でしょうね。
平安には総合力の高さ、智弁和歌山には打線の力強さが
好印象に残りました。平安相手に良い勝負をした履正社、
智弁学園も良い感じだと思います。
 智弁学園は投打の中心になる岡本選手が注目選手ですね。
 報徳は福知山成美に接戦勝ちしたものの、
準決勝では、8点とりながら、智弁の強力打線の前に16失点で
コールド負け、兵庫では相変わらず安定した強さを見せますが、
これで全国でどこまでやっていけるか・・・。


 最後の一校は、ベスト8の福知山成美、
三田松聖(さんだしょうせい)、初戦敗退ながら
海南(和歌山)まで含めての比較がなされそうな
気がします。

 個人的には、初戦敗退でも、履正社相手に接戦負けで、
好投手の岡本投手を擁した好チームであるという点で
海南を推したいところです。
 しかし、実際は、同じ和歌山の智弁和歌山が準優勝と
いうことで地域性でも苦しそう、ということも含めて、
やはりベスト8から、ということになるのではないでしょうか。
 さらに海南は、21世紀枠の県推薦に来ているので、
そっちの線も十分ありそうですし。

 そのベスト8、まず、智弁和歌山にコールド負けの
奈良大付属が落選し、履正社に0-5負けも、初戦コールド勝ちの
初出場・三田松聖と報徳に接戦負けの福知山成美の比較に。

 初出場で初戦コールド勝ち、という点を評価して、
期待枠的な決め方になれば、三田松聖、というせんも
あると思うのですが、実際は手堅く福知山成美になるのでは
ないでしょうかね。

 福知山成美は京都決勝で平安に負けても10-5という
ある程度、点を取り合っての負け、近畿では一勝して8強、
となれば、惜敗相手の報徳がコールド負けしてても、
そう悪く見えない気がします。

 三田松聖は、兵庫の決勝で大差負け、
近畿で初戦コールド勝利でも、履正社に完敗、
兵庫で大差負けした報徳はベスト4で準優勝校に
コールド負け、というところも含めて、ちょっと難しい気がします;。
 例年、いろんな見方ができる近畿6校目、今回ははてさて?!




<中国>


・岩国(山口)
・広島新庄(広島)



 決勝二校は確定ではないでしょうか。
 近年よく目立ってきている新庄が甲子園で見られるのは
とても楽しみです。岩国も立派になって・・・。

 3校目は成績よりも地域性をとって、倉敷商業(岡山)かなぁ、と
考えますが、四国の明徳との比較では、成績が響いて、
結局は明徳になるではないかな、と思います。




<四国>


・今治西(愛媛)
・池田(徳島)
・明徳義塾(高知)



 今治西が強い勝ち方で優勝。
決勝は大差がついたものの、池田も大丈夫だと思いますが、
21枠の県の推薦を受けたのは、なにかトリッキーな選び方が
あるような気もします(;^^)。

 3校目は、準決勝で今治西に0-4で敗退ながら、
夏も活躍した全国注目の岸投手を中心に、選手層の良さで、
チーム評価は落ちすぎないと思われる明徳が一歩リードでしょうか。
 中国3番手との比較にも、上回ることができるのではないかな、と
思います。




<九州>


・沖縄尚学(沖縄)
・美里工業(沖縄)
・鎮西(ちんぜい・熊本)
・神村学園(鹿児島)


<神宮枠>

・創成館(長崎)




 沖縄勢は今年は豊作っぽいですねー。沖縄尚学と美里工業が
県と九州の決勝で1勝1敗ということで、高いレベルで同レベルの
両校は文句なしでしょうし、ベスト4の両校も大丈夫だと思います。
 沖縄の2校は甲子園でも楽しみですね。また、久しぶりの鎮西も、
個人的には楽しみです。

 沖縄尚学が秋の日本一になったので、神宮枠は九州が獲得しました。
神宮枠については、準々決勝で美里工業と接戦をした創成館が
一歩リードかな、と思います。長崎大会をよい勝ちっぷりで
優勝したのも、個人的に良い感じやな、と思いました。

 神宮枠が来るので、21枠は微妙な感じだと思いますが、
後半は強豪校との連戦をしながらも熊本を制した多良木(たらぎ)も
できれば甲子園で見てみたいチームです。


 以上、21世紀枠の他の出場校予想をしてみました。


 21枠については、やはりよくわかりませんが、
県の推薦校が決まった中
( 高校野球ドットコムさんの該当ページ )で、
個人的には、小山台、伊勢、海南、多良木といった所は
見てみたいなぁ、と思います。 


 追記。21世紀枠の地区推薦校が、後日決まりました。

北海道:天塩(てしお)
東北:角館(かくのだて・秋田)
関東・東京:小山台
東海:伊勢(いせ・三重)
北信越:長野西(長野)
近畿:海南(和歌山)
中国:大東(だいとう・島根)
四国:坂出(香川)
九州:大島(鹿児島)


 個人的に一番良さそうな雰囲気がするのは
海南だと思います。
 智弁和歌山・履正社と接戦するなど成績も良いし、
好投手もいる、甲子園の伝統校というのもよさげです。


 次点候補としては、角館、小山台、大島、坂出、伊勢と
いったあたりでしょうか。

 小山台の東京は21枠選出もそうですが、都立校の選抜出場は
今までない、とのことです。以前、日野高校が惜しい所までいったんですが・・・。

 角館は、積雪ハンデがあるなかで、県大会優勝、東北大会で1つ勝ち、
さらに、東北準優勝の東陵に好ゲームで惜敗する、といった活躍をしたり、
学校統合の予定があるなどのポイントがありますね。

 熊本の多良木を押しのけて選出された離島ハンデの大島、
公立校が香川の強敵私学を連破し、四国大会優勝校に善戦した坂出、
進学校ながら東海大会に出場する健闘をした伊勢の東海地区は
21枠が今まで1回しか来ていないのでそろそろ・・・

と、選出ポイントを持ってる学校がいるので、
個人的には、ここに挙げたところは、どこが選ばれても
おかしくないな、と思います。

 そんな中、あえて個人的に予想するとしたら、
海南、角館、伊勢、という感じになるでしょうか。

 前にも書いたように、小山台も見てみたい気がするのですが、
一番、しっくりくる、となれば、この3校かな、と思うので・・・。

 まぁ、予想はしましたが、絶対とは、決して言えませんw。
選抜出場校選考を楽しみにしたいですね( ´∀`)。


 来年1月24日に選抜選考が行われ、
出場校が決まります。
 選ばれるのはどこになるのか、楽しみにしたいですね。




 あんまり関係ないですが、高校野球関係なので、
最後に母校の育英の秋季大会について。
ブロック大会にて、公立2校に敗退し、県大会も無理でした。
 かなり辛い結果だと思いますが、春に向けての建て直しを
期待したいです(`・ω・´)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまごっちPsのイベントなど@13.11.23

 11月23日から、たまごっちPs関係のイベントが行われています。
っても、Psを買ってどうたら、というものですが。

 まず、Psをかうと、たまデコピアスがもらえる、というくじ。
もらえるピアスは、くじで決まるみたいですね。

 さらに、Psを買う時に、既に持っているiD・iDLを持って行って
店員さんに見せると、船橋のご当地キャラの”ふなっしー”と
コラボしたシールがもらます。
 ふなっしーがたまごっちの”宣伝大使”ですかぁ~。

 なお、そのシールには、ふなっしーが梨をキャッチする
”ふなっしーゲーム”が、携帯サイトを通じてもらうための
パスワードが書いてあります。
(ヒントはイベント告知ページのふなっしーの写真にありw。)
 
 Cocolog131124psfunasshigame
 ふなっしーゲームは、要するにPsステーション春版の
”はなびらキャッチ”のように、左右に落ちてくる梨を
左と真ん中のボタンでキャッチする、というもの。
 ただ、こちらは、”キャッチ!!”という文字が出たら押す、
というものですが、判定が結構、むずかしいかもしれません;。
 文字が出た時の音(することを決定する時の音)が終わりきらない
うちに押す、というぐらいにできたら、いいかもしれません。

※プレイしたのを動画で撮ってみました。 こちら です。


 あとは、たまデコピアスがチェンジものの2つが新発売。
公式ページで衣装の投票をしてました、アニバーサリーverと
ディズニーverです。
 ディズニーは全く興味ないのでいりませんが、
アニバーサリーは余裕ができたらゲットしたいなぁ、と
思っています(^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイカツ2014の1弾のランキングオーディションの俺の結果

 おお日付がすっかり20November・・・。


 アイカツ2014の1弾で11月10日まで行われていた
”ランキングオーディション”というイベント。
 ファン数でクラス分けしてのランキングイベントでした。

Cocolog131118aikatsurankingresult 
 俺は2番目の”人気アイドル”クラスで、
なんとかやっていましたが、結果、91位とギリギリでしたが、
なんとか期間中ベスト100にランクインすることができました♪
 なるべく最後まで粘ったかいがありました(;^^)。


 期間中ランキングに入ることができたら、
WEBで楽しめる賞品がもらえる、とのことで、
昨日からマイページの様子をみていたのですが、
なにもなかったので、さっき、マイページのもようがえを
変えることができるところをみてたら、
131119aikatsutrophy
なんと新しく”盾”が登場!

Cocolog131119aikatsumyroom2
 小物を置くところに置ける盾がひそかにプレゼント
されていましたw。
 ドリームアカデミーのマークが描かれた
銀色の盾です(^-^)。うーん、なんか嬉しいっすねー。
 やーおめでとうゆめみっち♪


 
 ただ、HPのトップやランキングのページや
マイページのキラキラッターで”アイテム来たよ”のお知らせが
あったら、もっと良かったなぁ、と思いました;。


 これで少しの間、ゆったりめのプレイができそうです。
他ゲーが忙しくなるのでありがたいです(;^^)。

 でもまぁ、たまごっちカップも、もうちょいのばしたいなぁ、とも
おもいますし、メインオーディションのVSユリカの2戦目を
クリアしたらもらえる、ミュージックネオンのチケットの
ステージも、もう少ししっかりとやってみたいし、
なにより星座カップがまだですし・・・
と、結構やりたいことがあるんですけどね;。
 いろいろと、うまいことやりくりせねば。


 以上、今回のランキングオーディションについてでした。
アイカツについては、他にも書きたいことがあるのですが、
また改めて書きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

聲(こえ)の形、第1巻発売

 週刊少年マガジンで最近連載が始まった”聲(こえ)の形”の
初刊が15日に発売されました。大今良時氏作です。

Cocolog131115koenokatachi
 とらのあなでは、イラストカードが付いてきてくれました(^-^)。
西宮さん素敵・・・。
 もしかしたら、と思って、覗いてみて良かったです。

 このお話は、クラス屈指のごんたくれの石田くんと、
耳が聞こえず話せないという障害を持つ西宮(にしみや)さんが
軸となって進んでいきます。
 小学生の時、クラスに転入してきた西宮さんを、
石田くんが補聴器をこわしたりするなどして、
いじめたことが発端。その後、西宮さんが転校し、
ふたりは離れることになります。

 成長し、高校三年生になったある日、
石田くんは、いろいろな覚悟をし、
彼女に謝りに会いに行くのですが・・・


・・・というのが、現状のあらすじになりますが、
この二人が、どうなっていくのか、をみていくのが
大きな注目点になります。

 独特の描き方なのも面白いし、
この難しい問題を、どう描いて、展開させていってくれるのか、
俺としては、特に楽しみにしてる作品のひとつです。
 連載のずっと前に、この作品の読み切り版があったのですが、
それを読んだ時から気に入ってました。

 ちなみに、これを読んだときは、作者の大今氏は
絵の描き方などから、男性だと思ってたのですが、
連載が始まった時の”ちょっと盛りました”で登場した時に、
女性だったことが明らかになり、むっちゃ驚きました(;^^)。


 そして、お話も良いのですが、やはり、
西宮さんの可愛らしさがむっちゃ良いです!



 これからどうなるか、今後も楽しみにしてます(^-^)。
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »