« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

今期見たいアニメと前期アニメの雑感@2013.10

 今回も、アニメの改編期がやってきたので、
今期にみたい新作と、前期にみたアニメの雑感を書いときます。

 主な情報は アニメNEW さんから。



 まずは、今期に見たいアニメから。


<月曜日>
・アウトブレイクカンパニー


<火曜日>
・モテ福(アニメじゃないですが;)


<木曜日>
・アイカツ
・たまごっち
・ポケモン
・凪のあすから
・キルラキル


<金曜日>
・のんのんびより


<土曜日>
・物語シリーズ・セカンドシーズン
・リトルバスターズ~Refrain~


<日曜日>
・ドキドキプリキュア
・夜桜四重奏
・マクロスF(再放送)

 今回はなかなかレベルが高そうです。
 その中でも、キルラキル、リトバスリフレインが
楽しみの中心になりそうです。


 ”リトバス”は、前のシリーズもまだ見きれていないのですがorz、
ゲームをやってるためか、結構、中身は分かるので、よかったです。
 恭介のあのポーズであの様子から、
今回は来ケ谷ちゃんシナリオ→リトルバスターズ解散→
事故→沙耶シナリオ(?)って感じの大詰めな流れになるのでしょうか。
 また、西園さんの声優さんが、ゲームと同じ人に戻ったのも
よかったです( ´∀`)。


 ”キルラキル”は、”グレンラガン”のメンバー制作、ということで、
CM見た時から楽しみでした。見てみたら想像以上のスピード感と迫力。
 各種設定もおもしろく、また、声優さんも豪華で、
ものすごく見ごたえがあります(^-^)。


 その他もなかなか良い感じです。


 ”凪のあすから”は”海の中の住人達”というファンタジーながらに
日常感が普通にある点が、結構好きです。お話の展開のしかたも
楽しみです。


 ”のんのんびより”は、田舎の日常がテーマでしょうか。
これもおもしろく見られそうです。


 ”夜桜四重奏(よざくらカルテット)”は、前シリーズは見てないけど、
福圓さんが出るということでw、見ることにしました。
 各々が持つ能力で問題を打開していく、という流れのお話ですが、
こちらも日常感がよく出ていて、好感触で見られそうに思います。


 ちょっと前のマガジンで三森すずこさんのインタビューが
載ってたのを見てw見てみよか、と思った”アウトブレイクカンパニー”
は、”萌え”で異世界(?)と国交をする、というのがテーマで、
設定的にもお話的にも、なかなかおもしろいな、と見ています。
 声優さんも美森さんを始め、渕上舞さんや藤原啓二さんと
いったあたりもいて、なかなか良い布陣です(^-^)。


 再放送が始まる”マクロスF”。何回見ても良い作品なので、
DVDに収めながら、新アニメ達と同じように見ます。


 以上、新番組についてでした。


 以下、前期と続けてみる分の雑感などです。
 前期は、やっぱ”たまゆら”と”ダンガンロンパ”と”げんしけん二代目”
が特に印象強かったのですが、”恋愛ラボ”、”きんいろモザイク”も
おもしろく、”ローゼンメイデン”、”わたモテ”、”超電磁砲”もよかったので、
思ったよりも大豊作だったと思いました( ´∀`)。


 ”たまゆら”は、OVA、前期に続いて、まったり面白かったです。
やっぱこの雰囲気は何度見ても大好きですわー( ´∀`)。 
 新キャラのかなえ先輩も、他キャラに負けず愛らしい絶品キャラでしたw。
 新キャラといえば、写真部の顧問になった下上山(しもかみやま)先生も
この作品にぴったりの良い味をだしていた好キャラでした。

 また、CMで流れていた、次の佐藤順一監督の新作の
”絶滅危愚少女 Amazing Twins”もOVAなのですが、楽しみです。


 ”ダンガンロンパ”は、前期アニメの時にも書きましたが、
独特の濃い世界観をバックに、次々に起こる衝撃の事件、
それを解決していく、というのに魅かれました。
 キャラクター達もアクが強いキャラばかりで良かったです。
なにせ超高校級の方々ですしねw。
 特に冬子(とうこ)=ジェノサイダー翔というのが
面白かったですw。
 ラストは、むっちゃびっくりしました。
希望を捨てない、という意志を貫き通す場面は、
内容も見せ方も、クライマックスにふさわしい
名シーンだったと思いました。 


 また、声優さん的に見たら、冬子と朝日奈さんの
言い合いとか、”ココロ図書館”のいいな姉が愛するこころん(こころ)に
罵声を浴びせてる・・・などと脳内変換してしまって、たまりませんでしたwww。
 それと、終わってみたら、ギャル娘は、
やはり豊口さんが最適役でしたねw。


 そして、なんといっても、やっぱり、モノクマの存在感ww。
声も大山のぶ代さん、ということで、威力倍増しでした!
 アニメでの第二期を、切に願いたい一作でした。



 ”げんしけん二代目”は、原作でコミックスになってるあたりは
ほぼカバーした感じでした。キャラの動きやお話の進み方など、
初代の1,2と同じ感じで見られたのは良かったです。
 最終回で合宿をすることにして、ほんのすこしだけでも、
”荻上問題”解決の大事な場面をみせることができたのも良かったです。

 そこで、やっぱ声が・・・;。新キャラ勢は申し分なかったですが
(てか、神永さんの声に能登さんを持ってくるとは思ってもみなかった;w)
旧キャラが・・・;。まぁ、決して悪くはなかったのですが、
大好きな作品だけに、違和感は最後まで残ってしまいました。
 特に最上級生男子達、更に言えば斑目っち・・・;。



 ”恋愛ラボ”も、各キャラがよく立っていて面白かったです。
みんながみんな見せ場があって良かった( ´∀`)。
 一番面白かったのは、リコが女の子らしくしようとする回でしょうか。
あれのせいで、”アイカツ”のユリカの声を聞くたびに思い出して、
ゲーム・アニメ問わず、笑えそうになりますw。


 ”きんいろモザイク”は絶品癒し系で、ほのぼのとしながら、
笑いもあり、と、思ってたよりもずっとおもしろかったです。
 終始、しのぶがギガキュンすぎでしたw。


 ”ローゼンメイデン”もクオリティがあがり、
世界がパラレルワールドにまで広がりながらも、
前シリーズのよい味を残し、
巻いたジュン、巻かなかったジュンを中心に、見事に
お話が動いて行って、良かったなぁ、と思いました。

 あと、斎藤さんがものすごくまぶしかったですw。



 ”わたしがモテないのは、どう考えてもお前らが悪い”こと
”わたモテ”も、雰囲気こそなんとも”アレ”でしたが;、
大いに爆笑できて良かったですw。

 アニメ終わってからの話になりますが、
もこっちの存在感のおかげで、ポケモンXYに出てくる
オカルト好き女性トレーナーのセリフが
橘田いずみさんの声で再生されてますw。

 もこっちのなにかと不器用なところが気の毒かつ、
惜しいところですね。もうちょいなんですけどね(;^^)。
 また、もこっちを気にする人は、みんなすごいいい人、という点で、
改めて、”悪い子じゃないんやけどなぁ”と思わせてくれます。

 あと、優ちゃんがものすごくまぶしかったですw。



 ”超電磁砲”は、今回も手堅く見られたな、と思います。
前半の悲壮感すら漂う美琴が、仲間たちを頼るようになる、
という気持ちの流れが今回の柱だったと見ましたが、
よい速度、良い感じで表されていてよかったです(^-^)。



 最後に続けてみる分を。


 ”ポケモン”は、ゲーム新シリーズ”XY”が発売、ということで、
アニメもXYシリーズに突入です。
 今回もジムリーダーがお供になりますねー。声優さんも続けて
梶裕貴さんという美男声(^-^)。
 シトロンは、なんでジムリーダーであることを隠しているのか、
というのは、今回最初の気になる所であり、楽しみでもあります。
 ジムリーダー、といえば、前シリーズの最後の番外編の
タケシとデントのお話も、ドリーム感があって良かったです( ´∀`)。




 ”たまごっち”は、9月から”みらくるフレンズ”という新作に。
ゆめキラが残念ながらいなくなってしまい、
メインキャラがみらいっちとくるるっちという未来から来た
双子になりました。(ウォッチリンもいるよ!)

 声優さんが加藤英美里さんと斎藤千和さん、ということで、
もうすぐ映画新作公開の某魔法少女アニメで言う
キュウべぇとほむほむというコンビですねw。

 各色バクっちをめぐって、同じ時代からやってきた
スマートっちもからめて数々のエピソードが、というのが
今シリーズの中心になりそうですが、ちゃんとドリームタウンの
日常的ドタバタも描かれているので、良い感じです( ´∀`)。



 ”アイカツ”も2014年シリーズ、という新シリーズということで、
アニメも新シリーズに。美月があんなことになってる、という
結構穏やかじゃないスタートながらも、
(1年たってる設定ですが)1話目で速攻いちごが帰還したり、と、
なんだかんだでいつもどおりな感じになりそうですね。

 ドリームアカデミー(なんかドリームスクールって言ってしまいそうになる;)
の学園長のティアラさんの声優さんが遠藤綾さん、というのもすごいです。
 別のアニメでは、”銀河の妖精”とよばれる、全宇宙最高峰アイドル
をやってらしただけにw。(しかもそのアニメは、こちらの地方では
再放送開始と来たもんだw。)

 前シリーズの最後の方は、全部、かなりいい感じだったと
思いました( ´∀`)。


 モテ福は、おかみの顔が変わったのは、結構残念でしたが、
数話、今の顔で見てたら、前とは違った中毒性みたいなのが
できたみたいでw、なんか、普通に受け入れてます・・・ってか、
ジワジワきますあの顔w。 
 それと、タキオこと滝口さんが、慣れてきたのかなんなのか、
最近、以前よりも良い感じのテンションを持っていて、
良いなぁ、と思いましたw。
 また、モテ福地蔵の所に、新しくモテ福ネハンがw。
声はまた男前、諏訪部順一さんです(^-^)。

Cocolog131019majilove2000pop
 諏訪部さん、といえば、コナミ音ゲーにうたプリ第二期のED、
”マジLOVE2000%”が登場!
 現在、ポップンとユビートとDANCE EVOLUTIONでプレイできます。
Cocolog131019majilove2000
 ダンエボでは最近入ったので、プレイしてみましたが、
待望の星を描く所が意外に難しかったり(;^^)。
 しかも、アニメEDで、トキヤと真斗がセクシーに腰振る所も
もちろん振り付けとしてあるので、楽しいですけど、
いろいろ結構大変です(;^^)。

  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ポケモンXYについてメモ

<見た目を変える>

 今作では、下画面に出る通信関係のページ、”PSS”を使います。
本体の右側面にある、無線通信(WIRELESS)のスイッチは入れときます。
Cocolog131014pokemonxy1
 まず、PSSを開くと、人との通信関係の画面になると思いますが
それの上の真ん中の白いアイコン
(この画像のピンクの○印で囲んでるところ)
をタッチします。

 すると、交換などのアイコンがでてきますが、
そのページではないので、右に出ている矢印をタッチして
もうひとつのページを出します。
Cocolog131014pokemonxy2
 そのページの中の”MYプロフィール”のアイコンをタッチ。

 すると、プロフィールの設定ができるページになります。
設定したい所をタッチすると、それぞれの内容で出来るようになります。

 さて、見た目変更については、その自分の名前の所をタッチすると、
”みんなにみせるアイコン”という所が出てくるので、
そこをタッチしたら、選ぶことができます。
 アイコンのすきまを横にスライドさせて
好きなアイコンを選んでタッチしたらできあがりです。


<ボックス数は31個>
 ポケモンを置くパソコンのボックス数は、
全部のボックスに一匹ずつでもポケモンを置いていくと、
8個から16個(ぐらい;)になり、次は23個、
最終的には31個まで増えます。
 


<アマルスのタマゴグループ?>

 ポケモンXYのかせきポケモンのヒレの方のアマルス。
メスをもらえたので孵化しよう、とタマゴグループを
考えてました。
 
 BWの攻略本の関連ページをざーっとみてたら、
ズガイドス、タテトプスといった近い存在が
かいじゅうグループだったので、同じかいじゅうグループの
(りくじょうタイプでもありますが)ゴニョニョと預けてみると、うまくいきました。

 だからアマルスは、とりあえず、かいじゅうタイプか、りくじょうタイプ
は、入っていますね。
(りくじょうタイプが含まれるピカチュウとコダックがだめだったので
りくじょうは無さそうです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイカツ2014シリーズ1弾稼働開始!

 アイカツの新弾、そして新シリーズとなる2014シリーズの
一弾が稼働開始しました。
 夜9時ごろに行ったら、一人だけプレイしてただけで、
ゆっくりとプレイできました( ´∀`)。



 9回程プレイしましたが、なんかもう、いろいろとボリュームアップ
していて、第一印象としては、最高のものでした(゚∀゚)。

 新要素として、ドリームアカデミーという新しいグループが
出たり、そこから新キャラも出たり、星座のアピールが増えたり、
新ステージ、イベントなどの新しい場所が出現したり、
ステータス表示のページが変わったり、マイキャラの表情などの
パーツが増えた・・・というあたりが、前からの情報で出ていた
大きな新要素でした。

 前のシリーズまではチームプレイで一緒にやるだけだった
蘭がライバルキャラで登場したり、チームプレイでも、
キャラ固定の場合は、それらのキャラ達のちゃんとしたつながりが
見られる話の内容ができてたりして、キャラ好きな
プレイヤーとしては、”おおっ!”と思わせてくれるところがありました。

 そして、ランキングオーディションでみましたが、
マイキャラが意気込みを語るなどして、より、独立した存在に
なってくれたのも、とてもよかったです( ´∀`)。


 要するに、各キャラの存在感が、より大きくなった、と、
感じるあたりが新しいナイスな要素だと思いました。



 それとゲーム面ですが、なんとアピールレベルが8まで
上がり、8のアピールでは、早押しのボタンが、なんと6つになる、
という点が大きいですね;。あれは押せないことはないですが、
安定してできる、となれば、やはり慣れないと大変かも知れませんね;。 


 また、ゲーム面、というか、ちょっと小さいことですが、
各ステージの始まりに、曲のタイトルが表示されるようになりました。
 しかも、それぞれ文字のデザインが違っていて、
そういうのに萌えを感じる俺としては、結構嬉しい所でしたw。


 マイナス面は・・・今の所、思いつかずです。
まぁ、強いて言えば早押し6個がしんどいな、という所ぐらい(笑)?
 まさに、パワーアップした良作といえましょう( ´∀`)。



 さて、総評はここまでにして、とりあえずプレイした分を
書いてみたいと思います。

 まずは新要素のランキングオーディション。
今回は、今日から11月10日のひと月の間に行われるものです。

 ファン数によって3段階のグループ分けがされます。
俺は615957人の時点で、2番目の”人気アイドル”に入りました。
 その指定のステージでのスコアを競うもの、というイベントですね。

 そのステージのプレイ動画をアップしました。

 上位100人は、期間中、毎日更新される
WEBランキングに登録されます。

 上位進出できれば、ネット(マイルーム?)で使える
賞品がもらえる、とのこと。うーん、上手い人たちが頑張って、
何度も入賞し、それ以外の人が入賞できず終わる、
などの悲劇が起きなければよいのですが・・・(;^^)。
 スコアを伸ばして競い合いたいのは当然でしょうし、
アイテムがもらえない人がでやすくなる、
というのは考えものですし・・・;。なんとかなってほしいところです;。


 また、同じように、2人プレイのスコアも
集計されるようです。(賞品は、無い模様です。)
 
 また、それぞれのオーディションをクリアするだけで
カラーコンタクトがもらえます。
 2人用の方は、両方ともがICカードを持っていなくても、
賞品のカラコンは、ICカードを使った人だけになりますが、
もらえます。


 それと、マップの右はしにある”フリーオーディション”は、
プレイするごとに、いろいろ増えて行っていました。
 プレイ回数か、クリアステージの数か、レベルか、
仲間か、よく分かりませんが;。


 そして、たまごっちとのコラボオーディションも
開催中です!
 曲が、なんとたまごっちの今のアニメのOPですと(゚∀゚)!
まさか、たまごっちの曲でアイカツプレイできるとはw。
 ステージのバックの大きいモニターに、たまごっち達の
活躍が流れる中での舞台です。
 独立した”大会”という感じでやってるだけあって、
前のたまごっち関係のステージに比べれば、
かなり良いものになってくれてるのですが、
やっぱ、舞台のバックでたまごっち達がウロウロと
しててくれたら、良かったなぁ、と思いました。
・・・ぜいたくっすね俺(;^^)。

 振付としては、最後のポーズがなんともww。
 
このステージの3ステージ目のプレイ動画をアップしてます。



 カードの配布もありますね。
 10月12日(土曜日)に、アイカツがある所で
プロモーションカードがもらえるので、なくなるまえに
もらいに行きたいな、と思っています。


 っと、今はとり急ぎ、ここまでにしますが、
また改めて、画像などの追記をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイカツ、スターライトクイーンリボンもらえました

 アイカツ6弾もいよいよ残り約3日。
現在開催されているイベント、スターライトクイーンカップも
明日まで、という時期になってきました。

Cocolog131006aikatsusqc1  Cocolog131006aikatsusqc2
 俺も、前に書いたように、スターライトクイーンカップに
必死こいて参加し、9月の27日に、なんとか
リボンをゲットできました;。


 ゲットの瞬間は動画で撮ってたので、
そのスクリーンショットも入れて貼ってます(;^^)。

Cocolog130930sqcclear1  Cocolog130930sqcclear2  Cocolog130930sqcclear3 Cocolog130930sqcclear4 
 リボンの準備ができてから、貰いに行きます。

Cocolog130930sqcclear5  
 ファンも増えます(^-^)。

Cocolog130930sqcclear6 Cocolog130930sqcclear21
 もらった次のプレイで、名前の所にリボンがつきます。
おめでとう、ゆめみっち!

Cocolog130930sqcclear22
 普通の筐体内ランキングにもちゃんと出てきます。

 リボンをもらえた達成感はすごいし、うれしいですが、
こんなイベント、もうやりたくないわ、と思いました。

 今は、スコア狙いで、もうちょいやっとこう、と思い、
プレイしてるのですが、こうやってのびのびと普通にプレイする
楽しさが改めて分かりますw。

Cocolog130930sqcclear23
 最高得点は91742点でした。90000越えが、
確かこれをいれて3回でした。

 だいたいのスコアが86000点台という感じで、
群を抜いたスコアがでないので、ブーストかけられて
抜かれてしまうのではないか、とイライラしたり、
ぶっちゃけ、抜けないスコアがあったりしたら、
”あーもうジャマやなぁこいつ('A`)”とか思いましたし・・・。
 長いことゲームをやってきて、成績関係で他のプレイヤーに
こんな感情をもったのは初めてでしたわ。
 まぁ、へたっぴならではの自分勝手な思い(エゴ)でも
ありますが。



 さらに、カード切れで稼働終了台が増える、という恐怖と、
これが一番キツいと思われる、一位でその日が終わっても、
台の記録が送信されないという”サーバーエラー”とも
戦わなくてはならないというえげつないものでした。
 俺もあと2回とれたらクリア、というところで食らって、
焦りましたわ;。


 こういうネットワークを介し、一回一回達成が難しい
イベントをするのなら、少なくとも結果が送信されない、
というエラーがイベント中におこらないようにすることが
当たり前だと思います。


 何年も前からのコナミ音ゲーのインターネットランキングなど
でも、ほんの時々はサーバートラブルはありましたが、
9割以上は1日2回、しっかりスコア反映されてましたよ。


 コナミみたいに完全に毎日じゃなくても、
少なくとも、こういうイベントの間だけでも、
毎日数時間、サーバーメンテナンスをして
チェックするぐらいのことはしてほしいですね。


 このゲームが子供向けだから、と、まさか軽視してる事は
ないとは思いますが、こんだけのイベントをする、
相当な人気、相当な年齢層を抱えるゲームだけに、
今回のようなお粗末なことはあってはいけないと思います。


 更に、延長した期間に入る10月1日には、クイーンカップが
プレイできなかったらしいじゃないですか。対応はしましたが、
ほんまにお粗末でしたね・・・orz。
 それだけで済まず、新弾で受け取られないかもしれない
トラブルがでたから、リボンは6弾中に受け取れ、とか・・・。
 ・・・も、もっと基本的なシステムをしっかりしとけやぁ(;´Д`)!!


 また新しい弾で、筐体一位という条件はないみたいですが、
WEBランキングもののイベントをまたするらしいです。
 筐体一位をめぐってドロドロ、ということはなさそうですが、
今のままのシステム面で大丈夫なんでしょうかねぇ・・・('A`)。
 ちゃんと改善してくれてることを祈るのみです。



 それと、これは腕前の問題になりますが、
筐体の一日の一位をとり続ける、という条件は、
やはり、それだけでもハードルが高いと思います。

 場所によっては、複数台を大層なスコアで埋め尽くす
スコアラーがでてきたり、サブカードまでリボンを持たせようとする
スコアラーがでてきたり、と、いう事もあったみたいでしたし。
 正直、これらのことは想定の範囲内なのですが、
今回のルールでされてしまったら、とたんにえげつない事に
なってしまいます。



 そういうわけで、イベント自体はあんまり良いものだったとは
思えませんが、こんな中でリボンが取れたことについては、
良かったなぁ、と、素直に思います。


 これで、とりあえず”義務的日参アイカツ”は、
ちょっと前に終わって、今は、いけそうな時に
スタアニ8人ステージでスコアタを中心にしてます。
 なんとか153000点台まで出しましたが、動いてる台があるうちは
できる時には、やってみたいなぁ、と思ってます。


 ・・・っと、あとの近況などは、別の記事にします。


 以上、スターライトクイーンカップクリア後のお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまごっちPs(ピース)で、32人全員たまともにしました

 たまごっちPsで、32人全員たまともにしました。
32人たまとも達成してから”ひみつきち”にいくと、
ロケットが完成して、宇宙へ飛び立ちます。

 これについては、ここ にて。

 ここでは、たまごっち達の画像を記念に
はっていくことにします。
(まだ貼れてない分は、用意ができたら、
貼っていくことにします。)


※ここでは、グループ分けするために、大まかな
成長の順番を書いていますが、くわしいことは、
別のページを検索して調べてみてくださいませ。


<男の子>

・第一段階:あおくもっち

・第二段階:たとるっち・みつまるっち
Cocolog130930cosmomaimai
・第三段階:コスモっち・まいまいっち
(第二段階の育て方によって変わります)


※上に書いた第三段階までは、好ききらいがありません。
たまピースも関係ありません。
 ここから下に書く最終段階になってから、
好ききらいができて、たまピースをもらえるようになります。



・最終段階

(第三段階がコスモっちのグループ)
Cocolog130920mametchi  Cocolog130920knighttchi
 まめっち・ナイトっち
Cocolog130920gottimotchi  Cocolog130920tactchi  Cocolog130920karakutchi
 ごっちもっち・タクトっち・からくっち



(第三段階がまいまいっちのグループ)
Cocolog130920kuchipattchi  Cocolog130920lightchi
 くちぱっち・ライトっち
Cocolog130920nandetchi  Cocolog130920mogumogutchi  Cocolog130920monakatchi
 なんでっち・もぐもぐっち・もなかっち



(第三段階で8回以上お世話ミスで進化グループ)
Cocolog130920spacitchi  Cocolog130920doyatchi  Cocolog130920attitchi
 スペイシーっち・どやっち・あっちっち



(第三段階で通信関係で進化グループ)
Cocolog130920charatchi  Cocolog130920sirimotchi
 チャラっち・しりもっち





<女の子>
Cocolog130930pinkbotchi
・第一段階:ぴんくぼっち
Cocolog130930terupuchihana
・第二段階:てるぼっち・ぷちはなっち
Cocolog130930neonoko
・第三段階:ねおっち・のこぼっち
(第二段階の育て方によって変わります)



※上に書いた第三段階までは、好ききらいがありません。
たまピースも関係ありません。
 ここから下に書く最終段階になってから、
好ききらいができて、たまピースをもらえるようになります。




・最終段階

(第三段階がねおっちのグループ)
Cocolog130920yumemitchi  Cocolog130920kiramottchi
 ゆめみっち・キラもっち
Cocolog130920furifuritchi  Cocolog130920pattitchi  Cocolog130920walztchi
 ふりふりっち・パティっち・ワルツっち 



(第三段階がのこぼっちのグループ)
Cocolog130920himespetchi  Cocolog130920lkiraritchi
 ひめスペっち・キラリっち
Cocolog130920memetchi  Cocolog130920julietchi  Cocolog130920chochoitchi  Cocolog130920pecopecotchi
 めめっち・ジュリエっち・ちょーちょっち・ぺこぺこっち



(第三段階で8回以上お世話ミスで進化グループ)
Cocolog130920yukinkotchi  Cocolog130920amiamitchi  Cocolog130920amakutchi
 ゆきんこっち・あみあみっち・あまくっち



(第三段階で通信関係で進化グループ)
Cocolog130920hoshigirltchi  Cocolog130920harptchi
しガールっち・ハープっち




<たまデコピアスのキャラたち>



Cocolog130920majyokkotchi  Cocolog130920acrobatchi
・たまサーカスver
 まじょっこっち・アクロバっち


Cocolog130920tamadecopianitchi  Cocolog130920tamadecotaikotchi
・メロディランドver
 ピアニっち・たいこっち


Cocolog130920ichigochantchi  Cocolog130920aoichantchi  Cocolog130920ranchantchi
・アイカツver
 いちごちゃんっち・あおいちゃんっち・らんちゃんっち


 以上、32プラスピアスのたまとも達でした。
個人的に、男の子でのクールなアロハと、
りょうりバンダナ(両方ともたまリズでもらえるアイテム)
の利用度はすごいですw。
 



 ひみつきちイベントの記事にも書きましたが、
出にくい血すじ、というものがなく、全体的にiDLよりも
楽でよかったですが、ハープっち・しりもっちの条件である、
3人以上で4回以上通信、というのが、やはり辛かったです;。
 このためにもなるし、今後のアイテムを保存することも考えて、
結局、3つめのPsを買ってしまいました(;^^)。アイカツセットで・・・。
 でも、きっちり遊びつくしたかったんで、これでよかった、と思ってます。
”バンダイの養分”になるのは、シャクですけどね('A`)。

 あ、でも、全体的に、後の方は、男の子が出にくくて、
やきもきしたことはありました;。


 次は、近いうちに、iDLのプリンセススペイシーverも
たまとも32人コンプの記事を書くことができそうですし、
そうできることを楽しみにして、プレイしていきたいと
思います( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »