« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

ローソンのアニメコラボグッズ攻勢@2013.8

 今年の夏のローソンで、スタンプラリーの他にも
アニメとのコラボグッズがたくさん出ました。
 もう、その攻勢ぶりに、うおお・・・と思わせられましたが;、
気になる作品ばかりだったので、良いなぁ、と思ったものは、
結局、追いかけ切りましたので(;^^)、せっかくなので、
この記事でまとめときます。


Cocolog130828utapri1   Cocolog130828utapri2
 まずは、期間限定もの。対象のガムを2つ買うと、
フォトスタンドが1つ貰える”うたのプリンスさまっ”(第二期)の
ものです。
 やー、うたプリもコンビニのキャンペーンに選ばれるぐらい、
メジャーになりましたねー。立派ですわ。
 4種類ありました。フイルム仕立てのデザインのもの(右の写真の下のもの)
だけがなくなってる所が多かったので、一番人気してたんでしょうね。
 確かに、一番かっこいい感じはします(^-^)。


 ここから先は、蒼樹うめ氏キャラデザの作品から、飲料に
付いてくるものです。


Cocolog130828hidamari
 まずは、ひだまりスケッチのブロックもの。
桃の天然水のマイナーチェンジ(?)みたいなのに
付いてきたものです。
 メインキャラクター6人分で、パーツ一つ一つに
いろんな場面や表情のシールがはってあります。
 また、各自の中に一枚、校長先生・吉野屋先生・
うめ先生のものが入っています。
 いろいろ組み合わせられるので、
結構楽しめますね(^-^)。これは。

 あとは、まどかマギカから。

 まず、アサヒの十六茶とスパイラルグレープ(やったかな?)に
ついてきたものから。
 魔法少女たちとキュウべぇの6種類のなんと体操服ヴァージョン
(キュウべぇにはありませんが;)というものでした。
 みなさんやっぱラブリーですわ。
Cocolog130828madokafigure1  
 体操服でよつんばい、ときたら、どうしてもこれやろーw、
ということで、組み体操のピラミッドです(^^)。
 上記のひだスケの分も、この発想のついでに
同じ形にしましたw。
Cocolog130828madokahidamari  
 ひだスケの分とあわせて、こんな感じで遊ぶこともでき、
さらに良い感じです。
 


Cocolog130828mmadokacider
 最後に、三つ矢サイダー500ml缶のまどマギのデザイン缶。
夏らしく、さわやかでかわいい感じのデザインだと
思います。
 ”置いときたい派”としては、ペットボトルの外の
所の方が良かった、とも思いますが(;^^)、
とても良い感じです。

 以上、俺が手を出そうと思ったもののは、
こんな感じでした。

 ちなみに、けいおんのギターのピックのものもあった
みたいですが、総合的に、あまりそそらなかったので、
こちらはパスでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイカツ!近況@2012.8.28

 今月8日に6弾になり、イベントもりだくさんで
ますます盛り上がってますね。

Cocolog130812aikatsumiduki
 6弾になったら、いよいよ美月もプレイヤーキャラとして
使えるようになりました。・・・まぁ、ゲストという立ち位置ですが。
 でも、ちゃんとカードが出てくるときにも出てくることがありますし、
身近になって良い感じやな、と思います( ´∀`)。


 声優さんつながりの話になりますが;、これで、アイカツで美月、
プリキュアで六花、さらに放課後リズムタイムでムギ絡みでプレイ
していて、俺のホームゲーセンのように全部の筐体が近くにあったら、
寿さんパラダイスになる・・・のかなぁ(;^^)。

 また、俺の中では、”放課後リズムタイム稼働記念コラボ!”とかで、
美月限定で、

トップス・ボトムス→桜高制服
シューズ→白ソックスつきローファー
を着せてから
アクセサリー→たくあんまゆげ
でプレイすると、アピールポイントがむちゃくちゃあがるよ!

・・・とか”妄想”してましたが、当たり前ですが、それはなかったですw。


 ・・・話はもどって;・・・
Cocolog130812kokoroe1 Cocolog130812kokoroe2
 他の新しいところは、今まで、レベルがある程度上がらないと
もらえなかった”心得”が、専用ステージをクリアすると
もらえるようになる、という”心得オーディション”というのも
用意されました。(ちなみに、クリアしたら、その心得のステージは
出てこなくなります。)

 これでヘビーユーザーとも、スコアアタックの点で、
条件がいっしょになるので、ますます、”一発気合い入れて
やってみっかぁ”という気持ちにもなりますわw。

 普通の新ステージとしては、美月と対戦する
スローテンポの曲のステージとスターアニスのステージを
中心に増えて、さらに、アニメで活躍中のおとめ、さくら、しおんの
ユニット”ぽわぽわプリリン”のステージもチケットを使えば
選ぶことができるのは、よかったな、と思いました(^-^)。
 ステージの曲は、もしかして、アニメでおとめが歌ってた
あの歌か!?なんてちょっとドキドキしましたが、
やっぱ違いました(;^^)。


Cocolog130812masqarade1 Cocolog130812masqarade2 Cocolog130812masqarade3
 また、6弾からのキャンペーンとして、
伝説のアイドルコンビと対戦できるようになる
”マスカレードにチャレンジ”というイベントも始まっています。

 一通りやってきましたが、マスカレードのステージの前後は
なかなかジーンとくるものがありました。エンディング、というか、
アンコールステージとエピローグが混ざったような感じは
すごく良かったです(;つД;)。

 Cocolog130812masqarade4
 最後にあるマスカレードのステージをクリアできたら、
イメチェンの目のところにマスカレードマスクが
もらえます。

(マスカレードにチャレンジのラストステージを
プレイした時に動画を撮りました。 ここ にアップしてます。)





 そして、9月2日から30日まで、新しいイベントがスタート!  
”スターライトクイーンカップ”というもので、

 このイベントについては、 こちらの記事 に書いておきます。
 
 
なんにせよ、”アイカツはプレイさせる気にするのがうまいな”、
と、改めて思わせられもしましたがw、それぐらい、イベントを
楽しみにしたいと思います( ´∀`)。




 

 Cocolog130807aikatsustaranisivent1Cocolog130807aikatsustaranisivent2
 5弾から続いて、先日、終わった、
”スターアニスサマーツアー”も良かったです( ´∀`)。
Cocolog130807aikatsustaranisivent3 130812staranisiventclear1_2 130812staranisiventclear2
 全国、条件が達成されて、ごほうびのヘアカラーも無事、
配信されましたし。

Cocolog130807aikatsustaranisivent5
 8人オーディションのゴージャスさに、曲もステージも
カッコよく、とても楽しめました。
Cocolog130807aikatsustaranisivent6
 最後のチームスペシャルアピールを出す前に
集まるところと、中盤に美月と隣に並ぶところは、
”ヴォースゲー(゚∀゚)!”と盛り上がりましたw。

 お着替えの時のスターアニスのブランドマークが
でてくるところも好きですし。

(プレイした時に動画を撮りました。 ここ にアップしてます。)

 スターアニスシリーズのトップスの中で好きなのは、
蘭のものが一番好みで、あとはあおい、いちごのもので
個人的にベスト3になってます。


 Cocolog130807aikatsutaikairensyu1  Cocolog130807aikatsutaikairensyu
 5弾、といえば、大会が行われるお店の台のみですが、
大会の期間中に、大会の練習ステージが出現するようになり、
大会専用のステージを、ふつうにプレイできるようになった、
という点もよかったです。

(オーディション大会・ライブ・ポップのステージを
プレイした時に動画を撮りました。 ここ にアップしてます。)


 というわけで、アイカツの近況でした。

 次のシリーズの情報も、よく出ていますが、
また、始まる直前か、始まったころに書きたいと思います。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋うみゃあたまごケーキ~アソートだがね。~


 母親が先日、名古屋にいった時に買ってきてくれた
おみやげに、こんなお菓子がありました。
 ”名古屋うみゃあたまごケーキ”というものです。
アソートだがね。と副題も付いてますw。
Cocolog130828nagoyacake1_2  
 これ、あける前の包装紙からして
可愛いキャラで目立ちまくりなのですが、
Cocolog130828nagoyacake2
中身をあけると、これ。インパクト強すぎですわw。
Cocolog130828nagoyacake3
 お菓子自体は、蒸しケーキ状のものの中に
カスタードかこしあんが入っている、というもの。
 結構あっさりと食べることができて、
おいしかったです( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

maimaiでちょっと盛りました

Cocolog130807tyoimori2
 週刊少年マガジンで連載中のにしもとひでお氏の
各種レポート漫画、”ちょっと盛りました”(以下”ちょい盛り”)が
ドラム式洗濯機っぽいと評判の、セガの音ゲー
”maimai”とコラボしています。
Cocolog130807tyoimori1
 以前のちょい盛りで、maimaiとコラボした時の様子を
描いていたのをふと思い出して、maimaiは初めてながら
プレイしてみました。
 音ゲーとのコラボは、家庭用ポップン13以来ですねw。
あの時は、にしもと氏だけでしたが、今回は、パートナーである
どんちゃん氏とタクマ氏(現在は交代されましたが;)
も一緒に参加されています。
Cocolog130807tyoimori3
 プレイ中のムービーは、この三人のキャラクター達が
大活躍、という感じで、見てても、なかなか楽しいです( ´∀`)。
 声では、どんちゃん氏の声がなかなかきれい&可愛い系で、
おおっ、と思いました。
 3曲設定で、難易度三種類プレイしましたが、
緑、黄とクリアできて、赤には、やはりフルボッコにされましたw。


 全体的にノリがよかったので、楽しくプレイできて
よかったです(^-^)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第95回高校野球選手権感想

 今年、2013年の夏の甲子園、95回選手権大会は、
先週、前橋育英(群馬)の初出場初優勝で幕を下ろしました。
 雨などでの中止中断もなく、滞りなく進んだ大会でした。

 東北勢が5校、初戦突破というのもお見事でしたし、
決勝は本当に久しぶりにとてもおもしろい展開だったのも良かったです。 


 まずは、前橋育英、初出場優勝おめでとう!


 高橋光成(こうな)投手の好投をバックが良い守りで盛り立て、
攻撃面でも決して多くないチャンスをしっかりと活かせた
攻撃が出来た点、と、しっかりとした”全員野球”が
高いレベルでできていた良いチームでした。

 荒井監督の次男がキャプテンの海斗選手、ということで、
”親子鷹”での優勝は、また格別だったことでしょう。
 また、荒井監督の選手時代からの宿敵の横浜に
初めて勝つことができた、というのも良かったなぁ、と思いました。
 そして、高橋光成投手は、まだ二年生、ということで、
来年も楽しみですね。



 もうひとつの主役、延岡学園、準優勝おめでとう!

 優勝こそ、あと一歩でしたが、宮崎県初の決勝進出は
十分偉業だと思います。宮崎の夏は地味ながら、
しっかりとしたチームをよく送り込んでくる印象があるので、
全国制覇は決して遠くはないと思っています。

 横瀬投手の粘り強く力強い投球を、しっかりとした野手陣が
支えました。守備の良さでは一番印象に残りました。
 また、複数投手で窮地も乗り切る、ということもでき、
チーム力としては、素晴らしいものがあったと思いました。
 今後、また良いチームを作ってくることでしょう。



 ベスト4の2チームもよく大会を湧かせてくれました。

 花巻東は全員一丸の粘りの野球が強みでした。
投手に継投期は”冒険”するシーンも見られましたが
(個人的には特に済美戦)それでも、なんとかできる
力があったと思います。

 攻撃面では、2番の千葉選手が、やはり印象に残りましたね。
ファールで粘りまくり、好球必打で、塁に出たら走るという、
相手投手にはたまらん戦術ではありますが、それだけ器用な
選手である、という点で印象に残りました。
 菊池投手の時の2番の選手もそんな感じだったのを思い出します。
千葉選手の件については、準決勝直前に高野連からクギをさされた、
ということはありましたが、”花巻東の2番”の器用さは、今後も楽しみです。



 もう一チームは、また一段上の伝説を作った日大山形。
攻撃も上手く、守りも庄司投手を中心に良い、好チームでした。

 日大三高に完勝したのは圧巻でした( ´∀`)。その上、明徳まで倒し、
準決勝で惜しくも負けてしまいましたが、将来へのひとつの道筋は
作ることができたとおもいますし、素晴らしいチームだったと思います。
 山形県勢の力強さに今後も期待したいです。


 準々決勝は全部1点差、しかも2試合は延長戦、という
熱いことになりました。明徳、常総、鳴門と高レベルな常連に
好投手宮本投手と優秀な攻撃陣で挑んだ新鋭・富山第一という
顔ぶれも、ベスト8とまりは惜しいぐらいの贅沢なものでした。


 新鋭といえば、前橋育英も富山第一もそうですが、
二勝をあげた弘前学院聖愛、一勝の有田工業、西脇工業、
初戦敗退ながらも帯広大谷、上田西といったあたりは、
特に物怖じせずに堂々とした試合をしていた点が印象に残って、
よかったなぁ、と思いました。


 試合としては、個人的には、仙台育英と浦和学院の試合が
一番印象に残りました。荒れた展開に力勝負、と、
野球のいろんな要素が入っていました。

 仙台育英の次の試合の常総学院戦は逆に静かな好試合で、
常総学院が本当に少ないチャンスを欠かさず得点にして
勝った点で、すごく印象に残りました。

 済美と花巻東もすごかったですね。最終回は
ダルビッシュ世代の選抜の済美ー東北戦のラストを
思い出させてくれました。


 他にも、準々決勝の4試合に、日川ー大阪桐蔭、名電ー聖光学院、
明徳ー瀬戸内、福知山成美ー沖縄尚学、鳴門ー修徳・・・と良い試合が
目立った点も良かったです。


 我が地元兵庫の西脇工業も初勝利をおさめ、
2戦目も惜敗ながら、よく健闘してきてくれたと思います。
 木更津総合戦は、中盤~終盤に、簡単にアウトに
なりすぎたのは残念ではありました。戦術だと思うので、
仕方がなかったこと、とは思いますが。
 それでも立派な兵庫県代表だったと思います。
ふう、これでまた、難敵がひとつ、ふえてしもたで;;。


 そんな感じで、今年の夏の甲子園も、とても楽しむことが
できました。


 今は、軟式の全国大会が始まり、硬式も、新チームが
来春の選抜を目指した秋の大会が始まっています。

 俺の身近から見れば、軟式大会は、兵庫県の神戸学院大付属が
開幕試合で敗退したり、現時点での硬式の地区大会の育英は、
伊川谷に辛勝し、市立神港に敗退し、敗者復活に賭ける、という、
なんとも微妙なテイストではありますが(;^^)。


 次は、その辺を楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まどかマギカ映画の前売り券ようやくゲット

 今年の10月に公開される”まどかマギカ”の新作映画の
前売り券が、いろんなところで、いろんなおまけで発売されています。
Cocolog130811madomagi
 俺は、ちょうど、”がをられ”新刊を買う時に、
レジで特典ポスターをお見かけしたのが良い感じで、
ポスター500円と考えれば、良い感じかな、とおもって
一緒にお買い上げしてきました(^-^)。


 ローソンのロッピーの分のキーホルダーのまどほむも
可愛らしくて良い感じだったので、そっちも迷いました;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女がフラグをおられたら文庫版6巻、コミック版5巻発売

Cocolog130811gaorare1
 彼女がフラグをおられたら(”がをられ”)の新刊が
10日程前に発売になりました。
Cocolog130811gaorare2
 ゲーマーズの特典は、いつものショートストーリー付き
かけかえカバーを始め、こんな感じでした。
 コミック文庫本の連動特典も入ってます。

 また、アニメの声優さんも、かなり発表されています。
美森は、まだ出てないみたいですね。個人的には
小清水さんがいいなぁ、と思うのですがw。

 内容は、いつも通りまだ全然読めてないです(;^^)。
ただ、コミックス版のカバーをめくった所の表紙部分の
凛くんは、個人的に、なかなかナイスだと思いましたw。

 がをられ成立キャンペーンは今回もあって、
今回の締め切りは、10月末までです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第95回高校野球選手権大会(2013年)ご勝手展望

 今年の夏の甲子園、第95回高校野球選手権大会が
明日開幕。14日間(準々決勝翌日は休養日)の熱戦が
始まります。


 今回から変わる点は、
前にも書いたとおり休養日が入るのと、
組み合わせの方法が、1994年までと同じように、
ひとつ勝ち上がる(回戦が終わる)と、
その都度抽選が行われる、というように戻りました。
 うーん、個人的には、前のように”東西対抗”な形に
戻って欲しかったかな、と思うのですが・・・;。今回も”九州大会”な
組み合わせが2つありますし;。



 出場校の顔ぶれをみると、おなじみさん、久しぶり、
満を持しての新鋭、と、いろいろな顔ぶれがそろったな、と
思いました。


 新鋭組では、上田西や富山第一、といったあたりは、
初出場な気がしないぐらい、県の優勝候補欄をにぎわせていた
高校ですね。
 彦根東は世代は違えど、選抜の21世紀枠出場から
甲子園に実力で帰ってきました。これから強くなりそうですね。
 地元兵庫県も、西脇工業、ということで、
高校野球界の全国区では、新鋭となります。
 駅伝では全国区で名前をとどろかせてまくっているので、
野球部も続くことができるでしょうか。


 また、久しぶり、といえば、夏の箕島は、本当に久しぶりに
なりますね。俺も見るのは初めてです。伝説の延長戦をした
星稜もでていますし、作新、常総、横浜、といったあたりも名前を
連ねている点を見れば、オールドファンも楽しみな大会に
なるのではないでしょうか。



 それでは、決まっている初戦だけ見ながら、
俺のご勝手な展望を書いていきたいと思います。

 まずは、組み合わせと日程の流れから。



<1回戦>

(1日目)
大垣日大(岐阜)ー有田工業(佐賀)
日本文理(新潟)ー大阪桐蔭(大阪)
箕島(和歌山)ー日川(ひかわ・山梨) 


(2日目)
聖光学院(福島)ー愛工大名電(愛知)
熊本工業(熊本)ー鳥取城北(鳥取)
大分商業(大分)ー修徳(東東京)
常総学院(茨城)ー北照(南北海道)


(3日目)
鳴門(徳島)ー星稜(石川)
作新学院(栃木)ー桜井(奈良)
福井商業(福井)ー帯広大谷(北北海道)
仙台育英(宮城)ー浦和学院(埼玉)


(4日目)
上田西(長野)ー木更津総合(千葉)
沖縄尚学(おきなわしょうがく・沖縄)ー福知山成美(ふくちやませいび・京都)
弘前学院聖愛(青森)ー玉野光南(岡山)
石見智翠館(いわみちすいかん島根)ー西脇工業(兵庫)


(5日目)
岩国商業(山口)ー前橋育英(群馬)
佐世保実業(長崎)ー樟南(しょうなん・鹿児島)

<2回戦>
延岡学園(宮崎)ー自由が丘(福岡)


(6日目)
丸亀(香川)ー横浜(神奈川)
日大山形(山形)ー日大三(西東京)
花巻東(岩手)ー彦根東(滋賀)
明徳義塾(高知)ー瀬戸内(広島)


(7日目)
秋田商業(秋田)ー富山第一(富山)
済美(さいび・愛媛)ー三重(三重)
常葉菊川(静岡)ー有田工業  (←1日目の勝者3校のうちのどこか)
日川ー大阪桐蔭         (←1日目の勝者3校のうちの2校の対戦)


(8日目)
聖光学院ー福井商業
熊本工業ー作新学院
常総学院ー仙台育英
鳴門ー修徳

(2日目・3日目の勝者8校同士の対戦4試合)


(9日目)
沖縄尚学ー弘前学院聖愛
西脇工業ー木更津総合
前橋育英ー樟南

(4日目・5日目の1回戦の勝者6校同士の対戦3試合)


<3回戦>

(10日目)
済美ー花巻東
明徳義塾ー大阪桐蔭
鳴門ー常葉菊川
作新学院ー日大山形

(抽選)


(11日目)
常総学院ー福井商業
弘前学院聖愛ー延岡学園
横浜ー前橋育英
富山第一ー木更津総合

(9日目の勝者3校は11日目に入って、抽選)

<準々決勝>

(12日目)
鳴門ー花巻東
明徳義塾ー日大山形
前橋育英ー常総学院
富山第一ー延岡学園

(10日目の勝者4校で1,2試合目の抽選)
(11日目の勝者4校で3,4試合目の抽選)


<休養日>


<準決勝>

(13日目)
日大山形ー前橋育英
花巻東ー延岡学園

(準々決勝4校で抽選)


<決勝>
(14日目)



 その都度組み合わせというのが復活しましたが、
今回は、ちゃんと日程を考慮しての抽選、というように
なりました。休養日といい、いろんな配慮がなされた
よい感じの日程になったのではないでしょうか。



 今回の実力での注目チームとしては、春の決勝進出の浦学と済美、
秋のチャンプの仙台育英、松井投手がいた桐光に勝って
出場の横浜、主将の森友哉選手が戻ってきた去年春夏連覇の大阪桐蔭、
選抜4強の好チームだった高知に競り勝ってきた明徳、
さらに選抜組で好投手がいる北照、岩国商業に常葉菊川、常総学院、
選抜には惜しくも選考漏れながら、強さは感じられた熊本工業
・・・というあたりを挙げておきたいです。


 特に楽しみな試合、といえば、
やはり、仙台育英ー浦学が一番手、ということになるでしょうか。
 秋の全国ナンバーワンと春の全国ナンバーワンのぶつかり合い、
夏は果たしてどうなるか?!

 選抜出場校同士になる常総ー北照に実力校同士の聖光ー名電、
実力を出せずに終わった春のリベンジを目指す沖縄尚学に
立ちはだかる福知山成美の試合、有名公立校同士の箕島ー日川、
山形ー三高の日大対決も興味をそそります。

 また、九州対決となった佐実ー樟南、延学ー自由が丘、
という両カードも、九州の強豪同士の対決、という感じで、
とても楽しみに思います。

 西脇工業の初戦の相手は、元”江の川(ごうのかわ)”である
伝統的に”名手”な石見智翠館。名前変わってからは、
苦労しての初出場となりました。
 西脇工業の翁田(おうた)投手の、県大会の疲れが
どれだけ取れているか、ということが大きなポイントですが、
県大会同様にチーム全員の野球ができれば、
好勝負することができると思います。



 ひとつ勝てば、あとは組み合わせ次第になっていきますが、
好カードがでて、盛り上がり、良い大会になればええな、と思います( ´∀`)。



 最後に、兵庫県大会の雑感をざっと。


 全国的に見ても大波乱になったと思う国際の初戦敗退や、
加古北の初戦敗退など、結構波乱含みの大会になったと
おもいますが、そんな中でも、強い所にしっかりと勝ってきた
西脇工業が初の兵庫の頂点に立ちました。


 翁田選手が投打の要、という事で、ワンマンチームになってしまうか、
という見方もしてしまったこともありましたが、実際、勝ちっぷりや
準決勝・決勝を見てみたら、みんなすごいやん!、と驚きました。
 打球も力強いですし。翁田投手を助けよう、と、バットを振ってきた成果でしょう。
 甲子園でも、活躍を楽しみにできるチームだと思います。
なにはともあれ、試合の時には、翁田選手はじめ、選手たちの疲れが取れて
くれてることを祈りたいです。


 東洋もやっぱ、しっかりしたチームを仕上げてきますねー。
決勝もそうですが、報徳戦も見ごたえがありました。



 武庫荘総合、六甲アイランド、甲南、加古川東、松陽、といったあたりも
強烈な印象を残してくれたと思います。
 また、上記の武庫荘や加古川東といったあたりの活躍などから、
春の県大会の改革が実を結んだな、と感じる部分もありました。



 最後に西工に敗退し、ベスト4で終わった育英。
いろんな苦難があったと思いますが、よくここまでがんばったな、と思いました。
 安田監督が率いる今後の育英が楽しみですが、まずは、
秋の新チームを楽しみにしたいと思います。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »