« うめ物語とうめワイン | トップページ | たまごっち・Psステーションやってきました »

第85回選抜高校野球大会、組み合わせとご勝手展望

 2013年の春の選抜、第85回選抜高校野球大会の
組み合わせが、今日決まりました。
 これに沿って、今大会の個人的なご勝手展望などを
書いてみたいと思います。

 勝ち上がりのやぐらがややこしいので、
日別とブロック別に分けて書きます。
 また、ブロック別の方に展望も書いてみます。


【日別】

(1日目)
<1回戦>
・敦賀気比(つるがけひ・福井)ー沖縄尚学(おきなわしょうがく・沖縄)
・履正社(りせいしゃ・大阪)ー岩国商業(山口)
・常葉菊川(とこはきくがわ・静岡)ー春江工業(福井)

(2日目)
・遠軽(えんがる・北海道)ーいわき海星(福島)
<2回戦>
・鳴門(徳島)ー宇都宮商業(栃木)
・聖光学院(福島)ー益田翔陽(島根)
・盛岡大付属(岩手)ー安田学園(東京)

(3日目)
・尚志館(しょうしかん・鹿児島)ー大和広陵(奈良)
・菰野(こもの・三重)ー北照(北海道)
・浦和学院(埼玉)ー土佐(高知)

(4日目)
・仙台育英(宮城)ー創成館(長崎)
・龍谷大平安(京都)ー早稲田実業(東京)
・関西(かんぜい・岡山)ー高知(高知)

(5日目)
・済美(さいび・愛媛)ー広陵(広島)
・済々黌(せいせいこう・熊本)ー常総学院(茨城)
・京都翔英(京都)ー敦賀気比・沖縄尚学の勝者

(6日目)
・報徳学園(兵庫)ー常葉菊川・春江工業の勝者
・山形中央(山形)ー履正社・岩国商業の勝者
・県岐阜商業(岐阜)ー花咲徳栄(はなさきとくはる・埼玉)

(7日目)
・大阪桐蔭(大阪)ー遠軽・いわき海星の勝者
<以下、3回戦以降>




【ブロック別】


<1ブロック>
鳴門ー宇都宮商業
聖光学院ー益田翔陽
盛岡大付ー安田学園
京都翔英ー敦賀気比・沖縄尚学

 安田、京都翔英、沖縄尚学が地区優勝、
鳴門、聖光、敦賀気比が地区準優勝という
地区最強クラスの布陣が多数集まるブロック。
 この各校がそのまま、このブロックの中心になると見ます。

 中でも京都翔英と気比・沖尚の勝者が
おもしろそうです。甲子園初心者ながら、
実力があるチームと、甲子園常連の強豪の
ぶつかり合いですね。

 安田学園が勝てば、この勝者と。というのも
実現すれば良いカードだと思います。

 逆ブロックの方は聖光学院一歩リードな
気がしますが、他チームがどうがんばるか。

 鳴門と宇都宮商業の試合も地味ながら
おもしろそうです。




<2ブロック>
尚志館ー大和広陵
菰野ー北照
浦和学院ー土佐
山形中央ー履正社・岩国商業

 履正社、浦和学院、菰野、北照が軸になりそう。

 履正社は昨秋の近畿はベスト8ながら、大阪を制し、
レベルは高いと思います。

 浦和学院もそうそう下手なことにはならないと
思います。初戦の相手が21世紀枠ながらも土佐、
ということで、気は抜けないでしょうが。

 去年も甲子園で投げた北照の大串投手と
菰野の打線、というのも楽しみな所です。

 また、大和広陵の立田投手も好投手。
尚志館打線も良いので、この両者の試合も
面白そうです。



<3ブロック>
仙台育英ー創成館
龍谷大平安ー早稲田実業
関西ー高知
報徳学園ー常葉菊川・春江工業

 明治神宮大会の優勝・準優勝校が、勝ち進めば
ベスト8で当たる組み合わせに。さらに地区大会優勝校が
仙台育英、関西、高知、春江工業と4校が入りました。
 仙台育英・関西を神宮ベスト4の春江工業や
甲子園に出ると強さが増すチームが多い早稲田実業、
平安、報徳あたりが追うかたちでしょうか。レベルが高いブロックです。

 個人的には、関西が今大会一推しだと思っています。
好投手の児山投手と学年が若いながらも強力打線が
良く絡み合うハイレベルなチームと見えます。
 ただ、”ポカ”も多いので、どうなるかは始まってみないと
分からないですが(;^^)。まぁ、それはどこも同じです。

 仙台育英は、やはり好打者・上林選手に注目です。
チーム自体も、秋同様にしっかり投打が絡み合えば、
上位進出できるものがあると思います。

 集中打と粘りで神宮4強まで勝ち上がった春江工業も
良いチームだと思います。神宮の浦和学院戦などを
見た感じ、とびぬけた強さは感じませんが、ひとりひとりが
のびのびとやって結果を出している感じは、
見ていても好感が持てるな、と思いました。
 ひとつ勝てば、ひとつひとつ力をつけていける
チームだと思います。菊川、報徳、関西・・・と壁は厚いでしょうが、
そんな中でも、見どころは示すことはできそう、と見ています。

 あとは、高知が久々の選抜勝利をあげることができるか、
というのも見どころでしょうか。関西ー高知、って、前にも
見たことがあるような・・・。

 平安ー早実は名前だけでもそうですが(笑)、
実力的にも好試合になるのではないか、と思います。




<4ブロック>
済美ー広陵
済々黌ー常総学院
県岐阜商業ー花咲徳栄
大阪桐蔭ー遠軽・いわき海星

 3季連続優勝を目指す大阪桐蔭や
昨夏甲子園で活躍した済々黌、常総学院、
好投手の安楽投手の済美、
総合力がある県岐商、広陵、花咲徳栄と
群雄割拠のブロック。

 大阪桐蔭は去年のチームほどの脅威はなく、
個人的に今大会の優勝は無理と見ていますが、
今年もそこそこに強そうには見えます。
 遠軽、いわき海星の21世紀枠組が初戦の相手に
なりますが、両方ともに、勝ち上がると勢いがつきそう
なので、しっかりとした試合をしたいところ。

 済々黌ー常総学院は、個人的に今大会で一番楽しみな
カードです。昨夏の甲子園でも好投した済々黌の大竹投手が
常総打線をどう抑えるか。

 済美の安楽投手と広陵の打線の対決も、
県岐商ー花咲の実力校同士の対決も楽しみです。

 いわき海星と遠軽の北の21枠対決もおもしろいものに
なると思います。両校ともに、甲子園で存分に良い意味で
暴れてきて欲しいと願います。





 総合してみれば、
個人的に一推しの関西と、神宮優勝の仙台育英がリードして、
それを済美、広陵、沖縄尚学、済々黌、常総、大阪勢、東京勢
あたりが追いかける、という感じの構図に見えます。


 早い回でいいチーム同士がぶつかるカードも
結構あり、おもしろい組み合わせになったのではないでしょうか。

 以上、こんな感じで、俺は今大会を見ていきたいと思います( ´∀`)。



 出場校の感想も少しだけ。
 九州はベスト4両方コールド負けの2校をそのままでしたねー。
両方とも初出場ということもあり、地域性もあり、実力も、そう劣らない、
という見方で行けたのでしょうね。
 特に尚志館の方は、メンバーも地元大隅半島民、
学校も甲子園悲願の初出場の大隅半島のチーム、
ということもあったかも知れませんね。”選抜”としては好ましい要素です。


 東北絆枠はびっくりでした;。被災地枠、というよりも
東北全体で考えていたわけですね・・・。

 それにしても、山形中央とは;。意外や意外とは、この事です。
初戦は、また大変そうなくじですが、3度目の正直の初勝利を
目指して健闘を祈ります。
 今年は地元選手ばかり、という布陣なので、
酒田南は、不憫ではありますが、こういうチームの時なので、
夏に頑張って来て欲しいと思います。


 21世紀枠については、門司学園が外れたのと、
益田翔陽が選らばれたのには、ちょっとびっくりしました;。

 土佐は伝統校、というプラス面もあったのでしょう。

 ちなみに、21世紀枠でも、益田翔陽(当時は益田農林)と土佐は、
俺が高校野球に興味を持った約23年のうちに
甲子園出場経験がある学校
(益田翔陽には出場回数が受け継げられていませんが;)、
ということで、やはり遠い昔、とは感じにくいですね(;^^)。


 でも、個人的には、納得はできる選出だったと思いました。
この顔ぶれで、大会も盛り上がることを期待したいです。

|

« うめ物語とうめワイン | トップページ | たまごっち・Psステーションやってきました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/50783586

この記事へのトラックバック一覧です: 第85回選抜高校野球大会、組み合わせとご勝手展望:

« うめ物語とうめワイン | トップページ | たまごっち・Psステーションやってきました »