« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

コーラ関係ふたつほど


 書くことが結構ありますが、準備できたものから書いときます。


 この夏の変わり者コーラ2つのお話。






Cocolog1208colatea1 Cocolog1208colatea2 Cocolog1208colatea3
 まず一つ目は、”コーラティ”。
 パッケージからなかなか面白い感じで、
野球をしていたら、こわいおやじさんの家に
ボールが入ってしまい、そのボールが当たったことに
よって、ばあちゃんが入れてくれた紅茶と、
自分が飲もうとしていたコーラが混ざって、
”コラー!”と怒る始末w。
 結局、その混ざったコーラティを飲んで、
打った子と親父さんが仲直り、という感じでしょうか。

 さて、味の方は、ちょうどアップルティを
思い出した感じです。味もよく似てるし、
”紅茶にコーラをぶっこみました”的な
混ざり具合も、感じが似てるなぁ、と思いました。
 あと、もちろん、炭酸は入ってませんw。





Cocolog1208kokutocola1 Cocolog1208kokutocola2

 あと一方は、沖縄黒糖コーラ。
黒糖と石垣の塩を使ったものですね。

 味の方は、黒糖の味が強かったなぁ、
と思いました。濃く甘いコーラだと思いました。



 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃおサマーフェスティバル2012(神戸会場)に行ってきました

(※2013年のぶんは、こちらの記事に書いてます。※)


 巷はお盆、気合いの入ったヲタクさん達は夏コミ、
俺はお家で高校野球・・・
という感じの時期の今週末なのですが、
俺の場合は今年は違う感じで、
とあるイベントに行っていました。


 そのイベントというのは、小学館少女マンガ雑誌の
イベント、”ちゃおサマーフェスティバル”というものです。
 例年行われているのは、ほんのり知ってましたが
行ったのは初めてですw。


 今回の会場は、俺にしては行きやすい神戸国展にて、
というのも行くことにした要因のひとつでした。
 前行ったのは2年ぐらい前の、ポケモンの大会の時でした。
これまた久々・・・。



 で、なんでまたちゃおフェス?・・・というのも、
実は、俺は、最近、”たまごっち”を始めてまして。
あれの最新版の”iDL”ってやつです。

 その”ちゃおフェス”でたまごっちの限定アイテム配信がある、
というのを、たまごっちのダイレクトメールにて知った事が、
行く動機になりまして。
 正直、あんまり内容を読んでなかったので、良く分かってなかったん
ですが、この動機については、見事に外れな結果にorz。

Cocolog120812oosakamiyage1 Cocolog120812oosakamiyage2
 アイテムをダイレクトに貰えるのではなく、”ハッピーメール”と
いうものが配信されて、そのメール(”おおさかみやげ”という題)
を3人の人に送れば、なんかしましまの帽子のアイテムが貰える、
という仕組みとのこと。


 配信担当のお兄さんは陽気に説明してくれましたが、
”あー、どうせ無理なんでいいですw”としか答えられませんでした(;^^)。



 ポケモンイベントなら、そこそこ年代が広いし、最悪でも
男の子向けなので、”やるぜ!”って気にもなるんですが、
たまごっちのメインターゲットを相手、というのは、
さすがにムリですw。
(どっちにしても、配信ブースの周りは待ってる人いなかったし;)


 会場限定ものぐらいは、ただでさえ、
そこでしか手に入らないのですから、
景気よく、アイテムをポーンっと、
ダイレクトに配信して頂きたいものです(´・ω・`)。


 大本命のたまごっちの配信については、こんな感じでしたが、
他は普通に楽しめました。


Cocolog120812ciaofes
 まずお買いもの。

 入場するときは、グッズコーナーと、
アトラクション会場で、別々になるから、注意が必要です。
 グッズで欲しいものがあれば、先にグッズコーナーで
買い物をしといたほうがよさそう。

Cocolog120812panf
(↑神戸会場のパンフより)


 ただ、コミックス販売コーナーは、神戸会場の場合は、
一応、アトラクションコーナーの中にあったのですが、
サイン本の場合のイベント開始直後の
販売方法は俺には分かりませんorz。
 これが目的の場合も、行く前に調べておいた方が
よさそうですね。後は、当日、到着してすぐ、
会場のスタッフさんに聞くなどして。


 で、こっちの話ですが、
”こっちむいてみい子”の生写真が売り切れしてたのは
残念でしたが、”ちび☆デビ”と、やぶうち優氏の
”少女少年ドーリィカノン”の分はゲットできましたし、
”ショコラの魔法”という作品の下敷の絵柄が気に入ったのと、
これまたやぶうち優氏の前記の作品が入った
複製原画がある、とのことで、それらを購入できたので
良かったです(^-^)。


 それと、作家さんの生原稿とメッセージ色紙の展示が
あったのも、良かったです。マンガ雑誌イベントの
だいご味ですね( ´∀`)。


 やぶうち氏の作品は凝視レベルの見方してました(笑)。
絵柄はぱっと見、変わった感じですが、細かい所は
やっぱ変わってないんですよね(^-^)。それが何気に嬉しいです。


 あとは、次に見たかったおのえりこ氏の作品に、
中原杏氏、ミルモの人、めちゃモテ委員長の人・・・という感じで
ゆっくり見ていっていました。”みい子”の2012年4月号分が、
ものすごく読みたくなりました。
(オークションで何とかできました^^)


 自分が知らない人でも、やっぱ良い感じの作品が
結構あって、今読んでもわりといけそう?と思ったし、
そう思えたのが、ほんのり嬉しかったです。

 前知識が無い人の作品で、印象に残ったのは、
久世かすみ氏の色紙の好みにあった感じの絵柄、
(ご本人のブログに色紙の絵写真があります)
華夜氏(だと思うのですが)のきれいな扉絵、といったあたり。
 後者の原稿のホワイトの飛び散り方(?)は、
”プロのパワー”を改めて感じました。
 



 また、原画展示だけではないのですが、たまごっちの漫画を
書いている人のうち、ヤスコーン氏の単行本を
ちょっと見たのですが、原作の作風よりも濃ゆく、力強い感じが
する作風で、ちょうど、コロコロに連載している、
穴久保氏のポケモンを思い出させてくれて、印象に残りました。


 他には、作家さんが描くばかりでなく、作画ソフトやコピック塗りなど、
お客さんが作業を体験できるイベントがあったのも良かったですね。


 以上、そういう所を中心に、さらっと見て、おひらき、としました。
たまには、こういうイベントも良いものです( ´∀`)。

Cocolog120812ciao20129
 余韻に浸りすぎて、ちゃお本誌を帰りにお買い上げしてしまう
始末(笑)。もう10年以上ぶりのお買い上げw。”ドーリィカノン”は
既に読んだので、”みい子”を読んだ後は、
ぼちぼちと読んでいくことにします(^^)。


 ちゃおは、少女まんが誌で、一番良いなあ、と
思っているので、今後も永く続くことを願いたいです。


Cocolog120812ciaonostal1 Cocolog120812ciaonostal2
 ついでに、ちょっち懐古ネタ。すぐに出てくる範囲での
購読してた当時の切り抜きなどです。DXも購読してたなぁ・・・。
 とりあえず、やぶうち氏の”KAREN”が終わるまでは
購読してたかなー、という覚えがあるのですが;、
明確な事はよく分かりません(;^^)。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年・第94回高校野球選手権大会開幕!

 2012年、今年の夏の甲子園、第94回選手権が
今日、開幕します。
 強い所が順当だったり、珍しい所が来たり、と、
なかなかバラエティに富んだ顔ぶれではないでしょうかね(^-^)。



 今回は、まず、組み合わせに沿って、ブロック別に
個人的な見方を書いてみたいと思います。
 基本、ブロック別に分けていますが、試合の日も合わせて
いるので、試合の日は”○日目”というのを区切りに見て頂ければ、
と思います。


(1回戦)
1日目
常葉橘 (静岡)-福井工大福井 (福井)
 開幕試合はこのカード。詳しくは後に。


飯塚 (福岡)-広島工 (広島)
佐賀北 (佐賀)-仙台育英 (宮城)

2日目
佐久長聖 (長野)-作新学院 (栃木)
盛岡大付 (岩手)-立正大淞南(しょうなん)(島根)


 実力的に注目したいのは、佐久ー作新のサクサク対決(?)。
佐久は、元PLの監督の藤原監督が新たに就任し、話題を
呼びましたが、そのまま春に頭角を現し、夏も強い勝ち方で
長野を制しました。作新も安定した実力をもち、
甲子園慣れしているベテランチーム。これを勝った方は
このブロックの最有力候補になるのではないでしょうか。
 他にも、佐賀県内では安定した力を発揮した佐賀北、
近年、力を付けてきている飯塚。
 そして、盛岡大付は初勝利なるか?!
今までよりもレベル的には戦いやすい相手だとは思うのですが。




今治西 (愛媛)-桐光学園 (神奈川)
杵築 (きつき)(大分)-常総学院 (茨城)

3日目
浦添商 (沖縄)-愛工大名電 (愛知)
滝川第二 (兵庫)-北大津 (滋賀)


 激戦ブロックではありますが、名電の強さが目立ちます。
しかし、初戦の浦添商業も今年の沖縄大本命の沖縄尚学に勝ち、
エースの宮里投手と快速投手・照屋投手を擁し、
夏出場した時は、好成績を残すことが多い、伝統的に
好チームです。この初戦は屈指の好カードだと思います。
 次に続くのは、激戦神奈川を制した桐光学園でしょうか。
 我が兵庫の滝二は近江、八商といった強い所に
競り勝ちあがってきた北大津。近年甲子園でも良い成績を
残す学校ですね。正直、どことやっても強いブロックに
なりましたが、兵庫大会の戦いぶりを持続して、
健闘してきてほしいと思います。




天理 (奈良)-宮崎工 (宮崎)
鳥取城北 (鳥取)-香川西 (香川)

4日目
高崎商 (群馬)-浦和学院 (埼玉)
日大三 (西東京)-聖光学院 (福島)


 去年の覇者・日大三高と東北の最上位に君臨し、
総合力が高い好チーム・聖光学院の一戦は好カードです。
 選抜8強で安定した力を持つ浦和学院は、
大本命が衝撃的なコケ方をしてから群雄割拠な
群馬を手堅く勝ち上がった高崎商業と。
これも良い試合になるのではないでしょうか。
 春夏連続出場の鳥取城北の初勝利がなるか、
というのも見どころになりましょう。
 今挙げてきたチームが、そのまま、このブロックの
ポイントにもなりそうです。




宇部鴻城(うべこうじょう)(山口)-富山工 (富山)
佐世保実 (長崎)-札幌第一 (南北海道)

5日目
龍谷大平安 (京都)-旭川工 (北北海道)
成立学園 (せいりつがくえん)(東東京)-東海大甲府 (山梨)


 選抜ベスト4の関東一高に勝って、決勝でも
国士舘を退け、激戦の東東京を初制覇した
成立学園と、選抜は逃しながらもレベルは高かった
東海大甲府の試合は良い試合になると思いますし、
これを勝った所はブロックの軸になると思います。
 北海道勢が両方登場しますが、群雄割拠の
南北海道を勝ちきってきた札幌第一の
戦いっぷりも楽しみです。



(2回戦)
光星学院 (青森)-遊学館 (石川)
6日目
智弁和歌山 (和歌山)-神村学園 (かみむらがくえん)(鹿児島)

 ここから2回戦。選抜準優勝の光星と
九州敵なしの神村学園の対決が濃厚と見ます。
 が、それぞれ相手になる遊学館、智弁和歌山も
やはり曲者、となりましょう。



鳴門 (徳島)-済々黌(せいせいこう) (熊本)
大阪桐蔭 (大阪)-木更津総合 (千葉)

 選抜優勝の大阪桐蔭と選抜8強の鳴門が
やはり中心になりそう。この両校がぶつかれば、
おもしろい試合になりそうです。
 レベルの高い千葉、熊本を制した
それぞれの相手も、やはり曲者になりうるでしょう。
 



新潟明訓 (新潟)-県岐阜商 (岐阜)
7日目
明徳義塾 (高知)- 酒田南 (山形)

 明徳と酒南は・・・まぁ、似たような性質の
チーム同士ですネw。意外と当たるのは初めてでしょうか。
試合的には、良い試合になると思います。
 新潟明訓と県岐商は、近年、甲子園で
好成績を収めることが多いチーム同士ですね。




倉敷商 (岡山)-松阪 (三重)
秋田商 (秋田)- (常葉橘-福井工大福井)


 春夏連続出場の倉敷商業に
今春の選抜の東海の21世紀枠にも選ばれた松阪が
挑む、という感じでしょうか。松阪の戦いっぷりに期待したいです。
 秋田商業は開幕試合を勝ったチームとの対戦。
県、北信越で上位レベルを維持しながらもう一歩甲子園に
届かなかった福井も強そうですが、レベルの高い静岡を
制した常葉橘も好チームそうなので、秋商としては
大変そうに思います。





 総合的に見ると、春の戦いぶりを維持できるのであれば、
名電が一番穴がないような感じがします。優勝候補は?と
聞かれたら、俺は名電を推します。
 が、名電は、なぜか夏に弱いんですよね(;^^)。
マークも強くなってくることですし、激戦は必至でしょうが、
俺としては、一番、注目したいです。


 他には、選抜優勝の大阪桐蔭、準優勝の光星学院、聖光学院、
神村学園、浦和学院、鳴門、作新学院、といった春夏連続出場組に、
好投手のいる浦添商業、激戦地区をかった桐光、成立学園、
そして高いレベルの東海大甲府、日大三高、といったあたりまで、
上位候補として注目したいと思います。


 今大会も楽しみに見たいと思います( ´∀`)。
 試合内容もそうなのですが、選手の怪我などなく、
良い大会になって欲しいと思います。


 地区大会の感想を少し。


 まず秋田。能代商業惜しかったなぁorz。今年は出て欲しかった・・・。


 それと群馬。選抜ベスト4かつ春の関東チャンプで、
群馬の大本命だった健大高崎が、道半ばで伊勢崎清明という
新鋭校(っても、初戦で選抜出場の高崎に競り勝っています)
にコールド負けする、という衝撃的な結果がありまして、
あの結果を見た時の驚きは、近年、なかった程の驚きでした;。

 一発勝負の世界、というのは、やはり、何が起こるか
恐ろしいものだ、というのを再認識しました。まぁ、だからこそ、
高校野球はロマンを感じ、面白いんですけどね。

 それにしても、群馬は今年は高崎勢あたり年でしたねー。
夏も高崎商業、ということで・・・って、何気に72回選手権から
夏は久しぶりなんですね:。前回は、準優勝の沖縄水産と
初戦であたり、さらに食中毒にも見舞われる、という不運が
あった苦いものだったので、今回の相手も強い所ですが、
体は万全の態勢でやっていってほしいと思います。




 兵庫県大会も少し。

 滝二が久しぶりに兵庫を制しました。報徳との準決勝も
滝二をさらに強くしたと思います。そう目立った選手はいませんが、
守備の良さはよく目に着きました。
 しんどいブロックに入りましたが、手堅い野球で、
健闘してきてほしいと思います。


 決勝二年連続の加古川北は、本当に惜しかったと思います。
秋の県大会で姫路南に10-0コールド負けした時は、
今チームはムリかねぇ、と思ったもんですが、見事に
良いチームを作ってきたと思います。


 公立校の健闘が光りましたが、やはり、尼崎産業・東と双星の
合同チームが、ブロック制覇し、さらに東洋大姫路まで下して
ベスト8、という大健闘がとても印象に残りました。



 最後に育英の話。
 うーーーーーーん;。シード入りして、喜んでたら
初戦敗退でしたねー(´・ω・`)。
 しかも、相手が須磨学園・・・いよいよ育英が須磨女に負ける時が
来たのか、と思ったら、なんともいえない気持ちですw。
(須磨学園は元・須磨女子です。)
 もともと、須磨学園は駅伝など、スポーツに強い学校だったので、
野球部も、もっともっと強くなりそうな感じがします。
 西神戸地区は本当に大変になりそうですね(><)。


 育英の話に戻りますが、新チームから、安田部長が監督に就任。
日本一を果たしたキャプテン、という経歴が、どうしても 
ついてくるのですが;、次は監督として、チームを立派にまとめて、
良いチームを作ってくれることを祈りつつ、応援したいと思います。
 前チームの足立監督が、”名門復活”への道筋をしっかり
作ってくれたと思います。”視界は良好”と思いたいですね。


 あと、軟式が、県大会の決勝に進出。準優勝に終わりましたが、
去年代表の神院大付を準決勝で下すなど大健闘。
良く頑張りました( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女がフラグをおられたら、小説3巻、コミックス2巻発売。

Cocolog120806gaorare1

 ”彼女がフラグをおられたら”通称”がおられ”の
新刊が今月2日に発売されました。

Cocolog120806gaorare2
(番外。これは美森は不憫でした;^^)



Cocolog120806gaorare3 Cocolog120806gaorare4
 俺は、今回は特典狙いの為、別々のお店で購入。
小説は、竹井10日氏のショートストーリー付きの
付け替えカバーだったゲーマーズ、
コミックスは、凪庵氏の短編マンガのリーフレットだったとらのあな、
という感じでした。

 ゲーマーズでは、他に、カラーコピーのメッセージカード
(小説3巻の特典。中にあるカラー絵のひとつです。)と、
”がおられ”の小説・単行本を買った人に、
ランダムで5キャラのうちの1キャラのカードが貰える、
というのもやってました。恵好きなので、恵が来てよかった( ´∀`)。


 特典についてさらりと書いときます。

 SSの方はクエスト寮のパンフを作ろう、というお話。
パンフの癖にシークレットまで盛り込まれそうだったり、
ちょっとはだけてみよっか、となったり、やはりハチャメチャな
感じで(笑)。パンフの表紙の結果は、小説版の3巻表紙の
恵をご覧あれw。


 短編マンガの方は、MMK(モテてモテてこまっちゃう)状態の
颯太の夢、というお話。現実と変わってないような気もしますがw。
 肝心な本体は、まだコミックスのちょっとだけしか
見てないのですが、ぼちぼち楽しみに今回も読みたいと思います(^^)。
 前回、小説2巻とコミックス1巻のキャンペーンに引き続き、
今回も、小説3巻とコミックス2巻の帯についた応募券と宛名カードと
を郵送料を送っての同人誌プレゼントキャンペーンがあります!
 10月末締め切りなので、今回も忘れずに送りたいです。




Cocolog120806gaorare5 Cocolog120806gaorare6
 また、そのキャンペーン同人誌が、今日、届いていました(゚∀゚)。


 竹井氏のストーリー、CUTEG氏、凪庵氏の短編まんが、
そして、ゲストのイラスト、という構成です。


 文章はまだ読んでませんが、CUTEG氏の”ガールズサイド”な
がおられは、キャラの性転換がおみごとすぎて笑えましたw。
 凪庵氏の短編は、寮改築のため、颯太が恵の家に泊まった
時の詳細が描かれていました。イルカのぬいぐるみを
ぐいーっ、ってしてる恵がラブリーでしたw。



 ゲストのイラストですが、トップのイラストで、
なんとウメス先生の寄稿ですよ(゚∀゚)!
 どっかで見た絵やなぁ、と思ったら、”蒼樹うめ”て書いてはって、
びっくりしましたわ(;^^)。菜波が颯太をツンツンしてました(笑)。


 他の方々も、菜波、茜と、かわいらしいイラストが見られました。


 次の同人誌も楽しみにしたいですねっ( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »