« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

個人的ポップン20近況@12.2.27

 まずは、CDタイアップ解禁イベントから。


 前のwac氏アルバムの記事で、蠍火解禁まで
書きましたが、今回は、Dormirの方も
解禁したことをまず書きます。

Cocolog120227popncdtyupcomp
 ジャケットそろい踏み。
 まだまだ対象曲は”対戦”カテゴリーでよく見られます( ´∀`)。

Cocolog120227popnapxn
 曲はギタドラV3よりαρχη(アルケー)。
ただし、原曲と違い、アルバムヴァージョンでの
収録になっています。
 マーマーみたいにEXで変わるかなー、とか
思ったのですが、変わらずでした(;^^)。


Cocolog120226popnivent
 次は、グループ対戦イベント。勝つと貰える36個の宝石を
集めました。ポップンファンタジアカードの外側(フレーム)の
”ジュエル”が貰えます。
  期間は3月7日まで、ということになっています。
 グループ対戦が熱い、というのは面白いですが、
数が結構大変;。
 それでも、宝石のダブりが出ないのは
良いことだと思います( ´∀`)。 
 


Cocolog120226antiaresh
 あとは、個人的収穫。蠍火ハイパークリアできました(゚∀゚)!!
 もーむっちゃ嬉しかったです!ビートポップくんでクリアした次に
普通ポップ君でもクリアできました。これだけポップンで
熱くなったの久しぶり。
 次はシュレディンガーの猫のハイパーと、面影橋のEXを
頑張りたいです。面影橋は中盤ちょいいったところの
発狂がキツい・・・;。



 やー、ポップン、久々に熱いですわ。
最初こそちょっとごたごたしましたが、
安定感抜群な感じがします( ´∀`)。



 ギタドラの新作・XG3が先日稼働しましたが、
選曲時間の短縮、ゲームのテンポの悪さなど、
散々なスタートになってるから、本当に明暗を感じます。
 あれならXG2のまんまで曲のバージョンアップなどを
してくれた方が良かったorz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこさんにゃーにゃー@2012.2

Cocolog120130nekotan1
 ねこさんニャーニャー。

Cocolog120130nekotan2
 おんぷも見守る(笑)。
 なかなかの猫積載量を誇る車ですw。


 ぶっちゃけた話、こういうシャッターチャンスを
柔軟にこなすことができる普通のデジカメの方が、
一眼よりも好きです。

 や、もちろん、場合によるし、一眼が嫌いなわけでは
ないのですが、こういうのを撮る方が機会がよくある分、
身近ですしね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年の一番梅

Cocolog120219ume12
 今日、うちの庭の梅の木に、
花が咲いてました。一番梅ですな(^^)。

Cocolog120219ume2
 次はこのつぼみっぽいです。
咲く気マンマンで良い感じ。


 3月の頭ぐらいが見ごろになるでしょうか。

 時期になったらきちんと咲く。
本当、自然の生き物、というのは、大したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wac氏アルバム”音楽”を聴きました&ゲームの協賛イベントのこと

 ってか、今も聴きながらこれ打ってるんですが。
今、4周目です。


Cocolog120216wacalbum
 というわけで、15日に発売されたwac氏アルバム
”音楽”の感想を書いておきます。



 ネタバレしないように極力努力しますが、
なんかバレてたらすんませんorz。

 主文としては、聴く前の期待を上回る出来でした(><)!


 良く知っている曲はもちろん、個人的にあまり
印象になかった曲も、良曲というのに気付けましたし、
本当、いろんな”wac分”が満々なアルバムでした(゚∀゚)。


 ちょっとだけ特筆すれば、
murmur twins(マーマーツインズ)は、
曲の雰囲気にさらに遊びが感じられました。
 ポプ20の対戦待ちの時にボタンを押したら鳴る音の一部が
さりげに入ってたりとかw、IIDXのアナザーの冒頭の
がんがんピアノが入ってたりとか、すごく良かったです。


 この後のリップルズ→リトプレのコンボも強力でした。
この辺、neuまで聴いてたら、ムンチャは今回、入らなくて正解
だったかな、と思いました。なんかダブって、もったいないので。


 個人的に、最近、かなり気に入っている
On top of the worldも、音がとても激しくグレードアップ
していて、とても聴きごたえがあって良かったです。


 2枚目はvirkato名義曲達。

 蠍火はIIDXREDサントラ収録のロングverの
別解釈みたいな感じで、また新しかったし、
大犬のワルツは1枚目のgardenもそうですが、
ゆったりめになり、別の美味しい味を出してくれました。
 大犬の方はちょっと弾き方をずらしたラストが
なんかお茶目な感じがしましたw。


 アルバムのタイトルにもなった音楽は、実は
プレイ数回の上に、ハイパークリアに必死で
メインフレーズ以外の部分はよく印象に残って
なかったのですが;、このアルバム版の構成が
とても良く、終わり方も大好きで、
最後にふさわしい曲だったと思います。


 そして、そんな上質な曲達の中で今回、
一番良かったのは、1枚目ラストのneu(ノイ)でした。 
 えらいことになってましたw。さすがwac氏。
圧倒されたり、ノれたり、ニヤリとしたりw・・・
いろんな要素が詰め込まれた、
ある意味、wac氏の集大成な感じがしたし、
それでいて、とっても”少年ラジオ”曲でした。


 ポプ15サントラのロング版も良かったですが、
こちらの方がさらに好きです( ´∀`)。



 ライナーノーツもおもしろかったしw、
歌詞カードやCD、ケース内部では
shio氏が大活躍しまくりで良かったです。
 歌詞、全部手書きでした。
好きやなーこういうの( ´∀`)。


 こんな感じで、とても名作なアルバムでした( ´∀`)。
永く堪能できるものになりそうですし、
できれば2作目も楽しみにできる出来栄えでした。


 ・・・ただ、これだけ良かっただけに、1枚目の今作だからこそ、
やっぱり、RegulusかOVER THE CLOUDS
どちらかは、是非、入って欲しかったなぁ・・・
と、改めて思いました。


 それと、2月19日付のwac氏のツイッターによれば、
”Little Rock Overture”のラスト8小節に
不備が発覚した、とのこと。

 歌詞カード見ながら聴いてなかったので
気がつくことなく普通に聴いていて、
全然自然で気付かなかったのですが(;^^)。

 きちんと見ながら聴いてみたら、
ラスト8小節の3つの固まりのうち、
真ん中の部分だけが抜けて
(ちょっとだけ書けば”闇と~”の所のひと固まり)、
上と下の部分が繋がって歌われています。
(具体的な歌詞は、同曲のロングヴァージョンを参照。
そちらには、ばっちり入ってます。)

 前にも書いたように自然に聴けてしまえる範囲なので、
これはむしろ、レアパターンとして、ありがたく
頂戴しつつ、同氏のtwitterにあった通り、
心の中で歌いつつ、聴くことにします( ´∀`)。

 もちろん、良い歌詞なので、完全版を聴く機会があれば、
聴いてみたいですけどね。






 以上↑、wac氏アルバムの感想でした。


 以下↓、アルバム発売協賛イベントのこと。



 まず、リフレクビートで、murmur twinsができるように
なりました。これは一週間前ぐらいからだったでしょうか。


 それと、ポップン現在解禁イベント中です。


 アルバム同時発売のDormir曲と一緒に開催。
ネット対戦で、wac関係・Dormir関係の曲を選ぶと、
すこしずつ解禁メーター代わりに、ゲーム終了後に
白黒だったアルバムジャケットが一定量、
色付きになっていきます。
 そのジャケットが全部色付きになったら、
それぞれの収録曲のうちのひとつが解禁される、
というものです。


 早速、俺もやってきまして、wac氏の方の解禁曲を
解禁してきました。
 大体、選ぶ回数にもよりますが、4~5クレジットで
1枚分が解禁される計算かなぁ、と思います。

Cocolog120216antiares1
 wac氏の方の解禁曲は、bmIIDX(RED)から、蠍火でした。
個人的にはポプには大犬の方がワルツですし、
あってるかなぁ、と思ってたんですが。
 バナーのバックは、歌詞カードの蠍火のページぽいです。

Cocolog120216antiares2
 ノーマル24、ハイパー38、そして、EXは貫録の43!


Cocolog120216antiares3

Cocolog120216antiares5
 曲紹介文の”美しく、儚く散りな”は、IIDXREDの
ワンモア曲としての出現リザルトの真ん中に書かれていた
言葉でもあります。下の画像のやつです。
 今見てもかっこいいなぁ(;´Д`)。

 あ、IIDXといえば、この曲は別の曲表示もあります。
”PF CONCERTO ANTI-ARES”というものです。

Cocolog120216antiares4
 ノーマルはクリアできましたが、ハイパーで落ち、
EXも記念チャレンジしましたがこの通り;。
 でもやる前はBAD400ぐらい出るかなぁ、と思ってた
ぐらいなので、まぁええかなw。


 Dormirの分の解禁曲は、ギタードラム(V3)からの
αρχη(アルケー)とのこと。順当でしたし、
来て欲しかったので良かったです(^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪オートメッセ2012に行ってきました。

Cocolog120211genkan 
 先週末にインテックスであった車のイベント、
大阪オートメッセ2012に行ってきました。

 こういうイベントは初めてだったので、ドキドキでしたw。


 まぁとりあえず写真から行っといた方がよさそうですね。

Cocolog120211etc0 Cocolog120211etc1 Cocolog120211etc2 Cocolog120211etc4



Cocolog120211junction1_2 Cocolog120211waldwomen Cocolog120211waldmen Cocolog120211etc3 


Cocolog120211suzuki11 Cocolog120211suzuki12_2 Cocolog120211suzuki13 Cocolog120216suzuki31

Cocolog120211suzuki21 Cocolog120211suzuki22 Cocolog120216suzuki11  Cocolog120211suzuki3

Cocolog120211kbreak0 Cocolog120211kbreak1 Cocolog120211kbreak2 Cocolog120211kbreak3  

Cocolog120211kenwood1 Cocolog120216kenwood15  Cocolog120211kenwood2 Cocolog120216jaoa1_2

Cocolog120216alpen Cocolog120216rf1 Cocolog120211dynasty21 Cocolog120211dynasty31

Cocolog120211dynastyall1 Cocolog120211dynasty11 Cocolog120211dynasty12 Cocolog120211dynasty13

 こちらにも少し写真を置いてるので、良かったらみてやってください。


、しかし、ネットに上がってる写真はどれもすげぇ(;゚Д゚)。
機材もあるけど、技術も高いとみられるものばかりで
自分のを見るのが怖いなぁ、と思ったこともありました。
まぁ、その程度の出来です;。

Cocologac120216ilovecars
これは一番の収穫でした(^^)。


Cocolog120211car1 Cocolog120211car2 Cocolog120211car3

Cocolog120211car4 Cocolog120211car5 Cocolog120211car6



 さて、ここから感想を書いときましょう。



 行くまでにいろいろと、感想や写真などで、
会場の雰囲気を掴むつもりでいろいろ情報収集および、
車の撮りの練習などの下準備はしていたのですが、
やはり、実地に行くのは初めてだったので、
どうやったらいけるんやろか、と、心配してたんですが、
とりあえず手近な2号館に入ってみると、
車を中心にどわっ!と来る情景にテンションが上がり、
その車から撮り始めてたら、すんなり撮りまくりモードな
気分になりましたw。


 ちょっと見てたら、ブースの前にシャッターを切る
ちょっとした一団がいたので、見てみると、
コンパニオンさんが車と一緒に軽いパフォーマンス(?)
をしていまして、俺もコンパ二オンさん初撮り、と
させて貰いました。

 商品パンフを配っている人も、カメラを向けたら
応じて下さいますし(やっぱ、ひと声かけた方がいいですね)
実際、入りこんでしまったら、後はすんなりでした( ´∀`)。


 車にも興味があれば、周りは被写体だらけなので、
もう撮りまくり撮りまくりw。
 やーもう8時間ちょいとはいえ、一回の撮影機会に
1000枚行ったのは初めてですよ(笑)。


 ただ、失敗作も多かったので、(ピント外れたまま連写とか;)
今度はもうちょい落ち付いて撮りたいものです。


 そして、もうちょい計画的に回ったら良かったと思いましたし、
気に行った所、自分の現在地なども、貰えるマップにしるしを
つけておくなど、ちゃんと見立てて、次回以降は行動したいですね。


 また、途中で、コスイベントでお会いしたカメラマンさんとも
遭遇。イベントのまったりのノリで話しかけようとしましたが、
あんな暇な状況ではなく、お互い必死だったことに気づきw、
また会いましょう、という感じで別れました。
 彼の戦果も、実りあるものであることを願います。


Cocolog120205camera1 Cocolog120205camera2
 さて、装備はこんな感じでした。
(ディフューザーはこれじゃなくて、ボックス型のやつでした。)
 ブラケットの装備を手に入れ、去年よりも
かなりグレードアップしましたが、撮る機会が無く、
不安な面もありました。

 しかし、いざ、撮り始めると、まぁまぁ
無難な感じになってくれたので良かったです。

 レンズは、標準レンズ、望遠レンズ、
50mmf2.8の単焦点と、持ってる全てを
持って行きましたが、全部に活躍の場があって、
持って行って良かったなぁ、と、思いました。
(まぁ、50mmの分はさすがに距離と相談する面が多かったですが;)



 ただ、構図が結構偏ったので
(個人的に全身撮りが好き、というのもありますが;)、
複数回いけそうなら、レンズを代えてレンズに応じた
構図を狙う、というのも、大事なことだと思いました。


 それにしても、外付けストロボの使い勝手が
まだまだよく分からないところがありますわ(´・ω・`)。
 でも、まぁ、交互に発光してない写真が入る、
というのは、チャージ時間が間に合ってない、
ということでいいんでしょうかね(;^^)。
 とにかく、ひたすら連射してたことが結構ありましたしね。
 それはもう、シャッターのボタンが心配になったぐらい・・・;。



 であ、印象に残ったコンパニオンさんやらブースなども
書いときましょうか。
 まず前提として、コンパニオンさんの中身はみんな
きれいな方ばかりだったのはいうまでもありません。


・IDEAL(イデアル)
 初めて撮らせてもらったところです。
 黒を基調にシンプルにカッコ可愛い感じが良かったです。


・KENWOOD
 コンパニオンさんも多く、ブース内でも商品紹介などで
撮る機会があるのでよかったし、
衣装もシンプルなカラーで好感がありました。


・WALD(ヴァルド)
 男女ともに高レベルで見せ場が十分だったと
思います( ´∀`)。
 特に男の人二人が直立不動で車の端にいる所は、
おおっ、と思いました。
 お二方は大変でしたでしょうが、
おかげで雰囲気がとてもよかったです。



・SUZUKI
 ブースが白と青基調、ステージが白基調で、
照明も豊富で明るく、ノンストロボでもいきやすいですし、
コンパニオンさんが出てる時間が多く、皆、違うタイプの
容姿と衣装で、まめにステージが始まるので、
撮りやすいし、有難かったです。
 車に乗ってくれるとか素敵ですね( ´∀`)。
 被写体栄えもするし、車のよりよいプレゼンにも
なると思いますし。



・Dynasty(ダイナスティ)
 衣装、コンパニオンさんとしては一番好きでした(><)!
絶対いい所で撮りたい、と初めてこだわった所でした。



Cocolog120211regana1
・REGANA(レガーナ) JAPAN
 ブースの中の車の所は上品にまとめられた感じで、
車と共にいた外国の女の人が良い感じでした。
 ブースの外からカメラを向けても愛想良くポーズを
くれましたし、上品で静かなタイプかとおもいきや、
元気なポーズをとってくれたりして、
ノリも良い人やなぁ、と思いました(^^)。
Cocolog120211regana2


・K-BREAK
 派手目なパトカー、夏の砂浜をイメージしたステージ、
大量のくまのぬいぐるみなど、
ファンシーかつ明るい感じのブースに、
水着&ホットパンツといういでたちのコンパニオンさんが
揃い、とても目を引きました。
 すごい人だかりが出来ましたが、改めて、まんべんなく
目線を送るコンパニオンさん達がすげぇな、と思った所です。


Cocolog120211roman11
・浪漫亭
 雰囲気はやんちゃっぽい感じですが、
コンパニオンさんも含めて演出は控えめ。
 でしたが、車の下の所から手の作りものを
だしてるのがあったりして、おもしろい所ではあるな、と
目を引きましたw。
Cocolog120211roman2



Cocolog120211hello1
・ハロースペシャル
 ”夜露四苦”などの四文字当て字のステッカー、
ラッパ、回転灯など、ヤンキースタイルが目を引きます。

Cocolog120211hellowspkyupi
 刺青キューピーもなかなかおちゃめw。

 ヤンキー調に単車にまたがる男性スタッフも
とても良い感じでした(^^)。
Cocolog120211hello3



・JUNCTION
 車関係に加え、昨今、有名になりつつある
”アウトローファッション”のブティック、という感じと
お見受けしました。
 悪羅悪羅(オラオラ)しつつもシンプルに高級に、
という感じでしょうか。
 ブースにはロールスロイスもあったりと迫力がありました。

 コンパニオンさんも黒を基調に派手ではないですが
かっこいい人、可愛らしめの人と、いろんなタイプの人が
いたのも良かったです。
 比較的高級な感じを醸しだす所ですが、販売スペースは、
気取った所などなく、活きが良かったです(^^)。

 そして、ゲストとして、
往年の名作映画、”ビーバップハイスクール”の
初代の立花の菊永(菊リン)役の方、
映画2作目の相手キャラである
城東工業の藤本輝夫(テル)役の方、
それぞれご本人さんが来場してらしたのも、
とても良かったです(゚∀゚)。
 しかも、お二方とも、とても気さくな方々でした(^^)。
 特に菊リンさんが来る時に、菊リン定番の
”扇子をぱたぱたしつつオラオラ歩いてくる所”
を再現してたのも凄かったw。




 映画の”ビーバップ”全盛期の時は中学生でしたが、
良く同作品を見ていました。双方ともに、とても印象に
残っているキャラです。原作のキャラも大事ですが、
上手く演じられた俳優さんの魅力も大きいですねっ。



 以上、ちょいと名作話も入りましたが;、
こんな感じで、帰ろうとした時間は5時30分ごろ。
たぎる写欲は少しは抑えられたかなぁ・・・
 ・・・いや、むしろまだまだ撮りたい(笑)。
翌日も行きたかったけど、当日の反省が
追いついてなかったし、体力的にも無理でしたorz。



 楽しかったし、いろいろ収穫もあった一日でした( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインルーザー2012

Cocolog120214loser
ヽ( ゜д ゜)ノ

 クリスマスに続き、素敵なログをありがとうw。

 っても、Vシリーズラスト、ということで、
クリスマス同様、V8中心でやったんですけど、
普通に対戦者が一人だけという・・・;。
 クラスの合う合わんもあるでしょうが、
ちょっとV8のバトルは厳しかったですね;。

 まぁそれなりに楽しかったからええかw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポトレ撮影してきました

 先日、某モデル掲示板を介してお願いした
モデルさんのポートレートを撮らせて貰いました。
 まぁ、スナップっぽくも撮りましたが。


 ただ、ネット掲載は無し、の条件なので、
HPに掲載はしません。


 舞台は曇りの三宮。東遊園地から三宮駅の方までで
ひたすら撮らせてもらっていました。


 モデルさんは普通の女性。ヲタな要素は
かけらもない方でした。事前に写真などの要求は
しなかったので、どんな人か分かりませんでしたが、
会ってみたら、結構好みのタイプな方で良かったですw。


 行く前は、どう盛り上げればいいか、と
思っていたのですが、世間話やら、今までの
モデルさんの経験やら、撮り方やら、
どう撮れたか、やら、ポーズの指示やら、
なんだかんだとしていたら、撮影する中では
程々に会話が進んだのでよかったです( ´∀`)。
 今までの業者さん撮影会で慣れた面も
ありますが、ヲタってなくても、それなりに
話は生まれてきますねー。



 あと、見慣れた三宮で、こうしてポトレを撮ってる、
というのは、見慣れた所だけあって、こう、違和感が
あったりもするのですが、かえって、それも新鮮で、
こうして撮ることができた、というのは、とてもよかったです。 


 写真の出来は、やっぱぼちぼち動きながら撮った所が、
思ったよりもピントがずれてたり、明るさが足らずに
ブレてたりした写真が結構ありましたが、
それなりに自分が思ってたように撮れてて良かったです。
 また、ピント外れなど、”こういう事もあるんやなぁ”という
ことなど、新たに気づくことがあったのも収穫です。

 あと、明るさ等の補正は、やっぱりするのですが、
コスよりもナチュラルに、ということを考えて、
手を入れるのを少なくしたのも、まぁ、それなりですかね。
 コスの方もそれぐらいにした方がいいのかも
知れないなぁ、と補正をしながら考えてました。


 こんな感じで、初めてのモデル個人さんにお願いしての
ポトレ撮影。楽しかったし、また一つ、勉強になって、
お願いして良かったなぁ、と思いました。


 次は、この週末に、インテックスである車のイベント
”大阪オートメッセ”というイベントに行ってみようかと
思っています。こちらも初めてなのでドキドキですw。


 従来の撮りがやりにくくなった分、
当面は見聞を広げる方向で行きます。
 気分は前向きロケット団w。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wac氏アルバム”音楽”2月15日発売!

 (あとで感想を追記する予定でもあります。)


 2月15日にwac氏の初アルバム”音楽”が
コナミスタイルにて発売になります(゚∀゚)!

 初回特典は缶バッジ、初回生産分には、
ライナーノーツがつく、ということで、
先ほど注文しました。

 個人的に、同氏のアルバムは待望でしたし( ´∀`)。


 収録曲は、



<1枚目>


I(”プリモ”と読みます。書き下ろしイントロダクション曲)
Little Rock Overture
ポップミュージック論
面影橋
garden
On top of the world
Ensemble Forecast3/28
murmur twins
少年リップルズ
Little Prayer
neu




<2枚目>


ピアノ協奏曲第一番”蠍火”
ワルツ第17番ト短調”大犬のワルツ”
”音楽”


の計14曲。



 アルバムページから、曲の一部分の
試聴(youtubeに飛びます)が可能です。 

 個人的には、これに”Regulus”か”OVER THE CLOUDS”と、
”moon_child”、欲を言えば”なつやすみのぼうけん”が
加われば完璧でしたが、
このメンツで、十分満足してます( ´∀`)。

 あとは聴いてからですね。
楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »