« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011 高校野球秋季近畿大会 3日目観に行ってきました

 近畿大会の観戦に行ってきました。
メインは育英ー近江でしたが、
2試合目の奈良大付属ー海南
も見てきました。

 ちょっとレポってみましょうかね。
育英ひいきなのはご勘弁くださいm(__)m。

Cocolog1110291

   H  222 110 203 13

育 英  001 000 004  5
近 江  000 301 21×  7

   H  110 302 20   9


エラー:育英2、近江1


奪三振:育英3つ  近江2つ




<育英>


6 御縞(みしま)→9回代打:安川→代走:稲葉
4 三木
3 新井
7 上原
9 中島→8回:9→1
5 柳田
8 島
1 山下→7回2死:高原→8回代打:福山→8回:2 福山
2 濱村→8回代打:村岡→8回:1 平岡(2連続四球後)
                        →8回:9 福岡




<近江>


7 久米
4 福井
8 山口
5 藤原
9 橋本
3 鯰江(なまずえ)
2 津坂
1 村田→4回代打:大石→5回:1 広瀬→
      7回代打:室井→代走:辻耕平→1 山田
6 多賀




 育英は初回、2回と、ヒット2本ずつは出ますが
無得点。3回、三木選手がヒットで出塁、新井選手が
3塁線に上手いバントで送って1死2塁、
上原選手がレフトフライ後、中島選手がレフトへ
タイムリーヒットを打ち、1点を先制します。


 4回も山下選手がレフトにヒットを打ち、
濱村選手がバントを決めて1死2塁にするも
後続が断たれます。


 対する近江は4回、山口選手のセンター前ヒット、
藤原選手のレフト越えのヒットで無死1、3塁から、
橋本選手のライトへの大きな3ランホームランで
逆転します。
 繋がりと力強さを感じる、恐るべきクリーンナップの
活躍でした(><)。


 育英は5回、代わったばかりの好投手・近江の広瀬投手の
立ち上がりを攻め、1死1,3塁のチャンスを迎えるも無得点。


 近江も5回は、死四球で出た2人のランナーが盗塁を
着々と決めるなどして2死満塁と攻めますが、
先ほどホームランの橋本選手を山下投手がショートゴロに
仕留めて、ピンチをしのぎます。


 6回の近江は、鯰江選手のショート内野安打から
津坂選手のバント、広瀬選手のゴロで2死3塁となり、
多賀選手のセンター前タイムリーで1点を追加、
7回は四球、悪送球で出たランナーを連続センター犠牲フライで
着実に返し、8回も代わった育英・平岡投手がストライクが入らず、
連続四球などで得たランナーを、キャッチャーの牽制悪送球で
7点目をあげるという、ミスに乗じた攻撃も決まりました。



 7-1。ヒット数で上回る育英は得点は大きく離された
展開で迎えた最終回、強い粘りと繋がりを見せます。 
 先頭打者の代打の安川選手が四球で出塁、
三木選手がレフト前ヒットで続き、新井選手がレフトオーバーの
タイムリー2ベースで無死2、3塁から、上原選手の内野ゴロが
野選(フィルダースチョイス)を誘い、三木選手の好走塁で
1点、さらに中島選手の左中間越えタイムリー2塁打で
この回、ノーアウトで4点を返し、勢いづきます。


 しかし、そのあとは3塁にいたランナーを還すことができず、
試合終了、となりました。

Cocolog1110292


 育英も近江もバットの振りは良いもの同士で、
あとは、チャンスを活かしきれた回数が
得点に結びついて、この2点の差になったと思いました。
 
 近江は満塁無得点はあったものの(ここは育英の
守備陣を褒めるべき!)、的確にチャンスを活かした
攻撃ができていたと思います。


 育英サイドとしては、やはり残念なのですが、
育英に勝ったのだから、近江には、この先、
しっかりと上位を狙っていってほしいと思います(`・ω・´)。
 


 あと、5回終了後のグラウンド整備の時の、
”ドン・ドドドン”のやり合いは、ありませんでしたw。
 やっぱ他地方の学校相手なら、分かりませんかね(;^^)。
 また、応援といえば、エール交換の時、近江サイドから
くれる時に、”武井育英会私立育英高等学校”と
校名を本当にフルに言ってくれたのにはびっくりしましたw。
今まで見てきて初めてでしたよw。




<第二試合>


   H  100 101 023  8

海 南  000 000 001  1
奈大付  000 302 10× 6

   H  111 412 21  13


エラー:奈良大付1つ、海南なし
奪三振:海南・楠5個    奈良大・吉田祐11個 




<海南>


9 馬場
4 木下
6 富士
7 中西
2 中谷
8 丸山→9回代打:巽
5 吉田
3 石田
1 楠(くす)




<奈良大付>


8 吉田拓(拓己・たくみ)
5 福井
2 工藤
7 長瀬→7回代打:安藤(あとう)→8回、7 安藤
3 加藤
9 庄子(しょうじ)
4 玉井
6 松下
1 吉田祐(祐輝)



 海南は初回、1死から木下選手のゴロを1塁へ悪送球
される間に、木下選手が2塁に進もうとするもつまづき、
その間にボールが戻ってきて1塁に帰り切れずアウト。
 その後に富士選手のヒットがでるという
惜しい攻めのスタートに。


 4回表には木下選手がセンター前にヒット、富士選手が
バントで送って1死2塁、中西選手が三振のあと、
松下選手の3塁へ盗塁しますが、奈良大のキャッチャー、
工藤選手の肩が光る好送球でアウトとなります。


 楠投手の好投の前に、もう一歩攻め切れない奈良大は4回、
加藤選手のレフト越え2塁打を皮切りに、庄子選手のレフト前、
玉井選手のレフト越え2塁打で先制します。
 1死後、吉田祐輝選手の左中間前への2点タイムリーヒットで
この回3点を先制しました。



 6回裏は、庄子選手のセンター前ヒットから玉井選手の
ゴロで1死2塁から松下選手の右中間越えのタイムリー三塁打、
続く吉田祐輝選手のライトフライで2点を追加。
7回にも1点を追加し、大勢を決します。



 エースの吉田祐輝投手は7回表の3者連続を含む
11奪三振。攻撃面でもいいところでヒットを打ち、
好守共に大活躍でした。
 高校野球ファンとしては、甲子園でも観たい
好投手のひとりですね。

 6-0と大きくリードされた海南は9回、1死から
富士選手のセンター前、中西選手のレフト前、
中谷選手のライト前ヒットと3連打、代打の巽選手の
ショートゴロの間に1点を返し、意地を見せました。

Cocolog1110293

 奈良大は、守備がちょい雑な感じでしたが、
崩れそうで崩れない、しっかりしたものがありました。
 また、ライナー性できれいなヒットが多く、
バットがしっかり振れていた選手が多かったです。
 応援面では、チャンスの”正強(せいきょう)音頭”が
印象に残りました。
 同じ奈良の郡山の”郡高(ぐんこう)マーチ(音頭?)”
みたいな特色ある曲ですね( ´∀`)。
 ちなみに、”正強”というのは、奈良大付の前の校名が
正強高校という名前だったところからでしょう。
 今でも大事に受け継がれています。



 海南も打球はなかなか鋭かったと思いますが、
ヒットになる機会は少なかったのは惜しい所。
 守備はノーエラーでいい所がでましたね。
楠投手も、毎回安打は許しましたが、
それなりに粘り強く投げていたと思います。
 



 ここから育英よりの感想を・・・。
Cocolog1110294

 育英は回の最初のランナーがなかなか出ず、
攻めきることができなかったですね;。
 県大会では、これでも、関学戦以外は
なんとかなってたのですが、
さすが滋賀のチャンプ。一筋縄ではいきませんね。
 
 

 それでも、9回の意地の4点は、お見事だったと
思います。あの粘りは、負けた中でも
今後につながる大きな財産だと思います。
 


 守備は、悪送球もありましたが、
2回の近江の攻撃の時に、島選手が、
鯰江選手の強烈な大飛球を好捕したり、
4回の近江の攻撃で、逆転されてからも続く攻撃で、
津坂選手の鋭い打球を新井選手が横っ跳びで
好捕したりしましたし、また、点差が開いてから
気が緩み始めそうな時でも、際どいボールには
飛びつくなど、集中力を切らさない、いい守備が
観られたのはよかったです。



 とりあえず、悔しいのは、やはり敗戦という結果と、
後半の点の取られ方、チャンスを活かしきれない攻撃、
また、1年生で評判の良い平岡投手が、
思うような投球ができてなかった、
というところです。ワンアウトでも取れてたら、
試合に負けるにしても、今後の為に良い経験に
なってたと思われるですが(´・ω・`)。
 平岡投手は未来ある投手。これを”試練”という名の
糧にして、成長していって欲しいと思いました。

 個人選手として特筆したい選手は、
中島選手のオールマイティな
実力が目を引きました。打者としてもレベルが高いし、
守備も好守備が光りますし、さらにこの試合、
あの場面でピッチャーとしても好投したという
のにはびっくりしました。
 

 上位の御縞選手、三木選手、新井選手も
レベルが高い、頼りがいあるメンバーだと思います。

 
 あと、洲本戦で先発も、基本、控えの福山選手も
相当良い選手だと感じました。
 キャッチャーもできてしまう器用さも
センスの良さを感じます。


 総合的に見て、ここまで本当によくやったと思います!

 前チームの初戦コールド負けから、
復活は当分かかるなぁ・・・と思っていましたし、
地区大会初戦の滝川戦も心配になるものでしたし・・・
県大会は初戦から社ですし・・・”あかんかも;”の
連続でしたが、ここまで来ることができたのは、
本当に大したものだと思います。
 

 さらに、近畿大会に出て、ここまでの試合をしただけでも
来年以降、未来にむけての財産になったと思います。
 今年の秋の育英の試合を、ここまでたくさん見られて、
良かったです( ´∀`)。
 
 
 

 たくさんのヒット数は、きっと、夏の惨敗から、
たくさんたくさんバットを振ってきた成果でしょう。
 次は、さらに、チャンスに強いチームに
成長してほしいと思います。

 来年も春県大会(国際に勝って出場して)、
そして夏県大会と、また、”強い育英”として、
観られることを楽しみにしたいです。


 ひとまず、秋の公式戦はお疲れさんでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年 高校野球秋季近畿大会の個人的展望

 今年の高校野球の近畿大会の
組み合わせが、今日、決まりました。 
 今年は母校が出場するのでドキドキでした(;^^)。


 今回は、その近畿大会の個人的展望などを
好き勝手に書いてみたいと思います。



<組み合わせ>


報徳学園 (兵庫1) - 履正社 (りせいしゃ・大阪3)
那賀 (なが・和歌山1) - 水口 (みなくち・滋賀2)


鳥羽 (京都1) - 石山 (滋賀3)
東大阪大柏原 (かしわら・大阪2) - 智弁学園 (奈良2)


天理 (奈良3) - 立命館 (京都2)
大阪桐蔭 (大阪1) - 関西学院 (兵庫2)


近江 (滋賀1) - 育英 (兵庫3)
奈良大付 (奈良1) - 海南 (和歌山2)


で、勝ち進めば、隣りの組み合わせで
勝った方と対戦、ということになります。




 現時点で”3強”と言われている、
報徳、智弁、大阪桐蔭の初戦は、
それぞれ強い所との対戦で、
そのまま好カードになっています。


 うーん、特に柏原ー智弁が一回戦から、というのは、
とてももったいないですね;。両方ともレベルの高い
チームだけに・・・。
 報徳は近年安定した実力の履正社、大阪桐蔭は
兵庫大会で一戦一戦、力をつけてきた、粘り強く
負けにくい関学ということで、去年と同じく、
兵庫1位-大阪3位、兵庫2位-大阪1位、という
対戦になりました。後に挙げる育英も含めて、
兵庫勢、またまた大変やぁ(;´Д`)。


 他の注目校としては、和歌山大会で、智弁和歌山に
8-1で勝ち、和歌山を制した那賀に
久しぶりの古豪・海南の和歌山勢に、
奈良を制した奈良大付属あたりを
挙げておきたいです。

 我が母校(一般生徒OBですが)の育英は、
滋賀を制した近江と。
なーんか、そろそろ当たる予感がしてました(;^^)。
 これもいい試合になると思います( ´∀`)。育英については
また後ほど・・・。



 組み合わせとしては、”3強”がベスト4まで当たらない、
しかし、”地雷”になりそうな学校が初戦、という、
結構、いちファンとしては面白いものになったのではないかな、
と思いました。


 一応、勝ち進みと選抜6校を願望込みwで予想すると・・・

8強→報徳、那賀、鳥羽、智弁、天理、大阪桐蔭、育英、奈良大付
4強→報徳、智弁、大阪桐蔭、育英
2強→報徳、大阪桐蔭
優勝→大阪桐蔭
選抜出場→大阪桐蔭、報徳、育英、智弁、那賀、奈良大or天理

・・・という感じになるのでは?というように見ていますが、
あくまで願望込みの予想、ということでw。
しかも奈良大天理絞りきれてないしww。
 十分、覆る可能性は秘められた組み合わせだと思います。


 もうちょい書くと、この勝ちあがりとしたら、
天理・奈良大、そして鳥羽までが、
ベスト8での戦いっぷりと地域性が評価対象になると
思います。
 また、那賀については、大敗するかしないかで、
当落どうなるか、という見方もできるのですが、
負けるにしても、相手が報徳にしろ履正社にしろ、
大敗するようなチーム力ではないと評価しています。
やっぱ和智弁1-8という結果は強烈です。



 ・・・と、いう風に、いろいろ予想も膨らみますがw、
早速、今週末から熱戦が繰り広げられることになります。
楽しみにしたいですね( ´∀`)。



 今回の舞台は大阪の舞洲(まいしま)
ベースボールスタジアム。


 ↑ののリンク先にもありますが、
交通機関を使っての行き方をちょっと書いておきます。

 阪神からでは、野田阪神か西九条から81系統のバス
(本数は少ないので注意)で、舞洲中央下車。
 JRからでは、西九条駅からゆめ咲線に乗り換えて、
桜島駅から、アクティブバスというバスに乗って、
ベースボールスタジアム前下車。(こっちの方が
本数が多いです。)
 前(1999年)に行った時は、周りにコンビニ等を見た覚えが
ないので;、舞洲入りする前に、必要なものは調達して
おいた方が良いかと思います。


 以上、今秋の近畿大会全体のお話でした。







 最後に、育英について。


 先に書いたとおり、初戦は滋賀チャンプの近江です。
勝てば、ベスト8で、奈良大付属と海南の勝者と対戦です。


 全部、強い所には変わりないですが、
ぶっちゃけ、報徳・智弁・桐蔭の”3強”とは、
甲子園当確ラインのベスト4以降でしか当たらない、
唯一のブロックに入った、というだけでも、
とても恵まれている、と思います。

 やー、”選抜は気にせずに”ということを
前に書きましたが、やっぱ気になりますネ(;^^)。

 この比較的恵まれた組み合わせを乗り越えられないと、
甲子園でも良い結果は残せないと思います。
 堀田・井村世代で、比較的、運に恵まれなかった分、
今回は運も味方してくれているように思います。


 あとはどうか、県大会通りの普段通りの
試合をしていってほしい、と望みます。 
(もちろん、改善点は改善してほしいですが)


 今年のチームは、なんかこう、いろいろと
特別なチームに思っているので、例年のチームより
思い入れが少し強いですネ(;^^)。


 いろいろ気にする所は、正直、ありますが、
それより何より、今大会での健闘を強く祈ります(`・ω・´)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこさんにゃーにゃー


Cocolog111016cat1

Cocolog111016cat2


 よく行くスーパーに居ついているネコさん。
近くの飼い猫さんっぽいです。

Cocolog111016cat3

Cocolog111016cat4

 止まってる自転車のカゴにまで
収まる余裕さw。いいっすねー。
”余裕ティー”って感じw。
(よく言ってたけど、”ティー”って何w?)

 

 ついでにデジカメと一眼レフデジカメについて
うんたん書こうかと思ってたけど、なんかこう、
いい表現が思いつかないのでやめときます。


 ネコさん にゃーにゃー(^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星かぶった人

 
Cocolog1110141


 
 三宮にある、”MINT神戸”の5周年の広告。
今回の注目は右下の黄色い星の人。

 よく知らない作品ですが、
確か”荒川アンダーザブリッジ”って漫画で
星かぶってる人いましたよね(笑)。

 あれ思い出しましたw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナミ音ゲー近況@2011.10

 bmIIDXの新作”Lincle”と、jubeatの新作”copious”が稼働して
ひと月、ということで、いい節目に今、良くやってる個人的
音ゲー近況など書いとこうと思います。



 とりあえず最近の音ゲプレイ頻度は・・・
GFXG>dmXG>IIDX=jubeat>DDR>GFV=dmV(=ミク)
>リフレク>ポップン=ハローポップン
・・・という感じです。




 ポップンは前にやったのはボスバトル開始の最初のころ以来。
他が忙しくてする暇ないですorz。そろそろやりたいなぁ・・・。




<IIDX19 Lincle>

 今作は他音ゲーとのリンクがテーマで、
曲の傾向はポップな方向、というシリーズです。

 他の音ゲーで縮小されていってしまっている
ムービーがなんとも特徴的ですw。え?”萌寺”ですか(笑)?!

 Express Emotionのアリス天土(あめと)しかり、
衰色(すいしょく)小町メランコリアのおにゃのこしかり、
Drive Me Crazyの、出てくる仕掛けも絶妙の
おにゃのこしかり、Almaceのねずみしかり、
恋する☆宇宙戦争っ!!のポップセリカしかり・・・
GOLI氏ポップ調って、何気にラブシャ以来ですかね。

 あとはRound and Roundの茶倉(さくら)とか・・・
や、あれのラストで”SIRIUS”の犬の中の人が茶倉だった
という、衝撃的なストーリーもあったりするんですが。

 また、今作のボスイベント”Lincle Kingdom”の
”強欲”と”色欲”のボスキャラを見ましたが、
あれらも良い感じでした。”DJT”の時の
”ミリタリースプラッシュ#2曲”形式ムービー、
好きですねー。

 また、Electric Super Highwayのマッチョロボや
EVOLUTIONのNAOKI氏のイケメン具合も良かったです(^^)。



 純粋に曲では、Almace、prompt、
Star Trail、Several Words、Miami Sunset Drive、
Release The Music、A MINSTREL、
BLACK.by X-Cross Fade、F、CALL、
そして、jubeatの移植3曲であるI'm so Happy、
Snow Goose、Far east nightbird
・・・といったあたりが好印象です。

 また、追加配信曲というものもあるとのことで、
SUPER STAR 満-MITSURU-の新曲があったり、
アニメの”グレンラガン”とのタイアップ曲として
DDRに入ったTrustのIIDXverが入るとのことで、
そちらも注目したいですね。
 ・・・まぁ、ないでしょうが、DDR同様、”グレンラガン”本編
からクリップが来たら笑ってしまいそうです(笑)。


 あと、復活曲が個人的になかなか優秀だと思いました。
おかえり~desolation~カモンカモンイェア~!



 ゲームの中身については、前にも書きました
”Lincle Kingdom”。これについては、まぁ、前のツアーモード
よりもやる気は出せるのではないかなぁ、と思います。
 自分はまだまだ、”強欲の廃都”で、コツコツレベル上げ
段階です・・・って、これ、音ゲーですよ(笑)。



 段位認定については、リザルトがアバターのみで
同じになってしまったのが残念です(´・ω・`)。

 エキスパートコースは、裏コースがなくなったのも
残念・・・。初回が3コースと少ないのも残念・・・。
 行脚でエキスパやって、ゲーセン名を残すのも
面白いのに、コース不足で、それがやりにくくなるし;。 


 EX-HARDはキツいですねぇ;。ちょっとずるずる
ミスったらすぐ落ちますし;、調子よくいったら
フルコンボしてしまいますし;。なかなか大変です。


 最後にリフレクとのリンクルリンクですが、
結局、”Wuv U”まで解禁で終わりになりそうです。
 ゲームぐらいゆっくりさせちくりぃ(><)!





<jubeat copious>


 デザインは今までで一番好きになりそうです。
デフォルトのマーカーは史上最悪でしたが;。


 こちらもIIDXとのポイントを通じてのリンクも
ありますが、曲解禁に”伝導”という、プレイヤー
同志のリンクもテーマになっています。

 この伝導がなんとも複雑な気持ちで・・・;。
伝導できたら嬉しい反面、欲しい曲になかなか
当たらなくて解禁が遠いしorz。こんなことになるのなら、
前作でいっぱいやっときゃあ良かったなぁ・・・。

 今のプレイの仕方としては、2曲目までで
”APPEND FESTIVAL”のJailbreak、
Theory of Eternity、FLOWERや、
旧曲の一部を中心に、相手への伝導を
目指してプレイして、残りを、LV9,10のランダム
マッチングにしています。
・・・プレイは全然できませんけどねw。


 新曲で目立つ所は、トルコ行進曲、
流砂の嵐がよかったのと、
版権曲では、このゲームのテーマにぴったりのタッチと、
なんといっても、”まどかマギカ”の
OPでおなじみのコネクトでしょうかw。
 初回プレイの1曲目で選んだら、相手さんの中に
”HOMURA”という名前の人がいたのは
良かったですw。

 この曲は、ポップン20(Fantasia)にも入る予定で、
DDR制作チームもこういう事を言ってるのでw、
DDRX3にも、まぁ、入るかと。
 でも、DDRに入るなら、意表を突いて、
アニメ本編で杏子がやってたバージョンで入れてみる、
というのもおもしろいかも知れませんね。
 このバージョンアレンジをやった人も、
IIDXやポップンで曲提供をしている、
Anemo=Aspel,MYTHOLOGYAの一員の方、
という縁もありますし( ´∀`)。



<ギタドラXG>


 グループ対抗イベントが終わるので、
若干まったりめになりそうですが、
上達著しいので、これからも中心にやってると思います。

 ギターが多いのは、グループ対抗イベントで、
グループでやってる人が少ない分と、ピンクがだいぶ
押せるようになってきて面白くなったことがあります。

 ドラムの左足は、いまだに難しいですね;。
交互踏み(dkdk)は、まだまだです;。


 XG2の曲が出揃ったので、気に入った曲をちょっと
挙げておくと、
Chinise Snowy Dance、Victory!、紫の月、前髪、Pink Bird、
ダイヤモンドロマンス、Love Rox!、drop、
衝動が描いたどうしようもないストーリー、
The 勇気、サヨナラナミダ、gloom、
版権曲では、GOLD、アンマー、贈る言葉
・・・といったあたりです。
 


Cocolog111013victory
 Victory!はサントラのロングバージョンを聞いて
ドハマりしました。これは絶品ですっ!



Cocolog111013kurokami
 
 ポップン→IIDXと来て、今回ギタドラXGに来た
黒髪乱れし修羅となりて、はギタドラのアレンジが
最高に好きです。


 また、XG3のロケテストが行われましたが、
どうやらムービーが消されてしまう公算が高い様子orz。
ひどく残念です(´・ω・`)。

Gren2

1108gren
 代表として、挙げると、紅蓮の焔のムービーなんて
絶品なのに(><)。
こういうのが新作では、みられなくなるかも
しれないんですよね。 残念すぎます(><)。
Cocolog111013gren3

 ”愛なくしては死んだと同じ~”の所で
正面をキョロっと見る所がたまりませんw。
 ムービーはこちらで見られます。




<DDR>


 先日、やっとこさ”回転”を経験することができました。
FlourishのBASIC譜面のラストです。右向いて上下を押して、
前向いて左右を押して、左向いて上下を押して、
後ろ向いて左右を押してフィニッシュ、ってな感じです。

 なんかButterflyで、いっぱい回れるらしいのでw、
次はそれに向けてやってみたいです(^^)。



 まだまだ書くことはあったと思うのですが;、
今回はこの辺で~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年秋季兵庫大会3位決定戦と今大会の育英の感想

 もう日付は変わりましたが、便宜上、”今日”と、
しときます。


 今日、今年の秋季高校野球兵庫大会の3位決定戦と
決勝戦がありました。


 決勝は報徳ー関西学院で、3-1で報徳が勝ち、
優勝した模様です。


 今回の主題は、その前に行われた3位決定戦で、
これは洲本ー育英の組み合わせ、9-2の8回コールドで
育英が勝利!来春の選抜の重要な参考資料になる
近畿大会へ3位校として出場権を得ることになりました。
Cocolog111009ikueisumoto1

 では、試合の内容と感想を。
(細かいところなど、間違ってたらすみません;)


安打数  000 002 31 l 6

洲 本  000 000 20 l 2
育 英  301 400 01 l 9

安打数  421 411 21 l 16

エラー:洲本3、育英2


<洲本>

8 谷口
7 小嶋
6 飯田
9 石坂
4 正井
3 下原
5 松原
2 大村
1 島垣



<育英>

6 御縞(みしま)
4 三木
3 新井
7 福山
9 中島
5 柳田
2 濱村
1 山下
8 島 →8回裏、代走、稲葉




 育英は初回、御縞選手がライト前ヒットで出塁、
三木選手が送りバント成功で1死2塁から
新井選手のレフトへのヒットで先制し、
さらにレフトとキャッチャーの悪送球が重なり、
新井選手も生還し2点目。
 その後、2死1塁から福山選手のレフト越え2塁打と
中島選手のセンターへの2塁打で3点目を挙げました。


 洲本は3回表、無死から、大村選手がサードのエラーで出塁。
1死1塁で谷口選手のライトへのヒット性の良い打球を、
育英のライト・中島選手が横っ跳びで捕るファインプレー!
既に回っていたランナーもアウトでチャンスをつぶします。



 育英は3回裏に相手のエラーと柳田選手のヒット、
濱村選手のスクイズで1点を追加してからの4回、
貰った四球・ワイルドピッチに犠牲フライ・新井選手の盗塁・
ヒット4本を効果的に絡めて4点を挙げ、8-0とリードを広げます。


 前日の関学戦で多くの球数を投げた山下投手ですが、
そんな中での登板で、神戸国際大付を打ち崩した
強力な洲本打線を、味方の好守にも支えられながら、
6回表2死までノーヒットに抑える快投を見せます。


 その6回表もこの回最初の大村選手の良い当たりを
セカンドの三木選手が好捕しました。
 そんな中で洲本は、2死から、谷口選手のレフト前ヒットで、
初安打を記録。
 次の小嶋選手もサードへのヒットで続き1,2塁と攻めますが、
後続が断たれます。


 そして、このままいけばコールドゲームになる
7回表の洲本は4番からの好打順。
 1死から正井選手がショートへの内野安打。
ヘッドスライディングでの気迫の出塁でした。
 続く下原選手のライト前ヒットでチャンスを広げ、
2死1,2塁から大村選手がレフト越えの2点タイムリー2塁打で
8-2としました。
 勢い付く8回表は谷口選手のレフトセンター間へのヒットで、
中継がもたつく間に2塁に到達、小嶋選手の当て損ないの
ファーストゴロながら進塁打となり1死3塁のチャンスでしたが、
後続が凡退。




 8回裏、育英は島選手が四球で出塁し、
稲葉選手が代走で出場。
 御縞選手がバントで送って1死2塁、
三木選手のショートゴロの間に3塁に進塁して
2死3塁から、新井選手がレフト前にヒット。
 9-2の8回コールドゲーム、ということになりました。



 淡路戦で9回15安打、関学戦で13回17安打を放った
育英の強力打線は、この試合でも8回16安打と好調でした。
 それにバントも成功率が高く、
上手く攻めることができたのが良かったと思いました。
 また、エラーも出たものの、好守備が見られるなど、
守備も良かったのも、良いリズムになったのではないでしょうか。



 洲本も、初ヒットから2安打、3安打、1安打、ということで、
ヒットが出たらうまく続く強力打線の片りんはみられました。
 守備はちょっと雑になってしまった所もありましたが、
なんとかボールを取ろう、という気持ちが入ったプレイ
だったと思いました。




 その他では、やはり、5回が終わった後のグラウンド整備の
間の、”どんどどどん!”の掛け合いがものすごく好きですw。
 淡路戦も観に行きましたが、淡路勢は押し負けなかったなぁ。
ノリと元気が良いのでしょうね(^^)。

 あれは、見てて面白い、というのもありますが、
敵味方関係なしに、両チーム勢で、一体感がもてる
感じがするのが、とても好きです( ´∀`)。

 以上、試合の雑感でした。



 以下、今大会の育英の感想。


 正直、地区大会に入る前は、負けても仕方ないので、
とにかく、今後につながる良い試合をしてほしい、
と思っていました。 


 地区大会初戦の滝川戦の感想を見ていたら、
どうなんやろか(´・ω・`)・・・と思っていました。

 その後、敗者復活戦を勝ち続け、県大会に出られたときも、
同じように、考えていました。



 県大会の初戦がよりによって高い評価の社・・・。
せめて9回やって欲しい・・・と思っていました。
 終盤まで好勝負で社リードの中、
雨で長い中断。あわや降雨コールドもあるかも
しれない崖っぷちの中で、試合再開後に逆転し勝利!
 やー、これにはさすがに驚きました。あれが県大会を
勝ち進む本当に良い勢いになったのではないでしょうか。


 去年と同じ2回戦で当たった伊川谷戦は、3-6で負けた
去年の倍返し以上で勝ち、3回戦の近年の実力校・明石商業に
競り勝ちました。
 この時点で、”今年のチームはすごいちゃうんか( ゚∀゚)”と
思いましたねー。いてもたってもいられなくなって、
淡路戦を見に行きましたわ。 



 なかなかの好チームだった淡路を下し、続く関学戦で
延長13回の大熱戦。それには敗退しましたが、
打線好調の洲本に勝ち、近畿大会の出場権を得る・・・。



 正直、大会に入る前は、近畿大会の出場なんて
考えられず、ただ、監督が代わったあとを
良い流れにして、今後につなげて欲しい、と
思って見るつもりでいましたので、
嬉しいよりもびっくりした、という気持ちがあります。


 本当、この大会で、一戦一戦強くなっていきました。
近畿大会もそりゃあ勝って欲しいですが、
前チームの初戦コールド負けからしてみれば、
現時点で、俺個人としては、合格点を軽く突破して
くれたと思ってます。(えらそうですみませんが;)
ほんまによくやってます(;つД`)。


 それでも、近畿大会でも、選抜出場よりも、
やはり、今後につながる良い試合をしていって欲しい、
と、思ってます。

 近畿大会出場おめでとう育英(・∀・)!
Cocolog111009ikueisumoto2

 今回の球場は大阪の舞洲、さらに京都から鳥羽が出る
ので、1999→2000年世代の時を考えると、
(決勝が育英ー鳥羽でした)
なかなか”ゲン”が良いのも良い感じですw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真ページ更新@9月19日撮影分


 先日、レポも書きました、初めて専属撮影を
させてもらったイベント分の写真を掲載許可を
もらえたので、写真ページにアップしました。

 久々のコス写真アップです( ´∀`)。
またひとつ、写真ページに潤いができました(^^)。


 写真の出来の総合評価については、
俺様のメモ帳にのみ、記し残すことにしますw。


 ただ、こうした、じっくりと撮らせてもらうことができつつ、
結果を残さなければならない、という機会は、
モチベが違うのはもちろん、大きな経験値になった気がするし、
普通に野良で撮ってるだけでは、気付きにくい課題に
気付きやすい気がしました。


 もちろん、無理をして、”自分定規”で見て、無茶な状況に
身を置いてしまったら、色々と耐えられないでしょうから、
しない方がいいと思いますが(;^^)。
 そういうことでは、今回は、結果的に、”自分定規”で、
程良い状況になって良かったです。


 以上、なんかこう、ちょうどいい書き方が思いつきませんが;、
改めて、いい機会を貰えたことに、有難みを感じましたm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今期見るアニメ@2011.10

 ぼちぼちアニメの改編期、ということで、
今期見るアニメの列挙と、前期アニメの雑感を
書いておきます。

 ほとんどの情報は、いつもの アニメNEW さんより。




<月曜日>

・10/3 WORKING’!! 読売テレビ 深夜1:44~

・10/17 僕は友達が少ない TBS 深夜2:50~

・銀魂



<火曜日>

・10/4 ましろ色シンフォニー サンテレビ 深夜2:05~

・10/4 君と僕。 テレビ大阪 深夜2:05~



<水曜日>

・10/5 日常 サンテレビ 18:00~(※再放送)

・10/5 たまゆら サンテレビ 深夜12:35~



<木曜日>

・ポケモン



<土曜日>

・10/15 侵略!イカ娘 テレビ大阪 深夜2:55~



<日曜日>
・10/9 機動戦士ガンダムAGE TBS 17:00~

・スイートプリキュア



 今期の注目株は、”君と僕”、”たまゆら”、
”僕は友達が少ない”といったところです。

 ”君僕”は原作読んで、面白いところから、
あと2つは雰囲気がよさげなところから期待してます。

 第二期になるWORKING、イカ娘もよさげですね(^^)。
特に、俺は前のイカ娘を見てなかった中で、
友達が絶賛してたので、どんなものか楽しみです( ´∀`)。

 ”ましろ色~”もギャルゲアニメとしてまったり見られそう。

 ガンダムシリーズの新作は、どこかポップな感じが新鮮。
コロコロにも拠点置いてますしね。
(昔はガンダムはボンボンでしたが、もうないですしね;)




 ”日常”は再放送を水曜夕方からしてくれるみたいで、
今度は保存のための録画画質を良いものにして
保存したいため、もう一度チェックしますw。
 これには、それだけの価値がある(`・ω・´)!
・・・ただ、夕方の時間帯って、録画し損ねが
多いのが難点ですorz。”銀魂”はそのうえ、
曜日まで変わってしまい、ほとんど見られてません;。
 でも、今週のは見ました。”スケットダンス”という
同じなんでも屋3人が主人公のジャンプ作品との
コラボ企画ということで、とても面白かったです。
特に杉田智和さんが両方で出ている点が絶妙でした(笑)。
・・・でも、スケットダンスの方は、まんまと見逃しましたorz。



 また、さきどり情報として、
”まんがくらぶオリジナル”に連載中の
東屋めめ氏著の”リコーダーとランドセル”が
アニメ化決定した、と今月号本誌にも
あにめNEWさんにも発表されていました。

 うーん、”うちの姉様(あねさま)”の方が先のような
雰囲気してたんですが、こっちが来ましたか。

 アニメNEWさんにある予定から予想するに、
今やってる”森田さんは無口”のように、
一部地方やニコニコチャンネル(?)で短時間の
放映、という形になりそうな気がしますが、
おもしろいものになったらいいですね(^^)。

Cocolog110924recoran


↑左が高2の姉・あつみ、右が小5の弟・あつし。

 原作はおもしろいです。
小学5年生で180cm越えのイケメン弟のあつしくんと
高校2年生でちっちゃくラブリー姉のあつみの
その見た目からのドタバタコメディ、といった感じ。
 主にあつしくんのドタバタが多いんですけどね(笑)。

 以上、今期見るアニメのことでした。


 以下、まだ終わってない作品もありますが、
前期のアニメの雑感をさらっと。

 前期もいいもの揃っててよかったです(゚∀゚)。
(”天魔の黒ウサギ”は、3話目で、
趣味に合わず脱落しました;)


 ”ゆるゆり”と”神様のメモ帳”は、地デジ移行の
為に、2部屋で録画機能を使えることになったので、
両方とも見ることができました( ´∀`)。両方ともに
大当たりだったので更に良かったです。


 ”ゆるゆり”は、本当にゆるく見られたのが良かったです。
あかりかわいいよあかりw。あかりって名前には当たりの
匂いがプンプンしますw。また、”アッカリーン”が流行ったのも
なんか嬉しかった(笑)。


 ”神様のメモ帳”はアリスがたまらなく可愛かったのも
ありますが、お話とキャラ達がしっかりしていて、  
かつ、いろんなエピソードが見られて、
とても面白かったです。



 正直、見る前の印象と見てからの印象ががらっと
変わったのが”ロウきゅ~ぶ”。”そふてにっ”みたいに、
ユルめな中からスポーツ勝負、みたいな感じかな、と
思っていたのですが、こちらはもうちょい硬派(?)に
スポーツ場面を描いていた点とやはり可愛いキャラ達の
それなりのドラマが混ざって、ものすごくおいしい作品
だったと思います( ´∀`)。


 電撃文庫のCMで、アニメ絵のアリス(神メモ)と
智花のツーショットがありましたが、
あれは販促ならぬ反則(笑)!


 ”夏目友人帳”は、あいかわらずニャンコ先生がラブリー
すぎるのと(笑)、今までよりもよりキャラ同士が
近づくエピソードが、良い感じに描かれていてよかったです。
まだまだ見たいなぁ、と思いますね。

 夏目に入った”LaLa”のCMもおもしろかったw。
特に、”LaLaの夏フェス”のCMで、ガス欠したお母さんが
笑えました。ガス欠した次の場面で、
普通にお父さんのカツ食ってたし(笑)。

 あと、原作が同じ緑川氏の”蛍火の杜”という作品の
映画が始まっていますが、あれもおもしろそうです。
 できれば観に行きたいのですが・・・。


 ”バカテスト”もキャラの馴れ初めを掘り下げたり、
おバカな合宿の模様が描かれていたり、と、
相変わらずしんみりしたり、爆笑したりで、
とても楽しめました( ´∀`)。


 ”ツインエンジェル”は、コメディタッチの
バトルものの基本形、といった感じのもので、
見やすくて、キャラも可愛くて良かったです。
 あーゲームもやりてぇ(;^^)。



 そして、ついに終わってしまう”日常”(´・ω・`)。
半年やってくれただけでも良かったですわな。

 後半はゆっこ達となの達の絡みに注目でしたが、
みんなが絶妙に絡んで、相変わらず、むっちゃくちゃ
面白かったですw。

 ラスト2話目のみおの失恋(?)の回は、特に良かったです。
良い話、ってだけでなく、本当に”日常”らしくて好き。


 また、桜井先生の弟くんの登場も、みさとの周囲が
描かれたのも良かったです。桜井弟君の登場で
高崎先生がものすごく光ったのも良かったw。


 キャラとしては、前期ではまいちゃんがイマイチ
好きになれなかったのですが、よくよく見てみると、
徹底的にボケ倒すことを信条としていることに
気がついて、そこから、とても好きになれました(゚∀゚)。
すげぇ高級スルメキャラでした(笑)。


 エンディングは、ここまで来てみれば、合唱コンクール
や音楽会で定番になるような曲が選ばれて、
日替わりになってましたね。もう半分以上知ってましたw。
 このチョイスは見事だと思いました(^-^)。


 ”日常”はここ10年のアニメで個人的にベスト4に入る
ぐらい気に入った出来でした。
 とても愛すべき名作です( ´∀`)。

Cocolog110924nichijyou

↑”日常”のテレビ番組表の作品紹介。
”妄想がふくらみがちな夢見る女子高校生・ゆっこ”って
ところが笑えましたw。

 あと、これに入っていた京都アニメーションのCM、
前の分は、なんか、くどくて、”ええ~っ;”って思いましたが、
2つ目の分は、”アニメーションの本分”みたいな感じが
簡潔にまとめられた秀逸なできで良かったと思いました。


 最後に、前期ではないですが、”まどかマギカ”、
ようやくレンタルで追いつきましたが、やはり、
全体的に、リアルで追っておきたかった、と
改めて後悔するような面白さでした。


 以上、前期アニメの雑感でした。



 あとは映画ですね。そろそろ”けいおん”の
映画の前売り券のチェックをしなければ・・・。

 ポケモンの2作品同時公開は、両方とも見ましたが、
それなりに場面が変わっていて、ポケモン好きなら、
両方見ても損はないような出来だったと思います(^^)。
 ゼクレシ配信のアナウンスも、白でジョーイ&タブンネ、
黒でジュンサー&ムーランドと、変わっていたのも
良かったですし( ´∀`)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウメスの同人@2011.9.17

 2週間遅れになってしまいましたが;、
せっかくなんで記事にしときます。



Cocolog110918summerholiday


 蒼樹うめ氏の今年の夏コミ新刊が、
ちょうど2週間前、とらのあなとコミックZINで
委託販売されました。



Cocolog110917tora1



 俺はどうしてもこの日の朝イチダッシュが
できなかったので、とらの方の通信販売で
申し込みましたが、やはりサーバーダウンが
大変でしたね;。
 ”まどか”人気が拍車をかけてそうです(;^^)。

 そんな中、しばらくサーバーダウンの画面と
にらめっこしつつも、登録してたメールアドレスの
メールを見ると、注文書がちゃんと届いていて、
ほっ・・・と一息つけたのは良かったです( ´∀`)。
 注文番号を見たら、909番目みたいでした。

 で、連休ですし、2~3日かかるものと思ってたら、
翌日の日曜日に出かけている間に到着しているという
素早さw。そして、梱包もVIP待遇なのがすごいですw。
 そら本の倍近く郵送料取られるわけやわ(笑)。  

 内容としては、百合とノーマル、両方のカップルの
心情がうまくまとめられていた、いいお話でした( ´∀`)。


 さ、あとはアニメ”ひだスケ”4期ですな(・∀・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »