« 写真ページ更新@9月19日撮影分 | トップページ | コナミ音ゲー近況@2011.10 »

2011年秋季兵庫大会3位決定戦と今大会の育英の感想

 もう日付は変わりましたが、便宜上、”今日”と、
しときます。


 今日、今年の秋季高校野球兵庫大会の3位決定戦と
決勝戦がありました。


 決勝は報徳ー関西学院で、3-1で報徳が勝ち、
優勝した模様です。


 今回の主題は、その前に行われた3位決定戦で、
これは洲本ー育英の組み合わせ、9-2の8回コールドで
育英が勝利!来春の選抜の重要な参考資料になる
近畿大会へ3位校として出場権を得ることになりました。
Cocolog111009ikueisumoto1

 では、試合の内容と感想を。
(細かいところなど、間違ってたらすみません;)


安打数  000 002 31 l 6

洲 本  000 000 20 l 2
育 英  301 400 01 l 9

安打数  421 411 21 l 16

エラー:洲本3、育英2


<洲本>

8 谷口
7 小嶋
6 飯田
9 石坂
4 正井
3 下原
5 松原
2 大村
1 島垣



<育英>

6 御縞(みしま)
4 三木
3 新井
7 福山
9 中島
5 柳田
2 濱村
1 山下
8 島 →8回裏、代走、稲葉




 育英は初回、御縞選手がライト前ヒットで出塁、
三木選手が送りバント成功で1死2塁から
新井選手のレフトへのヒットで先制し、
さらにレフトとキャッチャーの悪送球が重なり、
新井選手も生還し2点目。
 その後、2死1塁から福山選手のレフト越え2塁打と
中島選手のセンターへの2塁打で3点目を挙げました。


 洲本は3回表、無死から、大村選手がサードのエラーで出塁。
1死1塁で谷口選手のライトへのヒット性の良い打球を、
育英のライト・中島選手が横っ跳びで捕るファインプレー!
既に回っていたランナーもアウトでチャンスをつぶします。



 育英は3回裏に相手のエラーと柳田選手のヒット、
濱村選手のスクイズで1点を追加してからの4回、
貰った四球・ワイルドピッチに犠牲フライ・新井選手の盗塁・
ヒット4本を効果的に絡めて4点を挙げ、8-0とリードを広げます。


 前日の関学戦で多くの球数を投げた山下投手ですが、
そんな中での登板で、神戸国際大付を打ち崩した
強力な洲本打線を、味方の好守にも支えられながら、
6回表2死までノーヒットに抑える快投を見せます。


 その6回表もこの回最初の大村選手の良い当たりを
セカンドの三木選手が好捕しました。
 そんな中で洲本は、2死から、谷口選手のレフト前ヒットで、
初安打を記録。
 次の小嶋選手もサードへのヒットで続き1,2塁と攻めますが、
後続が断たれます。


 そして、このままいけばコールドゲームになる
7回表の洲本は4番からの好打順。
 1死から正井選手がショートへの内野安打。
ヘッドスライディングでの気迫の出塁でした。
 続く下原選手のライト前ヒットでチャンスを広げ、
2死1,2塁から大村選手がレフト越えの2点タイムリー2塁打で
8-2としました。
 勢い付く8回表は谷口選手のレフトセンター間へのヒットで、
中継がもたつく間に2塁に到達、小嶋選手の当て損ないの
ファーストゴロながら進塁打となり1死3塁のチャンスでしたが、
後続が凡退。




 8回裏、育英は島選手が四球で出塁し、
稲葉選手が代走で出場。
 御縞選手がバントで送って1死2塁、
三木選手のショートゴロの間に3塁に進塁して
2死3塁から、新井選手がレフト前にヒット。
 9-2の8回コールドゲーム、ということになりました。



 淡路戦で9回15安打、関学戦で13回17安打を放った
育英の強力打線は、この試合でも8回16安打と好調でした。
 それにバントも成功率が高く、
上手く攻めることができたのが良かったと思いました。
 また、エラーも出たものの、好守備が見られるなど、
守備も良かったのも、良いリズムになったのではないでしょうか。



 洲本も、初ヒットから2安打、3安打、1安打、ということで、
ヒットが出たらうまく続く強力打線の片りんはみられました。
 守備はちょっと雑になってしまった所もありましたが、
なんとかボールを取ろう、という気持ちが入ったプレイ
だったと思いました。




 その他では、やはり、5回が終わった後のグラウンド整備の
間の、”どんどどどん!”の掛け合いがものすごく好きですw。
 淡路戦も観に行きましたが、淡路勢は押し負けなかったなぁ。
ノリと元気が良いのでしょうね(^^)。

 あれは、見てて面白い、というのもありますが、
敵味方関係なしに、両チーム勢で、一体感がもてる
感じがするのが、とても好きです( ´∀`)。

 以上、試合の雑感でした。



 以下、今大会の育英の感想。


 正直、地区大会に入る前は、負けても仕方ないので、
とにかく、今後につながる良い試合をしてほしい、
と思っていました。 


 地区大会初戦の滝川戦の感想を見ていたら、
どうなんやろか(´・ω・`)・・・と思っていました。

 その後、敗者復活戦を勝ち続け、県大会に出られたときも、
同じように、考えていました。



 県大会の初戦がよりによって高い評価の社・・・。
せめて9回やって欲しい・・・と思っていました。
 終盤まで好勝負で社リードの中、
雨で長い中断。あわや降雨コールドもあるかも
しれない崖っぷちの中で、試合再開後に逆転し勝利!
 やー、これにはさすがに驚きました。あれが県大会を
勝ち進む本当に良い勢いになったのではないでしょうか。


 去年と同じ2回戦で当たった伊川谷戦は、3-6で負けた
去年の倍返し以上で勝ち、3回戦の近年の実力校・明石商業に
競り勝ちました。
 この時点で、”今年のチームはすごいちゃうんか( ゚∀゚)”と
思いましたねー。いてもたってもいられなくなって、
淡路戦を見に行きましたわ。 



 なかなかの好チームだった淡路を下し、続く関学戦で
延長13回の大熱戦。それには敗退しましたが、
打線好調の洲本に勝ち、近畿大会の出場権を得る・・・。



 正直、大会に入る前は、近畿大会の出場なんて
考えられず、ただ、監督が代わったあとを
良い流れにして、今後につなげて欲しい、と
思って見るつもりでいましたので、
嬉しいよりもびっくりした、という気持ちがあります。


 本当、この大会で、一戦一戦強くなっていきました。
近畿大会もそりゃあ勝って欲しいですが、
前チームの初戦コールド負けからしてみれば、
現時点で、俺個人としては、合格点を軽く突破して
くれたと思ってます。(えらそうですみませんが;)
ほんまによくやってます(;つД`)。


 それでも、近畿大会でも、選抜出場よりも、
やはり、今後につながる良い試合をしていって欲しい、
と、思ってます。

 近畿大会出場おめでとう育英(・∀・)!
Cocolog111009ikueisumoto2

 今回の球場は大阪の舞洲、さらに京都から鳥羽が出る
ので、1999→2000年世代の時を考えると、
(決勝が育英ー鳥羽でした)
なかなか”ゲン”が良いのも良い感じですw。

|

« 写真ページ更新@9月19日撮影分 | トップページ | コナミ音ゲー近況@2011.10 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/42408193

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年秋季兵庫大会3位決定戦と今大会の育英の感想:

« 写真ページ更新@9月19日撮影分 | トップページ | コナミ音ゲー近況@2011.10 »