« ローソンのけいおんフェアその2 | トップページ | 2011年選抜出場校の個人的予想 »

2010兵庫県大会と近畿大会の感想をざっと

 来春の選抜出場予想をしたついでに、
今秋の兵庫大会と近畿大会の感想も少し書いときます。



 まずは兵庫大会。国際が安定した強さで連覇。
準優勝は加古川北。報徳を準決勝で下して堂々たるものです。
 加古川北に敗れた報徳が神港との3位決定戦に勝ち、
3位となりました。



 報徳、国際、神港学園の三強とも前評判では
言われ、だいたいそんな感じにはなりましたが、
準優勝の加古川北をはじめ、健闘したチームが
よくありました。



 21世紀枠候補に選ばれた伊川谷は、報徳に敗退した
ものの初のベスト8。地区大会で滝川第二を下し、
2回戦で育英を下し、しっかりと勝ち上がって、
注目に値する活躍をしました。

 近年、伊川谷いいですねぇ・・・。夏に温泉高校に
初勝利を献上した後あたりから、
なんか力強くなってきたなぁ、という感じはしてました。
 あの敗戦が起爆剤になってるの
かも知れませんね。



 また、3回戦で国際と接戦した武庫荘総合の
戦いっぷりも見事でしたし、前にも書いた、
龍野北
も今後が楽しみな予感がします。




 ただ、最近注目の明石商業が壁に跳ね返されてる
ようですね。強豪私立に勝つにはもうひと伸び必要かも
知れません。




 そして加古川北。このブロックならベスト4までは
来てもおかしくないと思っていましたが、
報徳に勝った時は本当びっくりしました(゚∀゚)!

 国際との決勝も終盤に大量得点を取られるまでは
いい試合をしていました。一つ一つしっかりと、
という感じがスコアを通じて感じられました。



 こんな感じで今年の秋季県大会は、よく盛り上がったのでは
ないでしょうか(^^)。



 次は近畿大会。



 報徳は好投手がいる塔南に貫録勝ち。国際が履正社に惜敗、
と来て、加古川北はかなり勝つのがキツそうな大阪1位の大阪桐蔭。

 その大阪桐蔭を完封し、少ないチャンスで得点して2-0の勝利!
これも報徳に勝った時同様盛り上がりました(゚∀゚)。
 ネットで見てましたが、守備が相当良かったとのこと。
そこからリズムを生んでゲームを作っていく事ができるのが
今年の加古川北なのでしょう。




 ベスト8は報徳が京都成章に伝統の終盤逆転勝ち。
報徳にはこれは財産になるのではないでしょうか。

 成章も奈良一位の智弁学園に勝っての8強進出。
粘り強い好チームだと思います。

 和工との延長を競り勝った滋賀の守山の戦いっぷりも
注目されました。履正社に完敗してしまい、甲子園は遠く
なりましたが;、来年夏に向けて頑張って欲しいです。

 大阪桐蔭を下した加古川北は次も強豪の天理。
9-5とやや大味な試合で敗退となりましたが、
八回にコールドになるか否かの大変なピンチを
凌ぐなど、強豪に食い下がった戦いっぷりは見事だったと思います。



 準決勝は両方ともに好試合、決勝は夏の甲子園から再戦となった
天理と履正社の顔合わせで、いい試合で天理がリベンジし、
天理が優勝、ということになりました。


 選抜予想は別記事を見て貰うとして、
この近畿大会も、上位のレベルが接近していたり、
加古川北の金星があったり、一位校初戦全滅なるか?!に
関心ができたり(結局、智弁和歌山が止めましたがw)と、
なかなか良い大会になったのではないか、と思いました(^-^)。

|

« ローソンのけいおんフェアその2 | トップページ | 2011年選抜出場校の個人的予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/37841752

この記事へのトラックバック一覧です: 2010兵庫県大会と近畿大会の感想をざっと:

« ローソンのけいおんフェアその2 | トップページ | 2011年選抜出場校の個人的予想 »