« ”いつ天”ついに月刊連載! | トップページ | 宮崎県、東国原知事、マスゴミに負けるな(`・ω・´)! »

【口蹄疫報道】ひどい書き方をしてた記事





「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し
(2010年5月18日07時50分  読売新聞)

より引用



 宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、
農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、
同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら
発生を見逃していたことがわかった。





 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、
かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に
「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡が
あったのは3月31日。




 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、
4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。
 しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、
通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。




 この水牛農家から南東に600メートル離れた
繁殖牛農家では4月9日、口の中がただれた牛が1頭見つかった。


 同衛生所はこの時も口蹄疫と見抜けず、
20日に「最初の感染事例」として発表した。



 このため最初の水牛についても22日に血液の
遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に
口蹄疫の感染疑いが判明したが、
この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。



 口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、
もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には
拡散防止対策がとれたとみられる。



 口蹄疫は、早期に家畜の移動制限などを講じる必要があり、
口蹄疫に詳しい後藤義孝・宮崎大教授(家畜微生物学)は
「県が3月の時点で徹底した消毒などの対策を取っていれば、
ここまで感染は広がっていなかった可能性がある」と指摘している。

引用終わり




 政府の都合のよい状況になったためかどうか知りませんが、
報道規制を敷いていたマスゴミどもが今日を皮切りに
一斉に報道を開始しました宮崎の口蹄疫問題。



 先日、コネタマの記事でちらっと触れたので、
このタイミングで記事にしときたいと思います。




 さて、この内容。もう宮崎県の初期の判断ミスが
悪かった、という内容で、悪意が満ち溢れた 
記事です。




 確かに、水牛の発熱の初期の診察では、口蹄疫と
診断できませんでした。
 しかしながら、この時の水牛の状態では、口蹄疫の疑いは
考えられなかった、という状態だったのです。




 その上で慎重に、潜伏期間も考えて、別の病気も疑いつつ、
最後にたどりついた疑いが口蹄疫で、それが残念ながら
陽性という結果になってしまい、六例目の症例になってしまいました。




 その処置を責めることはできません。
このゴミ売り記事が言ってる事は、”見た時すぐに分からなかった
獣医が悪い”ということなのですから、ムチャクチャです。




 1億歩ほど譲って、この医師の診断が今の症状拡大を招いた、
という原因になるとしても、政府の対応の杜撰さの方が、
はるかに大きな問題になります。




 だって、発生と同時に対策本部を立てたものの、
ちょこちょこ副大臣が出向いたりはしたものの、
的確な指示も、消毒液の一箱も届きませんでした。



 しかも
赤松広隆(あかまつ ひろたか)農水相
は、

このさなかに海外へ外遊。
帰ったその足で栃木に選挙応援活動ですよ('A`)。


”対応は間違っていない”



・・・どの口がそういうんじゃボケが(*゚Д゚)、。





 おそらく政府の主導なのでしょうし、予想の範囲内だったのですが、
いざ実際にされてみると、本当腹立たしいです。



 これはちょうど分かりやすいひどい誘導・偏向報道例になりますが、
どんな記事でも、自分たちの都合に応じて、臨機応変に
誘導・偏向を平気でやってくるのがマスゴミです。




 だから、テレビのニュースなんて、もう見てませんし、
新聞やネットのニュースでも、気になるニュースなら、
他の多様な意見を咀嚼し、受け取るような見方をするようになりました。
 本当、ネットの存在はありがたいです( ´∀`)。




 また、”風評被害を避けるための報道規制”を敷いていたのが
解かれた様子ですが、フジテレビのバカ消毒などの対策もせずに、
農場を取材しに行ったらしいです。

 このあたりも、”マスゴミ”たる、ひどい所以といえましょう('A`)。





 そういう取材の仕方でなくて、メールや電話取材、という方法も
とることができたはずです。
 それをしないで、いざ規制が解けた、となったら
こういうバカをするわけです。



 阪神淡路大震災の時、さんざん邪魔しやがったのを思い出しました。



 あー、ほんまマスゴミやぁ('A`)。





 以上、マスゴミ関係を絡めて、今回の口蹄疫感染について
書いてみましたが、現地の声や、他の疑わしいことも、
文章、動画、さまざまにネット上にあります。

 ここで一部、そういったところを紹介しときます。

 オーナー制で全国に手広く畜産をやっている”あぐ○牧場”
が症状を隠してうんたらかんたらした、とか・・・。
(参考)■ マスコミはようやく動いたか。(二階堂.com)

 まぁ、ここではあんまり詳しくは書きませんけどね。





 そして、川南(かわみなみ)町で畜産に携わっていらっしゃる
ムッチーさんのブログ。

川南町のムッチー牧場だよ~ん。

 現地の声を、様子を、お伝えくださっていますし、
義援金などの受付もしています



 義援金の寄付や支援要請の署名活動も行われています。

<義援金>


宮崎県HP 口蹄疫被害に対する義援金を募集します
”ふるさと納税”を利用、ということもできます。
宮崎県のゆかりの人でなくても可能です。


川南町商工会HP 
■■ 『口蹄疫被害支援』のための募金にご協力をお願い致します! ■■



都農(つの)町HP
都農町口蹄疫被害義援金の募集について





<署名>

「宮崎の畜産を守る」署名運動へのご協力のお願い
JAグループ宮崎





|

« ”いつ天”ついに月刊連載! | トップページ | 宮崎県、東国原知事、マスゴミに負けるな(`・ω・´)! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/34763849

この記事へのトラックバック一覧です: 【口蹄疫報道】ひどい書き方をしてた記事:

« ”いつ天”ついに月刊連載! | トップページ | 宮崎県、東国原知事、マスゴミに負けるな(`・ω・´)! »