« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

こないだのイベント@10.5.2

 バタバタありうつうつありムカムカありの
ろくでもない5月でした('A`)。
 ほとんど国・政府のせいです。
各種情報追ってたら、ほんまにムカついて、うつ入って・・・。



 今回は気分転換にブログ更新しよかなぁ、と思ったら、
今月頭のイベントのことを書いていなかったでござるの巻。



Cocolog1005022


 というわけで、今月頭のイベントのレポです。
遅いけど過疎かつ自分のブログなんで
(●△●)<いーでそべつに。



 今月の2日に、ATCのイベントにカメコしに行ってきました。
日程的にも、お気に入りさんがいる的にも、
これしかなかったんで(;^^)。


 今回もたくさん、素敵な方々を撮らせてもらいました( ´∀`)。


・お気に入りさん方の、
”CLANNAD”の春原兄妹合わせと、
ガンガン系(今はGファンタジー)で連載中の”君と僕。”の
浅羽双子合わせ。
 (あ、そういえば、”Gファンタジー”、先々月ぐらいに黒執事が
表紙の時に、初めて本誌を見ましたw。)




・”beatmaniaIIDX”や”ポップン””jubeat”の
SigSigの桃しぐ、青しぐの合わせの方々。
(たんまり撮らせてもらいました。クオリティも高かったし、
特に多謝m(__)m!)




・”ポケモン”のオーバの方、サトシゲ合わせの方々、
ファイヤーレッドリーフグリーンのレッドグリーン合わせの方々。



・”銀魂”の高杉3ヴァージョンの合わせの方々。
(銀魂に熱い方々で、ちょっとだけ銀魂話できたのは
良かったです(^^)。写真は急に屋内だったので、
自信がなくて、送らせてもらう話はしなかったのですが;。
あ、銀魂映画話は、また後日書きます。)



・”らき☆すた”の柊姉妹の合わせの方々。



・”東方project”シリーズの魔理沙、麗夢、チルノの合わせ方々、
幽々子とフランドールの合わせの方々。



・・・といった方々を撮らせてもらいました。
 


 結果的には、前回9月に痛い目を見た、直射日光対策が
あんまり取れずorz。いざとなったら頭が空っぽになりましたorz。



 ・・・あとは、もう泣き事や、言い訳しか出ないので割愛。
やっぱここの日中は難しいです('A`)。



 装備としては、屋外、ということで、望遠レンズ、レフ板含めて、
フル装備でいきましたが、んなもん使う余裕なしでしたw。 

 さっとレフ使う経験値も無いし、良く考えたら、んな時間がかかる、
凝ったこと(撮り直し、レンズ交換、構図指定などなど)も
基本、知らない人相手にできませんもんね。
 基本、野良でいい、と決めてるので、その辺はもう割り切らねば。
割り切ってでも撮れるようになればいいのです。
 そういうのもきっと楽しいです。


 まぁ、でも、これからは、野良で行くイベントには、とりあえず
望遠レンズはいらない、ということが分かりました。



Cocolog1005021

 あと、ATCの2Fが若干様子が変わってましたねぇ。
去年9月にはテナントが入っていなくて、壁にして撮影、とか
できてたところに、100円ショップの大きめなの、みたいなのが、
できていました。ここに100均、ってのも、結構良い目の付けどころ
だと思います(^-^)。



Cocolog1005023

Cocolog1005024


 また、ガーデニングコンクール
みたいなのをやってました。
俺はこれが良かったかなぁ、と思いました。






 以上、結構辛めな感想になってしまいましたが、
2か月ぶりの割には、良いイベントだったと思いますよ( ´∀`)。 

 この他、今月中は、神戸まつり(本祭と須磨区のお祭り)に
御影のだんじりに、と、やはり、結構写真は撮ったなぁ、
と思います(^ー^)。
 いずれ、少しずつでもアップしたいと思っています。


 ・・・でも、メインの2GのXDカードが、パソコンのスロットに
はまって取れなくなって、後日、結局取れたのはいいけど、
使い物にならなくなった、ってことがあったのは、辛かったです(´・ω・`)。
 もうパソコンのスロットなんて使わんぞorz。


 明日まで写真は撮りますw。
京都に行って、好きなマンガの舞台の追っかけなどをしてきます。
 持っていく荷物が多いので、一眼みたいな、かさばるのは使いませんが。
自分としては、こういう時が多いので、まだまだコンデジの方が
重宝するし、できるし、好きですね(^-^)。
 また、”コンデジでいいのを撮ってやる!”的な野望みたいなものも、
まだまだ持ってますしね。一応。

 そして、6月頭は、同人誌イベントのコミコミですな。
写真は撮らないけど、イベント自体を、また楽しみにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロコロとポケモンBW新御三家

(ここの記事はブラックホワイトの当時のものです。
”X・Y”については、ポケモンオフィシャルサイト
ムービーをチェックしてみてください。)

 久しぶりにコロコロ立ち読みできました(^-^)。

 ちなみに、コロコロ読んだ後に週刊誌3誌はしご読み、
というのは、割と年齢不詳っぽい気がします。
そうでもないか。

 今回初めて読んだ”ゴロロ”ってのが、
なかなかおもしろかったです(^^)。
 無難だけどその分すっと読めるし、ルールもわかりやすいし、
なかなかキャラが興味深かったり。
 コロコロマンガの基本形態っぽく感じられるのも
好感が持てました。


 あとは穴久保ポケモンとでんじゃらすじ~さんと
ケシカスくんとドラえもん(←一発変換してくれましたw)、
といういつもの面々、といったところを楽しく読みました。
 やっぱコロコロはいつ読んでも面白いです(^-^)。
 

 そして、ポケモン新作の情報も。

 公式サイトでも、当然もう出ているのですが、
ホワイトブラックの新御三家と主人公、舞台、といったあたりが
別冊ふろくで特集されていました。
 
 新御三家は、
草が蔦のツタージャ、炎が豚のポカブ、水がラッコのミジュマル
です。

 なんかミジュマルが色合いといい、顔といい、ポッチャマと
かぶってしまってるように感じますがw、
最終進化のイメージが全然でてこないあたりで、
結構成長が楽しみです。
 
 ポカブはまぁ、かわいい黒豚を赤くして、という感じですね。
最終進化はひふきやろうやブーバーンみたいな感じで、
かなりヤンキーっぽくなりそうw?


 ツタージャはひょっとしたら最後は草ドラゴンかなぁー・・・なんて
想像してしまいます。そして、一番人気しそうな気もします。


 主人公は男の子、女の子ともにやや成長が早い感じ、
ってか、欧米系の少年少女をイメージしにきてるでしょうか。
特に女の子主人公の髪型とか見たら・・・。

 舞台も、どうやら今までどおりの日本国内がモデルでは
ない様子ですし、これはひょっとするとアメリカ大陸あたり
かもしれませんね。

 新ポケモンも、わりとアメコミ調の、パキパキなのが
目立ってくるかも知れません。それはそれで個人的には
面白いと思います(^-^)。
 特に、前述のポカブの最終進化なんて、そんな感じに
なるんじゃないかなぁ・・・なんて思います。


 いずれにせよ、今後、また楽しみですね(^-^)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ、応援、支援。

 宮崎県の口蹄疫感染問題。
とうとう発生場所から半径10km圏内(えびの市除く)の
感染の疑いのない牛さん豚さんまでも
ワクチンを打って免疫を作って感染しにくい体にし、
感染の広がりを防ぐ”盾”とすることになりました。

 そして、ある程度、作業が終わったら、
この”盾”となった牛さん豚さんは殺されることになります。


 最後までなんとかワクチン皆殺しはなんとか避けて・・・
と思いつつ、動向を見守っていたのですが、
願い叶わず・・・でした。

 騒ぎに乗じた形の、言わば”にわか”の俺でさえ、
これを聞いた時の喪失感は大きかったです。


 対象地域、特に、今まで不断の努力で防疫対策をとり、
必死になって守ってきて、一頭たりとも感染を起こしていない
畜産農家の方々の気持ちは、もう、俺では、察することは
到底できません。


【弥永睦雄】口蹄疫パンデミックの現場から[桜H22/5/10] (youtube)


【弥永睦雄】口蹄疫パンデミックの現場から[桜H22/5/10] (ニコニコ動画)


川南町のムッチーさん(弥永睦雄さん)のブログ








 そんな悲惨な状況の中でも、
国の動きを鈍らせていた張本人の
”国賊”赤松農水相は、
本当に、本っ当に、よそごとのようなふるまいを見せています。


赤松農林水産大臣会見(平成22年5月21日)(youtube)


赤松農林水産大臣会見(平成22年5月21日)(ニコニコ動画)

 この重いたくさんの尊い命を、そして、重い人々の生活を、
本当に軽々とみて・・・。

 なんで、こういう場面で、ヘッラヘッラ笑えるのか・・・
激しい怒りを禁じえません。





 さらに、西都市の山奥の農場に移した、事業団の
優秀な種牛6頭のうちの一頭、”忠富士”号に、
憎き口蹄疫の症状が出てしまい、殺されてしまいました。

 同じ畜舎に6頭を入れておく、ということに
少し問題を感じますが、他の5頭は、どうか、無事で
いてほしい、と思います。

 また、事業団で感染例が見つかり、
殺される予定の49頭については、まだ殺されていなくて、
なんとか、無事な種牛については、経過観察に、という
申し入れを、東国原知事が行った、というニュースを
聞きました。
 感染の心配、というのもあるにはあるのですが、
こちらも、できることなら、様子をみながらやっていってほしい、
と、思います。


 そろそろ、畜産農家がゴネる、だの、
政府はちゃんと動いてた、だの、
獣医が悪い、東知事が悪い、宮崎が悪い、だの、と、
いう論調や書き込みが若干目立ってきたような
気がします。

 今回も書いておきますが、遅かったのは政府・国の対応です。
今なお、宮崎県内で止まっているのは、畜産農家のみなさんを
始め、宮崎県が頑張っていることが最大の要因です。
 初回に診察をした獣医さんは、その時点でするべきことを
しっかりとこなしていました。ここは仕方のないことなのです。

 それをマスゴミどもが歪めた論調を持ってきています。
俺としても、惑わされないように、気をつけたいと思っています。



 ただ、ただ、応援、支援に、見守っていくことしか
できません。
 



 一日も早く、口蹄疫という悪夢が消え去ることを
切に願います。
 



 この問題については、ここでは、当面は一区切り、
というつもりにしていますが、また、書くべきことがあれば、
もちろん、書くつもりにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎県、東国原知事、マスゴミに負けるな(`・ω・´)!


 18日、宮崎県に口蹄疫感染のための非常事態宣言が出されました。



 それについても含めた、
5月の知事の定例記者会見の模様が全国でもテレビニュースで
流れましたが、東国原知事が感情的になっている部分だけ
切り取っての報道をしていたようです。


・記者会見要点部分(ニコニコ動画)

・記者会見20~30分部分(you tube)

・テレビニュースより(ニコニコ動画)




 俺は先に、ある程度の範囲が収録されたものを見ていて、
知事が感情的になった経緯が分かった後で、
ニュース動画を見たのですが、
本当にひどい印象操作をしてるなぁ、と感じました。



 汚い・・・あまりに汚すぎるぞマスゴミ(`・ω・´)。



 実際は、南日本新聞の前田という記者の
ぶしつけな質問の仕方が発端で、
それから後に続く記者達も、
結局同じような内容になる質問をしていました。


 むしろ、南日本新聞の前田という記者および、
その後の記者達が、東国原知事をわざと怒らせるように
仕向けたような感じもしました。



 そりゃあ誰だって怒りますよ!
 知事は今回の壮絶な状況に立たされて、それでも知事として、
必死に、感染地域、そして宮崎の皆さんと戦っている最中なんです。



 疲れ切ってる中で気丈に記者会見に応じているんです(`・ω・´)!
しかも辛い辛い辛い辛い内容で・・・。動画で知事も言ってるように
”相当な覚悟”を持って・・・。非常にデリケートな状態で・・・(´;ω;`)。



 東国原知事や宮崎県、現場の皆さんは本当、壮絶な状況の中、
必死に、必死に、必死にやっていると思います。

 当事者意識が希薄で、現地が納得できるような働きがないのは
国の方なのです(`・ω・´)!!!




 今後、マスゴミは東国原知事知事や宮崎県をたたき、
政府が良い印象になるような報道をする方向、ということを、
どこかで見ました。



 マスゴミ、政府、汚ねぇぞ(`・ω・´)!!




 凶悪な口蹄疫には言うまでもなく、口蹄疫との戦いの
足を引っ張る、そんな障壁に負けることがないように、
東国原知事、最前線で悪戦苦闘をしている皆さんをはじめとした
宮崎県を応援していきたいと思います(`・ω・´)ノシ!!



 あと、ワクチンを使う方針については、個人的には反対です。
あくまでズブの素人が少し情報を集めた程度での意見ですが・・・。


 ワクチン接種に割く人員や予算を、
少しでも殺処分のための薬剤投与や
埋設作業、消毒作業に当てて欲しいです。
 今までも、そうして、宮崎県から他に感染していないのです。
その実績を、不確定要素の高いワクチンよりも重視したいです。



 また、感染を免れている健康な牛さん豚さん羊さんを皆殺しに
してまでの実効性が、果たしてあるかどうか・・・。 


 そして、そのかけがえのない”財産”を失った穴を、十分補える
補償のめどがしっかりしていないことも大きな問題だと思います。


 今言っても仕方がないことですが、そもそも国が政府が、
もっと早く手を打って、宮崎県を支援していれば、
こういうことにならんかったんじゃボゲが(`;ω;´)!!!!!!!!!!!!



 なんか、今回の口蹄疫問題に対する態度・姿勢が、
そのまま現政府の日本国民全体に対する態度・姿勢に
当てはまりそうですね('A`)。・・・ひでぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【口蹄疫報道】ひどい書き方をしてた記事





「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し
(2010年5月18日07時50分  読売新聞)

より引用



 宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、
農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、
同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら
発生を見逃していたことがわかった。





 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、
かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に
「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡が
あったのは3月31日。




 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、
4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。
 しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、
通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。




 この水牛農家から南東に600メートル離れた
繁殖牛農家では4月9日、口の中がただれた牛が1頭見つかった。


 同衛生所はこの時も口蹄疫と見抜けず、
20日に「最初の感染事例」として発表した。



 このため最初の水牛についても22日に血液の
遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に
口蹄疫の感染疑いが判明したが、
この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。



 口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、
もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には
拡散防止対策がとれたとみられる。



 口蹄疫は、早期に家畜の移動制限などを講じる必要があり、
口蹄疫に詳しい後藤義孝・宮崎大教授(家畜微生物学)は
「県が3月の時点で徹底した消毒などの対策を取っていれば、
ここまで感染は広がっていなかった可能性がある」と指摘している。

引用終わり




 政府の都合のよい状況になったためかどうか知りませんが、
報道規制を敷いていたマスゴミどもが今日を皮切りに
一斉に報道を開始しました宮崎の口蹄疫問題。



 先日、コネタマの記事でちらっと触れたので、
このタイミングで記事にしときたいと思います。




 さて、この内容。もう宮崎県の初期の判断ミスが
悪かった、という内容で、悪意が満ち溢れた 
記事です。




 確かに、水牛の発熱の初期の診察では、口蹄疫と
診断できませんでした。
 しかしながら、この時の水牛の状態では、口蹄疫の疑いは
考えられなかった、という状態だったのです。




 その上で慎重に、潜伏期間も考えて、別の病気も疑いつつ、
最後にたどりついた疑いが口蹄疫で、それが残念ながら
陽性という結果になってしまい、六例目の症例になってしまいました。




 その処置を責めることはできません。
このゴミ売り記事が言ってる事は、”見た時すぐに分からなかった
獣医が悪い”ということなのですから、ムチャクチャです。




 1億歩ほど譲って、この医師の診断が今の症状拡大を招いた、
という原因になるとしても、政府の対応の杜撰さの方が、
はるかに大きな問題になります。




 だって、発生と同時に対策本部を立てたものの、
ちょこちょこ副大臣が出向いたりはしたものの、
的確な指示も、消毒液の一箱も届きませんでした。



 しかも
赤松広隆(あかまつ ひろたか)農水相
は、

このさなかに海外へ外遊。
帰ったその足で栃木に選挙応援活動ですよ('A`)。


”対応は間違っていない”



・・・どの口がそういうんじゃボケが(*゚Д゚)、。





 おそらく政府の主導なのでしょうし、予想の範囲内だったのですが、
いざ実際にされてみると、本当腹立たしいです。



 これはちょうど分かりやすいひどい誘導・偏向報道例になりますが、
どんな記事でも、自分たちの都合に応じて、臨機応変に
誘導・偏向を平気でやってくるのがマスゴミです。




 だから、テレビのニュースなんて、もう見てませんし、
新聞やネットのニュースでも、気になるニュースなら、
他の多様な意見を咀嚼し、受け取るような見方をするようになりました。
 本当、ネットの存在はありがたいです( ´∀`)。




 また、”風評被害を避けるための報道規制”を敷いていたのが
解かれた様子ですが、フジテレビのバカ消毒などの対策もせずに、
農場を取材しに行ったらしいです。

 このあたりも、”マスゴミ”たる、ひどい所以といえましょう('A`)。





 そういう取材の仕方でなくて、メールや電話取材、という方法も
とることができたはずです。
 それをしないで、いざ規制が解けた、となったら
こういうバカをするわけです。



 阪神淡路大震災の時、さんざん邪魔しやがったのを思い出しました。



 あー、ほんまマスゴミやぁ('A`)。





 以上、マスゴミ関係を絡めて、今回の口蹄疫感染について
書いてみましたが、現地の声や、他の疑わしいことも、
文章、動画、さまざまにネット上にあります。

 ここで一部、そういったところを紹介しときます。

 オーナー制で全国に手広く畜産をやっている”あぐ○牧場”
が症状を隠してうんたらかんたらした、とか・・・。
(参考)■ マスコミはようやく動いたか。(二階堂.com)

 まぁ、ここではあんまり詳しくは書きませんけどね。





 そして、川南(かわみなみ)町で畜産に携わっていらっしゃる
ムッチーさんのブログ。

川南町のムッチー牧場だよ~ん。

 現地の声を、様子を、お伝えくださっていますし、
義援金などの受付もしています



 義援金の寄付や支援要請の署名活動も行われています。

<義援金>


宮崎県HP 口蹄疫被害に対する義援金を募集します
”ふるさと納税”を利用、ということもできます。
宮崎県のゆかりの人でなくても可能です。


川南町商工会HP 
■■ 『口蹄疫被害支援』のための募金にご協力をお願い致します! ■■



都農(つの)町HP
都農町口蹄疫被害義援金の募集について





<署名>

「宮崎の畜産を守る」署名運動へのご協力のお願い
JAグループ宮崎





| | コメント (0) | トラックバック (0)

”いつ天”ついに月刊連載!


 昨日、コネタマのお題の”自分のこと、なんて呼ぶ?”という
テーマで記事を書きました。



 その記事に関連して、単行本で愛読している作品、
”いつでもお天気気分”(羅川真里茂氏著)関係のことを
書いたのですが、それで作者さんの名前でググってきて
くれたのをきっかけに、そのまま同じように検索結果を
見てみたのですが、そこでなんと、”別冊花とゆめ”という
月刊誌にて連載開始!ということが書かれているではないですか。

 おおおマジかー。今まで不定期で、単行本の新刊が出るのに
何年もかかってた作品だけに、すごく大きなことだと思います(^^)。
 月刊、ということは、少なくとも年に1~2回は出ることがある、
ということになることでしょう。
 いや、この作品にとっては、まじ、すごいことですww。


 試し読みで読みましたが、今発売の号で、
茶道部三年生が引退、ということになった模様。
 残った野郎どもで、どう部活を回していくことに
なるのか、まぁ、未来の単行本発売を楽しみにしたいですね(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマお題@ニュースは何でチェックしてる?

ブログネタ: ニュースは何でチェックしてる?参加数


 一番早く知るのはネットの方が多いですね。
HPのサイドについてるトピックスなんかが多いです。



 それから気になれば、検索して、いろんな意見を
すくい取って、”こういうことか”と考えるようにしています。



 というのも、マスコミは密かに、偏向した書き方をします。
時に、自分たちの都合のいいスタンスで、
時に、大きな出資者なので逆らえない某カルト宗教や
国会議員などの権力者の意向で・・・。
 それにだまされないようにするために、多様な見方を
求めて、そういうようにするようになりました。


 だから、新聞やテレビだけでは、本当に頼りないです。


 たとえば、最近なら、宮崎の”口蹄疫”の件だって、
日本全国に対して、宮崎の苦境がしっかりと
伝わっていない模様です。


 もはや、受け取るだけではなく、受け取り、調べていき、
必要であれば抗議する、というぐらいの気概がないと
いけない情勢になってきているような気がします。


 特にきれい事系の事柄に対しては、
”偽善”というケースが多いので、
疑いに疑いをかけて見ていきたいと思っています。


 あと、ココログニュースの記事も、
気になるものは読んでいます。

 コメント欄は辛めな意見が多いですが、
それに腐らず、さらに磨きをかけた良い記事を目指して
いって頂ければ、と思います(^-^)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマお題@自分の母親のこと、何て呼ぶ?

ブログネタ: 自分の母親のこと、何て呼ぶ?参加数


 俺は、普通に”かーさん”と呼んでいます。
(関西のイントネーションでw)


 しかし、弟に姉弟がいるのですが、
そのお姉ちゃんが
”とーと”、”かーか”、”じいじ”、”ばあば”
(前から父、母、祖父、祖母)
と呼んでるのを聞いて、”なにそれ!?”と驚きました。


 ”うちの3姉妹”という作品では、
父、母は”おとうさん、おかあさん”なんですけど、
母方の祖父、祖母は”じいじ、ばあば”と
呼んでるんですよね。

 
 知らん間に増えてた呼び方・・・
地方なのか、世代なのか、
気が向いたら調べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマお題@自分のこと、何て呼ぶ?

ブログネタ: 自分のこと、何て呼ぶ?参加数




 ケースによっては”ぼく”やら”私”やら”自分”やら言いますが、
基本的に”俺”です。

 ブログ記事にする時も、メールにする時も、
話し言葉の方が、自然でええな、と思うので、
同じく”俺”が一人称です(^ー^)。






 以下、マンガのお話。

Cocolog100512


 コネタマの選択肢で、”オレ”と片仮名で書いてたのを見て、
ふと思い出しましたが、”いつでもお天気気分”(羅川真里茂氏著)
というマンガのメインの3人組の一人称は、
”俺”、”おれ”、”オレ”
と、さりげに使い分けられていました。
 後でぶっちゃけられているのを見て気付いて、
びっくりしたのを思い出しました(;^^)。

 ちなみにこのマンガは現在3巻まで。
4巻はいつ出るのやら(;^^)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポップン18ボスバトルイベント

 うお!何気に約ひと月ぶりですね;。
この期間、いろいろバタバタしてたんで
何気に久しぶりの更新でした(;^^)。



 ポップン18のネット対戦モードに、新たなイベントが
先週より登場!


 ネット対戦でマッチングした人たちと共に、
ボスキャラを相手にポップンで戦う、という内容の
”ボスバトル”というものです。

 ボスバトル出現には一定の条件があるようで、
それがイマイチよく分からないのですが;、
いざボスバトルに突入すると燃えますねぇー!


 襲い来るボスキャラのクセのある曲に、
激しいオジャマ攻撃。

 それに3人で立ち向かい、傷ついたメンバーがいたら
”天使ポップくん”で回復援護。
 ”昨日の敵は今日の友”。力を合わせて立ち向かう
その先にあるのは勝利か敗北か・・・?!

 対戦相手がいるネット対戦ならではの
熱く楽しいイベントだと思います(^-^)。
 普段”コンマイコンマイ”言ってるけどw、
ここでは”コナミさまGJ”と言ってやりたいです。


 初回になる今回のシリーズは、覆面キャラがボスキャラ担当。

 おとこマン、ジズ、シノビアンコ、ヴィルヘルム、クラフト?
の5キャラが立ちはだかります。
 出た順番に書きましたが、なんとか全員討伐成功しました(^^)。
特にヴィルヘルムとクラフト?には会うのも大変でしたし、
倒すのも大変でした(;^^)。とりあえずホッとしてます。 


 俺自身、ポップンをするのはほとんどネット対戦なので、
ネット対戦がこのイベントで盛り上がってくれたらええなぁ、
と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »