« 第81回選抜、組み合わせ決まる! | トップページ | 写真とりにいくよ的イベントのまとめみたいなものですか? »

81回選抜高校野球大会の感想

 今年の春の選抜高校野球も、1日の雨天中止をはさんで、
先日、終了しました。



 決勝戦は、清峰(せいほう・長崎)と花巻東(岩手)の、
いずれも初優勝を狙う対決だったのですが、
清峰の今村投手、花巻東の菊池投手という、
今大会を代表する投手の対決でもありました。
 ポーカーフェイスの今村投手に、
感情はどんどん出していく菊池投手という、
好対称な人柄の対決、という視点からも
面白かったです(^-^)。

 個人的に、今大会の好感度No1投手は
菊池投手です。
 テンポ良い投球、三振をとる度にするガッツポーズ、
どれも見ていて気持ち良かったです( ´∀`)。



 大方の予想通り、両投手の投げ合いを中心に展開され、
バックも良く守り、攻撃側はなかなかもう一歩攻めきれません。
 そんな中、7回に、清峰の橋本選手のにタイムリーヒットで
均衡が破れ、それが唯一の得点となりました。



 花巻東も、8,9回を中心に、少ないながらもチャンスが
ありましたが、要所を締められたり、こまかいミスも出たり、と、
あと一歩攻めきれませんでした。




 清峰は、前回出場の時は初出場準優勝、という、
今回の花巻東の立場でしたが(花巻東が初出場、と
いうのも意外な感じですが;)得点は0-21というものでした。



 それを見ていただけに、今回の優勝は、
本当によかったなぁ、と思いました( ´∀`)。



 花巻東にも、東北地方の初優勝、という、長年の悲願が
あったので、もう、両方共に勝ってほしかったし、負けてほしく
なかった顔合わせでしたね(;^^)。



 清峰、優勝おめでとう!花巻東、準優勝おめでとう!




 今年は投手が豊作な年なようなので、
夏も楽しみです( ´∀`)。



 今大会は、正直、注目度が薄めのチームが
予想を裏切る大活躍をした、ということも、
嬉しい誤算となり、より面白く見ることができました。
 国士舘、早稲田実業の東京勢、
そして、我が地元・兵庫の報徳あたりが
前予想から考えて、特によく頑張ったなーと思ったところでした。


 逆にいえば、強いところが早々と姿を消すことになったことは、
ちょっと残念でしたね(;^^)。





 チーム個々で印象に残ったのは、
清峰、花巻東、利府(りふ・宮城)、報徳、福知山成美(京都)、
南陽工業(山口)、開星(島根)、彦根東(滋賀)、習志野(千葉)
・・・といったあたりでした。



 特に、21世紀枠でベスト4入りを果たした利府の
浮き足立たず、自分たちの力を存分に発揮しての
勝ち上がりは本当、お見事でした!


 ですが、それだけに、とても残念なこともありました(´・ω・`)。
レギュラーの選手が、公開しているブログに、
対戦相手校の選手たちをバカにすることを
書いていたことが発覚しました。
 利府は大会前から楽しみにしていたチームの一つで、
チームとしては、その楽しみどおりの活躍をしてくれましたが、
こういったバカげたことをする選手がしかもレギュラーで
いたことに、思いっきり興ざめしてしまいましたorz。



 早稲田実業戦の勝利監督インタビューの
小原監督のインタビューを聞いてたら、
心底不憫に思いました(´・ω・`)。
 強豪に勝ってベスト4に上がって、嬉しくてうれしくて
仕方が無いはずのインタビューが、
倫理観のないダボ選手のやったことで、
台無しになったんですから・・・。

 そして、部長先生も引責辞任することに・・・。
このダボ選手ひとりのために、
学校のイメージや、関係者の方々にも
多大な迷惑がかかりました。

 どうか、彼には、夏までに、野球の技術だけでなく、
対戦校の選手を尊重できるような
人柄に成長してほしいと思います。





 あと、見た見てない限らず、
試合で印象に残ったのは
報徳ー中京大中京(愛知)のシーソーゲーム、
PL学園(大阪)-南陽工業のPLの中野投手が
9回までノーヒットに抑えながら、10回の南陽工業の
一気呵成で敗退した試合、国士舘ー福知山成美の延長15回、
福知山成美ー清峰の長岡投手vs今村投手の投げ合い、
倉敷工業(岡山)ー金光大阪(こんこうおおさか・大阪)の
壮絶な延長戦、興南(沖縄)ー富山商業(富山)の、
興南、島袋投手が19奪三振をとりながらの敗退、
開星ー慶応で開星が横綱慶応をうっちゃった試合、
習志野ー彦根東、利府の好試合・・・と
いったところです。

 応援の最優秀賞に輝いた彦根東。
真っ赤っ赤なアルプスは、なかなかに目をひきましたよ。
生で見たら、もっと強烈かも。
 ひこにゃんひゅーひゅー♪

 応援といえば、明豊の応援で、ポケモンプレイヤーなら
すっかりおなじみのポケモンセンターの曲が使われていた、
ということを挙げておかねばなりますまい。
 はじめて聞いたときは”あれっ?どっかで聞いた曲・・・”
とか思いましたが、それだけ耳になじんでいて
違和感がなかったですw。
 気づいてびっくりもしましたが、嬉しかったですねー。




 そして、我が地元の報徳は、本当、良く頑張ってくれたな、と
思います(^-^)。
 西郷キャプテンを中心に全員野球で一つ一つ、
しっかりと戦い、ベスト4まで勝ち上がりました。
 8連続安打や、最多塁打の記録を残した
平本選手も印象強いです。 
 まぁ、選抜が終わると、”夏はこれを相手にせなあかん”
・・・と思うのは、県勢が活躍した年恒例になっていますw。


 今大会も楽しみました( ´∀`)。
また夏を楽しみにしたいとおもいます。

|

« 第81回選抜、組み合わせ決まる! | トップページ | 写真とりにいくよ的イベントのまとめみたいなものですか? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/28965829

この記事へのトラックバック一覧です: 81回選抜高校野球大会の感想:

» 清峰 [日本のせいkがあざ]
公立高校で野球に力をいれている学校教えて下さい!・清峰・福井商・本荘・徳島商.... 公立高校で野球に力をいれている学校教えて下さい!・清峰・福井商・本荘・徳島商・鳴門工・今治西・県立岐阜商・宇部商・鹿児島工・熊本工・岩国(続きを読む) 81回選抜高校野球大会の感想 決勝戦は、清峰(せいほう・長崎)と花巻東(岩手)の、 いずれも初優勝を狙う対決だったのですが、 清峰の今村投手、花巻東の菊池投手という、 今大会を代表する投手の対決でもありました。 ポーカーフェイスの今村投手に、 ...(続きを読... [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 10時26分

« 第81回選抜、組み合わせ決まる! | トップページ | 写真とりにいくよ的イベントのまとめみたいなものですか? »