« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

第81回選抜、組み合わせ決まる!




 昨日、今年の春の選抜の組み合わせが決定しました。
練習試合も解禁となり、いよいよ熱気を帯びてきましたね(`・ω・´)。


 今回は、それに沿いまして、各ブロックに分けて、
個人的展望などを書いてみたいと思います。



 1ブロック



 地味に実力校が集まったブロック。
実力的には金光大阪と倉敷工業の勝者が引っ張る気が
しますが、特に金光大阪は甲子園で縮こまる傾向があるのが
心配でしょうか。
 その点では中京、神村学園と甲子園の勝利の味を知っている
チームも見逃せません。



 2ブロック



 
好投手を中心にいいチームの光星学院と例年いいチームを作ってくる
今治西はなかなかの好ゲームになりそう。これを勝った方がベスト8にも
一番近いかも知れません。
 報徳は関東ベスト4の高崎商業と。
エースと関東大会で力が伸びた2人の好投手を軸に
粘り強さがある分、やや高商リードと
見ますが、意地をみせることができるか?


 3ブロック

 各地区優勝校が名を連ねるブロック。



 そんな中でも、総合力でレベルが高い清峰と
福知山成美がリードしそう。
この両校が2回戦で当たるとなると、
今村投手と長岡投手の対決が楽しみな好カードになりそうです。
 とはいえ、日本文理も国士舘もバランスの良い好チームだと
思います。



 4ブロック



 
慶応高校がややリードでしょうか。
初戦で当たる開星も力はあるチーム。
 箕島と大分上野丘はしっかりとした試合が見られそう。

 仮に箕島ー慶応、ということになれば、高校野球ファンとしては
盛り上がるカードになることでしょう(^-^)。
試合自体も好試合になると思います。




 5ブロック


 なんといっても、PL-西条の好カードが注目でしょう!
西条の秋山選手、PLの勧野選手など注目選手も必見ですね。
 南陽工業と前橋商業も中堅実力校同士の好勝負になりそう。



 6ブロック



 
北の実力校が早くも激突してしまう、鵡川ー花巻東という
組み合わせは初戦にはもったいないですが、
好カードとして楽しみにしたい試合。
 西藤投手vs菊池投手も見どころですが、
打線の方も、秋の大会の時点では鵡川の方に迫力を感じながらも、
双方ともに楽しみにしたいところです。

 明豊、下妻第二も持ち味を出せればよい感じになれるかも。



 7ブロック



 若い力で手堅く勝ち上がった興南の評判が高いですね。
九州の準決勝で逆転負けは喫したものの、負けにくい、という
印象がある好チーム。沖縄勢は調子に乗ったら止まらない、という
特徴もありますしね。
 富山商業も甲子園ではヘタな試合はしないので、
この試合も楽しみなカードになることでしょう。


 天理ー早稲田実業は、今回は天理リードと見ざるを得ないかな、
と思います。それだけ天理は強いと思います。



 8ブロック


 2回戦で習志野ー利府、ということになりそうな予感がします。 
このところの甲子園で、なかなかに強い千葉県勢で、
関東大会も手堅く勝ち進んだ習志野、21世紀枠ながら
秋の宮城県を制し、東北大会もベスト4まで進んだ利府、
共に力がある好チームだと思います。


 とはいえ、相手もそれそれ彦根東に掛川西と、
近年、良い勢いを持っている県のチームで、
手堅い感じのチームなので、油断はできません。




 注目されている”早慶戦”については、
決勝まで上がらないといけないようになってしまったのが
まずはキツいところ。
 今年のチーム事情を考えても、慶応はともかくとして、
早稲田実業にとっては初戦から”天理”という高い壁が
立ってしまったあたり、厳しいことになることでしょう。





 以上、こんな感じの展望になりましたが、
良い意味で裏切られるようなおもしろい大会になってほしい
ものですね( ´∀`)。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおきなおともだちはもうすこしおとなげをもちましょう




アニメ「フレッシュプリキュア」掲示板で“大人”が激論
一時閉鎖の事態に (ITメディア)


 より全文引用。


 女児向けアニメの掲示板で、“大きなお友達”同士が激論――

 東映アニメーションは、アニメ「フレッシュプリキュア」
公式サイトの掲示板を一時閉鎖した。
「誰もが利用できる掲示板から外れていた」ためという。

 フレッシュプリキュアは、幼稚園・小学校に通う女児を
ターゲットにしたテレビアニメで、
中学生の女の子が「プリキュア」という戦士に変身し、
悪に立ち向かうというストーリー。
女児向けアニメを好む大人の男性にも人気だ。

 掲示板には、「たくさんかきこんでね!」とひらがなで書かれ、
漢字にルビが振ってあるなど、女児向けを意識して
作られているようだが、書き込んでいたのは多くが
大人の男性ファンとみられる。

 感想や応援メッセージのほか、
作品に批判的な内容を長文でつづったものや、
「こんなシーンがあればイイナ!」と題して見てみたいシーンを
詳細に書き込み、一部のユーザーだけで
盛り上がっているケースもあり、
ユーザー間で「不適切な書き込み」と批判が出ていた。

 運営側は一部の書き込みを削除していたようだが、
削除基準についての議論もヒートアップしていた。

 同社は「一般ユーザー様の誰もが利用できる掲示板から外れ、
『他の利用者に不快感を与える行為の禁止』に抵触する
内容も見受けられる」とし、掲示板を一時閉鎖。
再開予定は今のところないという。

 以上、全文終わり。



 大きなお友達はもうちょい大人げを持ってほしいと思います。

 2chでも激論できるでしょうにw。

 公式HPの掲示板は、メインターゲットの子供たちに使わせて
あげたいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都漫画ミュージアムに行ってきました。


 先日、京都漫画ミュージアムに行ってきました。

 かつて、このあたりの大きな歴史のある龍池(たついけ)
小学校があったですが、統廃合によって、閉校。
その校舎、グラウンドを利用して、漫画文化を伝えるための
施設になりました。
 神戸で言うところの、”北野工房のまち”みたいな
感じですね。


 受付には、イベントもあったからかも知れませんが、
D-グレイマンの新団服のアレン君と神田とラビのコスの
方々がスタッフとしていたのが”ああ、らしいなぁ”と
思いました(^-^)。


 イベントの方が用済みになってから、本格的に館内をうろうろ
し始めました。
 まず、”見る”方としては、現在、100人の漫画家さんによる
舞妓さんのイラストが飾られていて、それぞれに個性豊かな
舞妓さんがいてたのが面白かったです。
 そして、実演コーナーみたいなスペースがあって、
作品制作の作業をしているところを見ることができたのですが、
始め見たときは、色鉛筆で色塗りをやってはったので、
ほぉほぉ、って感じで軽く見ていたのですが、
あらかた回って、また見てみると、ペン入れ作業を
やってはったので、食い入るように見ていましたw。

 ペン入れは基本以外は熟練度がものをいう作業ですが、
それでもやっぱ、他の人の作業方法を見る、というのは、
とても勉強になるし、モチベにもなりますね!
 そして、見る機会も限られてくるので、とても貴重です。


 また、このミュージアムでは、中でのイベントも
なかなか充実していて、今回は、紙芝居を見て、
司書体験ツアーに参加してみました。


 まず、紙芝居ですが、関西から、時には世界を
またにかけて、紙芝居を伝え続けている方が
熱のこもった紙芝居を披露してくれました。
 声のパワーは、見てたお子さんがびっくりして
泣いて逃げるほど(;^^)。
 パワーだけでなく、緩急、面白みのある語り方と、
とてもおもしろく、紙芝居を見ることができました。
 また、今、必要以上に収縮されようとしている、
違う世代でのふれあいが、しっかりと行われているあたりも
とてもええことやな、と思いました。

 あと、お話では、今回は”なんでサンタさんがプレゼントを
届けに来なくなったか”が主題の、オチのない話でしたが、
機会があれば、オチのある、スタンダードなお話も
見てみたいかな、と思いました。



 それと司書体験ツアーですが、こちらは、
普段入ることができない区域に入って、蔵書について
説明してもらったり、その蔵書の並びを見せてもらってから、
(決して触ってはいけないので、手に取りたくなる
衝動を抑えるのも結構大変でした;)
ブックカバーを取り付ける作業の体験をしました。
 いやー、瞬間接着剤のこわいことこわいことww。
カバーの継ぎ目を止めるのに瞬間接着剤を使うのですが、
ちょっとたらしただけで、ぶわっと広がるあたり、
むっちゃ怖かったです;。
 緊張しましたが、変わった体験ができて、
楽しかったですね(^-^)。
 ツアーのメモと、記念しおりを貰って、締めとなりました。



 そして、やっぱ”読む”。
 少しだけですが、海外版も置いてあったので、
ソウルイーターで、まだ読んでなかった巻を
読んでみたりしましたが、絵のニュアンスなどで、
あらかた分かりますねw。
 書き文字は日本語原版そのままの部分と、
あとで追加された外国版が混ざってるように
なっている作品もあり、そういったところも
外国版の見どころでしょう。

 品揃え、としては、”読めますよ”と表に出ている
範囲では、それなり、といった感じ。
”教科書的”なメジャーどころの品揃えになっています。
 漫画基礎セットをまったり読もう、と思ったら、
かなりいいところだと思いますよ(^-^)。
 ただ、少し入った作品を求めるようであれば、
お近くのマンガ喫茶を覗いた方が良いかも知れません;。


 星矢の個人的屈指の名場面である、
氷河VSカミュが載ってる巻を読み終わった段で、
もうそろそろ閉めまっせ、という放送があったので、
今回はお開きとしました。



 前の記事でも書きましたが、次回は、イベントのない日を
見計らって行って、外でゆっくり読めたらええなぁ、と
思いました(^-^)。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こないだのイベント@09.3.1


今さらになりますが;、せっかくなんでイベントレポを。



 3月最初の日曜日に、京都の漫画ミュージアムでの
コスイベに、カメコしにいってきました。

 ここは、カメコとして、そして純粋に施設を目的に、
どっちにしても行ってみたかった所でした。
 今回の感想は、コスイベとして、と、施設見学として、で、
全く違うので、それぞれの感想に分けるつもりで書いています。


 当日は、よく晴れてくれました。
烏丸御池の大きな交差点を北に行くと、もうすぐに分かる
所でした。うーん、なかなか目立ちますねー。
 
 

 中に入って、まず、どこで受付をすればええのやら
迷って;、近くで撮っていらしたカメラマンの方に聞いたら、
イベントの名前の紙を張ってるところでよかったみたいで、
(女性ばかりしか出入りがなかったので、更衣室かと思って
深入りできなかったところ;)受付してから、
いよいよ、一眼コスイベデビューの準備をしてw、
芝生グラウンドに出ました。


 結果として、東方の幽々子&妖夢コンビの方々と、
マクロスFのアルトの方と、らき☆すたのハルヒコスのこなたと
みゆきさんのコンビの方々を撮らせて貰いました。

 皆さん、良い感じでしたが、アルトは男の人で、男性アルトは
撮ったのは初めてだったので、その辺もよかったです。

 また、写真の出来も、とりあえず、こんなもんかな、という
感じで、まぁ、屋外ということもありますが、つかみはOKかな、
なんて思いました(^^)。


 他には、マクロスFキャラにヴォーカロイドシリーズのキャラ、
撮らせてもらった以外にもらき☆すたシリーズのキャラクター、
あとは、テニプリの方が多かったですね。
テイルズアビスのティアとナタリアの方々も注目しました。




 そして、イベント全体の雑感としては、
ここのイベントは、一人参加は避けた方が良い、ということ。
 カメラマン同伴や、多人数で集まって、というグループ参加の
方がほとんどだったので、その入りづらさが、
今回、お願いできたのが三組の方々、ということになりました。


 今度行くときは、コスイベが無い時をねらって、
純粋に施設目的で行きたいなぁ、と思いました。
芝生に寝転がってマンガよみてぇw。



 
 以上、コスイベとしてのレポは、こんなもんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマお題”アニメキャラクターで一番好きな声は?”

コネタマ参加中: アニメキャラクターで一番好きな声は?



 
 アニメのキャラクターで一番好きな声っすかぁ・・・。

 一般的にいえば、”のだめカンタービレ”の、のだめになるので
しょうかね・・・?

 他は、もうディープになってしまいますが、

 ”まほろまてぃっく”のまほろさん
 ”げんしけん”の大野さん
 ”おくさまは女子高生”の麻美
 ”シスタープリンセス”の千影
 ”天使のしっぽ”のカメのアユミ
 ”Kanon”の美坂香里
 


 そして、


 ”To Heart”の神岸あかり!



 ・・・とくりゃあ、有識者様方は余裕になることでしょうw。

 そう、


川澄綾子氏


、ということになりますw。



 好きな声優さんは、山ほどいます。
大好きな声優さんは丘ほどいます(丘?)。

 そんな中でも、この人の声には、参ってしまいますね(;^^)。
ということで、”最強”を挙げるとすれば、この方になります。



 あと、最近のブームの声優さんとしては、

 ”コードギアス”のディードハルト
 ”テイルズ・オブ・ジ・アビス”のヴァン

 そして、 ”ケロロ軍曹”のギロロなどで活躍されている
中田譲治氏を挙げたいです。
 もう最近ギロロが好きで、そのまま、この渋い声に
ハマった次第であります。ギロロが特にそうなのですが、
渋い中にも、優しさを持った、まさに”漢”の声だと思っています。


 
 ・・・あとを挙げていったら、もう、キリが無くなると思うので、
一番輝いている人と、一番ブームな人を挙げて、
俺のターン終了といたします。






 あ、前にケロロ軍曹の前売り券についてのお話をしましたが、
あれから、無事に購入できて、ケロっとヨーヨーまで頂戴できましたw。
風邪が一段落したら、見に行きたいです(^-^)。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

コネタマお題”「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?”

コネタマ参加中: 「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?




 まぁ、”仰げば尊し”は一般ではガチかと思うのですが、
自分の卒業シーンでは、一度も歌ったことがありません;。
いい歌なんですけどねー。


 では、俺らが歌ったのはどんな歌?
今回、一押しとして紹介するのはそれらの2曲の歌と、
もう一曲の3曲になります。




 まず、印象がいまだに強烈なのが、中学卒業の時に
合唱した、

 ”巣立ちの歌” 


 という歌です。このフレーズも詩も、
今だに結構よく、ふっと出てきます(^^)。
 特にフレーズが泣かせてくれます・・・。




 あと、”思い出”としては、もっと強烈だったのが
高校の時の卒業式の締めの校歌斉唱。
 前のコネタマでも書いたように、うちの母校は、
俺の世代は、結構野球が強く、校歌を歌う機会が
比較的あったこともあってか、運動部の部員が中心には
なりますが、みんな、校歌には、わりと愛着があったみたいで、
しかも、高校生活の締め、というテンションもあってか、
中学まででは絶対にありえない程、
活き活きとした校歌斉唱になりました。
ちょっとびっくりしつつも、俺もノリよく歌ったのを
よく覚えています(^-^)。


 あー、あの頃に帰りてぇw。



 
 そして、これは高校卒業の1年前。
2年から3年に進級しよう、というときの
”球春センバツ甲子園”という、春の選抜のダイジェスト番組で
(ちょうど母校もこの選抜に補欠校から繰り上げ出場し、
優勝候補最右翼の広島広陵に勝ってベスト8入りしたという、
忘れがたい大会でした)
その年の行進曲になった、槇原敬之氏の”どんなときも”と
一緒に、ED曲として使われた、


”三月の雪”  (リンク先はyoutubeです)


という曲も、自分的卒業ソングとしては欠かせない名曲になっています。



 ”あたりまえだけど 変わらないから。”

 ”またあの日々が 始まる気がした。”





 ってところが切なさ炸裂でしたねw。

 聴いた後のしんみり感も好きです(^^)。






 何はともあれ、これらは、自分の中ではガチやな、と
思っています♪







| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマお題”野球とサッカー、どちらが好き?”

コネタマ参加中: 野球とサッカー、どちらが好き?





 昨日書いた際に記事編集画面に、妙に気になるフレーズが
あったので、なんぞや、と思ってクリックしたら、
ココログの”コネタマ”という企画でした。

 まぁ、”トラックバック☆野郎”のノリなお題企画ですね。
正直、トラックバック野郎兄貴の方がおもしろいけど。
・・・と、さりげに復活希望をアピってみたり。


 さて、そんな”コネタマ”お題の初参加は、

”野球とサッカー、どちらが好き?”

というお題になりました。
 あと2つあるけど、日にち順で。


 自分は、断然、”野球”派です!

 見てても、やってても、どう考えても野球派です。


 阪神タイガース、オリックスバッファローズの存在、
母校の高校の野球部が強かった時期に母校の生徒でいられた事、
全国大会がある甲子園球場も近い。
そのおかげで、試合観戦にどハマりできた、という要因も、
全て野球に縁があったと思っています。
 

 単純に試合の分かりやすさ、点の入り方などの
展開の早さ、見ていてどちらのスポーツをまねしたくなるか・・・
ということだけでも、野球の方が好きです。



 サッカーも、つまらない、ってことはなく、
広いグラウンドで数少ないチャンスを
活かして得点すべく、ゴールを狙うさまは、
なかなか熱いものがありますけどね。



 

 というわけで、野球とサッカーでは、野球リード。

 では、その野球内で、”プロ野球と高校野球、どちらが好き?”
というお題を作られたなら、こちらも迷うことなく

”高校野球”

と答えることでしょう!



 後が無い青春をかけたプレイ・・・。
その精一杯のプレイは、どのスポーツよりも
かっこよく、面白いと思っています。

 その高校野球で、1年に4つ(明治神宮、春夏の甲子園、国体)
ある内の1つ目(単純に時期換算で)の全国大会である、
春の選抜高校野球大会だって、気がつけば、
15日抽選を経てもう来週末なんです。
いやー、早いもんです。

 そして、楽しみです(^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”ウメスの同人!”

 あああ、なんか久々になりましたorz。

 ほんまやったら、先週中に書きときたかったネタも
あったんですけどねぇ;。
 現在も継続中の風邪による、空前の体調絶不調で
必要最低限のことプラスDSポケモンでの単純作業以外は
ほとんど何もできず終いの有様で・・・。
 家でのネットも、やっとこさ3日ほど前から、
ちょっとずつ覗くぐらいができたぐらいです。


 今も、せきに叩き起こされて、イライラしつつ、
それを紛らす為に書いてます。
 まぁええわ。これかて良いきっかけ。


 先週の土曜日、各地の同人誌ショップ”とらのあな”(以下”とら”)
や、一部の通販などを中心に、”ひだまりスケッチ”の作者の
蒼樹うめ氏の冬コミ新刊が発売される、という情報を得まして、
せっかく間に合うのなら・・・と思い、当日、三宮のとらに
その本を買いに行きました。
 
 本当、しんどくて、余裕なくて、フラフラでしたが、
なんとか残っててくれてうれしかったですねぇ(><)。
一人一部限定にしといてくれたのが有難かったですm(__)m。


 んで、帰りもアホみたいにしんどかったですが、
合言葉を


”ウメスのどうじん!”


にして、なんとか帰ってきました。

 いや、CLANNADの渚あたりが辛いときに”あんパンっ(><)!”
って言う時のラブリーさなんて、微塵もありませんけどね。

 とりあえず、帰って、無事にゲットできたうめ氏の同人誌を
開帳することだけを考えてました。


 で、無事に帰って、落ち着いてから、
無事に読むことができました。



Cocolog090309
 あ、ヒロさんよむの?






 内容はファン活動としてのラフイラストと、
オリジナルの百合マンガ。
 イラストでは、うめ氏のマクロスFのシェリルが拝めたのが
なんか良かったですw。思い浮かばない分、ランカよりよかった。
実際素敵でしたし(^^)。
 同じページのギアスの天子様は予想通りすぎて、そのまんま
かいらしかったですけどねw。隣ページのインデックスとナツミも
言わずもがな、でした。


 オリジナルの百合マンガも、むっちゃよかったです。
しんどい目して、とらに行った甲斐がありました(^^)。



 昨日の夜は、うめキャラばっかに囲まれた夢でしたw。
んでうめてんてーが”ばぁ”ってしたとこで目が覚めました。


 ”ウメスの同人!”

 なんか”ゲームの達人”みたいなキャッチフレーズですが、
結構強烈な”魔法の合言葉”な一日でしたw。
ああ、結果的に意味は”やればできる”になりましたか。
(この辺、元ネタは愛媛の済美高校の校歌です)



 では。じょわっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »