« 検索ワードよりちょいと@2007.11.1(げんしけんネタ) | トップページ | 第五回今週のげんしけん第二期どうやったよ会議 »

第四回今週のげんしけん第二期どうやったよ会議

えー第四回ー
”今週のげんしけん第二期どうやったよ”
会議ー

 先週のげんしけんも2回見ました。
げんしけんのあとに”もっけ”みようと思ってたのですが、
なんか見る気分がしなくて(苦笑)。

 第四話は、原作者の木尾士目氏が自ら脚本を
書いていらっしゃいます。

 大野さんと田中君のエピソードやったのですが、
深夜とはいえ、濃厚なキスシーンは、うっわー、ってな
感じで見てました。
 大野さんからキスをしかけられ、開眼した田中君の演出は、
ばりばり良かったです(^^)。

 さて、話の最初からに戻りますが、
原作とはキャラの立場が代わってましたね。
斑目君は、のけものでは無かったし、
原作では、田中君と大野さんに、高坂君がさっぱりと
”つきあってるんですか(^^)?”と聞くところを、
朽木君(以下、クッチー)が汚れ役っぽく聞いてて、
大野さんのパンチで一発昇天してましたし(笑)。

 しっかしクッチー、声優の石田彰さんは、
ほんま楽しそうに演ってるなぁ、と感じます(^^)。

 クッチーといえば、今度はオチに飛びますが、
キューティトンコのコスやってくるシーンも
良かったです。あんだけトばせるのも、
クッチーならではですね(笑)。
 また、大野さんに対するおわびの気持ちをこめての
コス、というあたりも、クッチーの良心が
垣間見えてよかったです。
 しっかし、衣装の調達はどうしたんでしょう・・・。
業者売り?
 ・・・まさか、クッチー作った(;゚Д゚)?!
行動力は人二倍はあるから、可能性は
皆無とは言えないw。

 あと、大野さんはエロゲーをやったことがないことに
なっています。原作ではやったことがあるフシが
あるように書かれてますが。
 まぁ、今回、どっちにしろ、エロゲーを見るんで、
その辺のお話には代わりないでしょうね。

 久我山君(以下、クガピー)に相談しつつ悶えるシーンの
田中君、なんかすげーいいなぁw。
手をワキワキさせる仕草も含めて(笑)。

 このシーンでは、改めて、クガピーは、周りに比べて
やっぱしっかりしてるなぁ、と思います。
きついけど、今の田中君には、ズバリと言うのが
良いと思ったし。

 あと、何気に衝撃だった、クガピーの
”俺なんて多分、い、一生、ど、ど、ど、
童貞なんだからな”という感じのセリフ・・・。
・・・なんだか、とてもリアリティがありました。

 さて、キスシーンにつながる一連のシーンですが、
うーん、例え良く知ってる間柄でも、女性の前で
エロゲーのエロシーンはできませんわねw。
しかも、それが好きな女性で、その好きな女性に
似ているキャラのエロシーンともなれば、
なおさらですわw。一種の拷問やぁ。

 そして、見せ場。
俺としては、キスシーンおよびエッチシーンは、
もうすでに原作で付き合ってるのを知っているので
そう大きくはないのですが、不器用な田中君の
いっぱいいっぱいの告白シーンが、最大の見せ場に
値するシーンでした。関智一さんの演技も、
すげぇ気持ち入ってたし。
 この場面の初々しい田中君に、素直に萌えました(^^)。

 そしてキスシーンとエッチシーン。
キスの後の大野さんの”あのあの・・・”と、喘ぎ声は、
川澄さんイチオシの俺としては至高でした(* ´∀`)。
(それと同時に、川澄さんが演じる、しずるが出る”もっけ”を
見る気が、ちょっと起こらなくなりましたが;)

 さて、次回は、ズバリ題名通り”マダラメ総受け”!

 笹原君と斑目君の”801”な世界が
ついにアニメ化です(笑)。
すげぇみたかったw! 

 上記のように、荻上さんの妄想ワープが中心
になると思いますが、お忍びコミフェス等、
どこまで描く事ができるか、というのも気になる点です。

 以上、第四回”げんしけん第二期どうやったよ会議”
でした(^^)。

|

« 検索ワードよりちょいと@2007.11.1(げんしけんネタ) | トップページ | 第五回今週のげんしけん第二期どうやったよ会議 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/27339271

この記事へのトラックバック一覧です: 第四回今週のげんしけん第二期どうやったよ会議:

« 検索ワードよりちょいと@2007.11.1(げんしけんネタ) | トップページ | 第五回今週のげんしけん第二期どうやったよ会議 »