« 先日のイベント@08.10.05 | トップページ | 先日のイベント@08.10.19 »

2008年の秋季高校野球近畿大会のご勝手展望

 そろそろ高校野球関係の検索ワードが目立ってきている
ようなので、今年は、近畿大会の個人的展望などを
書いてみようかな、と思います。

 今年はもう明日から。基本は土日開催。
主催地区は京都(西京極)ですね。

 1つ目の山は、

報徳(兵庫1)ー県和商(和歌山2)とPL(大阪1)ー塔南(京都3)。

 県大会での報徳の戦いっぷりと、PLの決勝戦の大勝っぷりから、
この両校が、ややリードとみます。

 もちろん、県和商はここ数年近畿大会の常連で、手がたいチームで
来てますし、塔南の健闘も期待したいところです。

 この両校が勝ち上がったとしたら、なかなかの好カードになるのでは
ないでしょうか。

 ただ、PLは監督交代の余波が気になるところ。

 2つ目の山は、

東洋大姫路(兵庫3)ー彦根東(滋賀2)、
福知山成美(せいび・京都1)ー桜井(奈良2)。

 夏の甲子園出場経験メンバーが割と多く残り、秋の京都も手堅く
制した成美が一歩リードでしょうか。

 東洋は太田投手が我慢強い投球をし、
伝統のしっかりとした守備を発揮できれば、
近畿上位進出も狙えそう。

 近畿常連の彦根東は、ここ一歩を破ることができるか?!
桜井高校の健闘にも注目。

 3つ目の山は、

滝川第二(兵庫2)ー大阪桐蔭(大阪3)、
智弁和歌山(和歌山1)ー金光(こんこう)大阪(大阪2)。

 うーん、これはどうでしょう・・・。
実力校がそろっていますが、智弁が中心になるのは確かかと。

 智弁は高嶋監督、という全国的にも存在感が大きな監督さんが
監督を退いたことが結構響くかもしれない、と思います。
それをバネにチームがまとまることができるか、がポイント。
前チームから活躍した岡田投手を中心にレベルは高いと見ます。

 滝二は夏全国優勝の大阪桐蔭と。
 両方ともにスケールはさほどではなさそうですが、
勝ち上がりを見ると、地味に負けにくいチーム、
という感じがします。

 滝二は兵庫を勝つことで力尽きてなければいいけど・・・;。
決勝の記事を見た感じ、その辺が心配でしょうか。

 大阪桐蔭は準々決勝の浪速戦で延長13回に2点を先行
されながらも、その裏に3点を取って逆転サヨナラの
激戦を制している、という、崖っぷちをひっくり返したと
いう点で、勢いはあるかもしれません。

 金光大阪は近年、大阪の上位に安定して
食いこんできている実力派。
大阪決勝ではPLに大敗したけど、これが実力じゃないはず。

 4つ目の山は、

近江(おうみ・滋賀1)ー箕島(みのしま・和歌山3)、
天理(奈良1)ー立命館(京都2)。

 大舞台経験豊富な近江と天理が中心になると思いますが、
箕島、立命館の健闘にも注目したいです。

 とくに箕島復活を激しく希望(`・ω・´)!
H3の選抜以来の甲子園に、ぜひともでてきてほしいところ。

 あと、徳島でも池田が四国大会を決めてるので、
四国を勝ち上がって、池田にも来てほしいなぁ・・・。

(あ、H3選抜といえば、奈良高校、おしかったなぁ・・・。)

 以上、こんな感じで今秋の近畿大会を眺めてみたいと
思っています。

|

« 先日のイベント@08.10.05 | トップページ | 先日のイベント@08.10.19 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/27356572

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年の秋季高校野球近畿大会のご勝手展望:

« 先日のイベント@08.10.05 | トップページ | 先日のイベント@08.10.19 »