« パイやま | トップページ | 第88回高校野球選手権組み合わせみました。 »

高校野球の県大会感想@2006

(前のブログからの再掲記事です。)

 2006年の兵庫県大会も、先日、終了しました。

 東洋大姫路、甲子園おめでとう!

 
 決勝戦、とてもいい試合になりました。
東洋が3点先制すると、すかさず神港が同点に。
そして、神港が終盤に勝ち越し、神港が春夏連続か?!
という9回裏に、甲子園がちらついて硬くなったのか、
今までノーエラーのショートの浅井選手が手痛い
ミスをしてしまい、ランナーが出塁、そして逆転
サヨナラ勝ち、という、なんともいえない幕切れ。

 東洋にとっては、アン投手で春夏連続を狙った
時に、神港に決勝で惜敗した借りをきっちり返しての
甲子園になりますね。

 紙一重で春夏出場ならずだった神港も、
県大会は苦戦続きでしたが、やはり、いいチームで
ございました( ´∀`)。ほんま、お疲れさん。

 準決勝の方も、両方いい試合でした。
 東洋ー報徳は、県内の試合で、独特の雰囲気を
持つ試合として有名で、かつ、人気のカードですが、
今回もまた、いい試合になりました。報徳の方が
若干雑に見えたけど、春の優勝校らしく、よく
頑張りました。
 そして神港ー加古川東。
 加古東(自分は”かことん”と呼んでます)、
もうちょいで神港に勝てとったのになぁ・・・。
 でも、この前に国際に勝ってきた実力はフロック
ではなかったですし、本当、この県大会を一番
湧かせたチームと言っても過言ではない、
みごとな活躍でした!ナイス、かことん(・∀・)!

 
 今大会は、前に書いた加古川東を始め、
公立の健闘が特に目立ちました。
高砂勢、六甲アイランド、西宮今津、
県工、伊川谷、北須磨、尼北・・・
 特に一行目は、常日頃から自分の中では、
”中堅公立校”と位置付けているところばかり
ですが、試合内容は、たいしたものだと思います。
 自分、私学出身ですが、こういった公立勢が
私学勢を倒していく、もしくは好勝負をする、
というのは、見ていて嬉しく思います(^^)。

 ただ、北部勢の元気が無かったのが残念orz。
去年大活躍の豊岡総合が初戦で消えたのが
特に寂しかったりします。まぁ、和田山が
久しぶりに勝ったことは、とても嬉しかった
ですね(^ワ^)♪

 反面に、強い、と言われた学校が早々と
姿を消すのも、結構くっきりあらわれたなぁ、と
思いました。特に、いくら相手が東洋とはいえ、
市尼がコールド負けしたのにはびっくりでした。 
  
 母校に関しては、前に書いたのでパス。
葉坂新監督には期待し、藤村前監督には
おつかれさま、と言いたいですね。
 つーか、秋の大会でれるんかなぁ(;´Д`)。

 さ、これで抽選が迎えられるってな
もんです。

 
 東洋はどことあたるんでしょうか。
はてさて?!
 そして、東洋に限らず、好カードが
それなりにあることを期待します(^-^)。


|

« パイやま | トップページ | 第88回高校野球選手権組み合わせみました。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042618/27189228

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球の県大会感想@2006:

« パイやま | トップページ | 第88回高校野球選手権組み合わせみました。 »